松本剛「ロッタレイン3巻」抑えられない気持ち、周囲の反応、最終巻

ページ

 

松本剛「ロッタレイン3巻」抑えられない気持ち、周囲の反応、最終巻

2017年10月17日火曜日
Rottarainl3kanmatumototsuyoshi IMG 6094
小学館月刊IKKI、ヒバナと連載し連載が終わった松本剛さんのマンガ「ロッタレイン」の最終巻であるロッタレイン3巻が2017年10月に出ました。このマンガは、2017年9月から3ヶ月連続で発売したものです。

おそらく、ロッタレイン第1巻を読んでしまった人は、この2ヶ月、とても楽しみにしていただろう。ボクはロッタレインが連載している頃の月刊IKKIとヒバナを全て所持しているのでぶっちゃけタン王本を買わなくても良いんですが、他の人にもロッタレインを呼んで☆という思いから所持することに。貸すぜ。近くの人。

さて、このロッタレインについて。母親、恋人、仕事をいっきにうしなってしまった男性、玉井はじめ(「一」って書く)と母と離婚した父親の再婚相手との家族の出会いから始まる。

そこで出会った義理の妹、山口初穂(はつほ)との関わりの変化を見ていく感じのマンガ。当初「家に来ないで」といっていた初穂。徐々に変わっていく、はじめと初穂の気持ち、そして2巻ではとあるこうどうをしてしまい、3巻前半で「お互いの気持ち」を打ち明ける。

義妹・初穂(はつほ)への想いを自覚し苦しむ一(はじめ)と、躊躇せず一を気持ちをぶつける初穂。今までお互いみつけられなかった「居場所」となり、深まってゆくふたり。「高校を卒業するまで、待つ」―――未来への約束を交わすが、悪意に満ちた匿名の告発文が職場と学校に届き……?とめられないふたりと、それを許さない周囲。追いつめられた一と初穂が向かった先は……。静かに熱く紡がれる、かけがえのない〈ふたり〉の物語、堂々完結。

ロッタレインは全3巻

ロッタレイン3巻表紙は、助手席に座る初穂が表紙。これまでの表紙から見ると、どこか思い詰めているかのように見える。これはマンガ中の「雨の境目」のシーンだと思われる。

とりあえず、あらすじとして、初穂の同級生のクソやろうこと奥野が悪意をもってはじめの仕事場と初穂の学校に匿名で送りつける。内容は「こいつら不適切な関係だー」と写真付きで送る。その写真とは、奥野が初穂をほぼ襲っているところをはじめが助けて抱きしめたところを同級生の女子が映像で撮影していたもの。


それをあたかも「そういう関係がある」と見せるクソ奥野。


とりあえず、奥野は一生不幸になれ。そう思った。平たく言えば、ずーっと後悔して生きろ。胃に穴が空いても生きろ。ずーっと苦しんでから氏ね。

それぐらいむかつくは奥野。

そして、その告発文やなんやかんやで学校でのうわさ。曲がった事実が広まる。職場や町でもそういう感じになる。まじで奥野…。





からの、かけおち、二人東京へ。

というのが最終手前までの話。めっちゃはしょって書くとこういう感じ。とりあえず奥野は一生不幸になれ。

めっちゃ分厚い

Rottarainl3kanmatumototsuyoshi IMG 6098
やっぱなんかおかしいなって思っていたらそうなったか。3巻でおさまる量だっけ?って思っていたら、最終巻の3巻が異様に分厚い状態になった。

これはドルメンXの時もそうなってしまってたな。まぁ、いいさ。そういうのあんまり気にしないしね。

おい、父親

はじめの実父、なんやコイツ。どんだけ自己中やねん。いやいや、どないな立場でイスにふんぞるかえっていうてるんや。色々おまえが発端やろうが。

ってか、海外に住めるってもしかしてめっちゃ仕事できる人?でも人間関係グズグズ?なにそれ。

おい、奥野

お前さー。




いや、もう、まじでなんなん?最後なんか死ぬ描写とか入れて欲しかったわ。

やっぱ年齢なのか

お互いの気持ちが分かっている。でも年齢が…ってことなのか。周りは良くない反応。13歳と30歳。だめなんだろうね。

ボクは年齢とかあんまり考えずにロッタレイン見ちゃったけど、周りの反応って年齢で「いやだめだろう」って考えなんだろうな。

これさ、時が違えば、こう言う恋愛ってアリなんだろうな。今、現在、ダメってだけで、おそらく結構昔とかだったらこの年齢での恋愛は普通にあったんだろうな。

例えば、農民と貴族の恋愛物ってあるじゃん?身分が違うから引き裂かれるヤツ。あれもなんか気持ちが煮えたぎる思いで観るんだけど、「なんで分かってあげないんだよ」「お前ら邪魔するなよ」って思っちゃう。

現実問題、13歳と30歳ってのはやばいんだけど、うーんって思った。

逆に言えば、年齢さえなかったら誰も(奥野以外)邪魔しなかったんだろうな。

やっぱ最後の言葉は読者向けなのかな

はい。最終的には二人のハッピーエンドになります…が、その前にコンビニバイトの蛍子がはじめに対して論じたあの言葉達。ハッピーエンドを望んでいる人たちの心に引っかかるものだとおもいます。そして、実はあれが本当の現実なんだろうなと。

この言葉をここで書いちゃうとあんまり意味ないので書きませんが、あれは受け止めるべき現実。そして「初穂はそうじゃない」っていうのはいまのところ妄想に過ぎないのだ。

深読みしすぎかな?他の人の感想が知りたい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事