Raspberry Piやりたくて、Raspberry Pi3 Model Bを始めるキットを触り出す。

ページ

 

Raspberry Piやりたくて、Raspberry Pi3 Model Bを始めるキットを触り出す。

2017年11月18日土曜日
Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6837 Edit
こんにちはLinux、こんにちはラズパイ。

ボクはパイを食べたいと思った。だからRaspberry Piに手を出しました。

シングルコンピュータである Raspberry Pi(ラズベリーパイ)は、平たく言うと「めっちゃ簡単に使えるPC」です。自作PCの製作知識など全く要らず、電源ケーブルとmicroSDがあれば簡単に起動できちゃうワンボードパソコン…って感じ。

普通のパソコンだったらHDDつないでー、メモリ刺してー、電源サイしてー、CPUつけてー、ファンつけてー…がぶっちゃけ知識無いとちんぷんかんぷん。そういう心配が要らないのがラズベリーパイなのだ。

んで今回、Raspberry Pi3 Model Bのキットに手を出しました。Raspberry Pi3 Model Bは、Quad Core 1.2GHz Broadcom BCM2837 64bit CPU 1GB RAMでまぁ速い。WiFiやBluetoothも最初からあるので電源入れてそっこうWiFIに接続してインターネッツツツツっが出来ちゃうという、マジで簡単なヤツ。

Raspberry Piもだんだん進化している。前のバージョンだとちょっとめんどくさいなーって思っていたけど、ここまで来ていたらその垣根が取れて、サクサクと手を出せる状態になってるね。ということで、なんだろう、とりあえず、キットの紹介だけしておく。

Raspberry Piの前知識があって、所持している人にとってはまったく内容が無いかも知れないけど、その知識が無く、「なにそれー?おもしろそー(CVフレンズ)」って思って頂ければなと思った。

Raspberry Pi3 Model Bのキットで楽々ラズパイ



こちらが今回ご紹介するモノです。Raspberry Pi3 Model Bのキットっていろいろあるんだけど、例えば、ディスプレイがついたモノや、本体だけのモノ、タッチパネル機能のついたディスプレイの有るモノ…なんてRaspberry Piを単体として利用するキットを多く見かけた。

べつに、ディスプレイあるし…本体守ってくれる側があればいいなーって思ったのでレビュー数もある程度あるコイツを選択した。

こいつの特徴は以下の通り。

  • NOOBSがプリロード
  • SanDiskの32GB Class 10 マイクロ SDカードがついている
  • 5V 2.5Aの電源付き
  • 高品質のブラックケース
  • HDMIケーブル付き
  • 割と親切な説明書
まぁ、こんな感じかな。

Raspberry Piを始めるのに、まず最初に100%てこずらせるのが「OSの書き込み」なんじゃないかな?

いや、知識ある人にとっては、クリックしていくだけなのでまったく苦じゃないんだけど、そういう知識無い人は絶対に困っちゃう。でも、このキットは最初から「NOOBS」がmicroSDに入っていて、そこからOSを新たにいれてあげる。


Raspberry PiってmicroSDにOSを書き込めるんだよね。んで、マルチOSとかもなんやかんや作業すると出来るんだけど、このNOOBSは最初からマルチOS出来ちゃう。ソレが入ってるんだ。簡単でしょ?


No知識でRaspberry Pi出来る。それだけでGoodです。

キットを見ていく

Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6837
キットをとりあえず見ていこう。

まず、Raspberry Pi3 Model Bが入っている。USBポートが4つ、イーサネット、オーディオ、HDMIポート…と書くとめっちゃいっぱいあるけど色々と搭載されているヤツ。んで、ボクが必要だと感じたのは「WiFi」と「Bluetooth」なんだ。ケーブルごちゃごちゃいやだからね。なのでコイツかなと。

Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6839
この基板に対して行う作業としては、ヒートシンクを貼り付けてあげる必要がある。この写真で言うと、オレンジと奥にある青いゴツゴツした物体がヒートシンク。貼り付けると言っても、シール剥がして「ペタッ」って貼ってあげるだけ。ちなみに貼り付けないと暴走でブラックアウトします。

Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6840
もちろん、背面もね。

とりあえず、基板本体はヒートシンクを貼ってあげる。

側は黒色だよ

Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6845
んで、キットでよくある Raspberry Pi の外側の部分。ぶっちゃけ無くても良い部位なんだけど、これでガードしてあげる。コレを組み立てるのはLEGOを組み立てるよりも簡単ですわ。

Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6847


こうやって…。




Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6848


こうじゃ…!!

ってね。


この外側は確り廃熱対策もされていて、なにげにラズパイのあのロゴが彫られているのがいいね。それ自体も通気口として使えるってのが良い。ポート各種もちゃんとアクセスできるし、microSDも問題なく抜き差しできる。まぁ、悪いところはとくにない。

強いて言うなら、透明バージョンがあれば良かったなーって思った。

MicroSDついてくるよ



先にも書いたけど、SanDiskさんのmicroSDが最初からついてきます。このなかにNOOBSが入ってます。フォーマットとかしないようにね!!(しても入れたら良いだけだけど)

んで、32GBも割と太っ腹。これでちょっとだけお得に感じた。

電源がちゃんとしている

Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6849
Raspberry Pi3 Model Bになって既存のケーブルが使えなくなり、5V 2.5Aなケーブルが必須になった。このキットでは、最初からそのケーブルがついていて、さらにスイッチがついているのが嬉しい。いちいちケーブル抜かなくて良いからね。

つまり、このキットは、マジですぐにでも始められる。

ケーブル各種を繋いだら…

画面は撮影してないんだけど、HDMIを本体とディスプレイに、電源、マウスとキーボードを繋いだらRaspberry Pi3 Model Bの接続は完了。んで、最初からついているmicroSDを差し込んで、電源を入れてあげればもうRaspberry Piを体験できる。


起動するOSは先ほども書いたように、NOOBSがプリロードされる。

NOOBSがロードされた後は、NOOBS内でどのOSを入れるか選択できる。実はこの時点では、「Raspbian」などのOSしかインストールできません。ただ、インストール画面の状態で、WiFiに接続してあげれば、インストール出来るOSが選択可能。

ここで複数のOSを入れておけば、マルチOSの環境が出来ちゃうのだ。

ぶっちゃけRaspbianだけでもいいんだけど、色々楽しみたいのなら、まずはNoobsをオンラインにしてあげて、複数のOSをインストールすると良いかもね。

Raspberry PiをメディアプレイヤーにしちゃうOSMCや、レトロゲームを楽しめるRaspberry Piをゲームコンソール化するRecalboxなんかもNOOBSからインストール可能。ココに表示されないOSは改めて別の作業が入りますので、そこら辺は知識があります。



ってことで、ディスプレイとマウスとキーボードだけだね、Raspberry Piを始めるのに別途必要なモノ。厳密に言うとどっちか片方で良いんだけど、両方あったほうが後が楽。

もしRecalboxあそぶなら

Raspberrypi3modelbkitbox IMG 6850
レトロゲームを色々出来るRecalbox…ゲームのROMさえあれば色々と出来るモノ。もちろん、最初から何故かゲームがプリインストールされていますが、そういったモノを遊ぶにのキーボードだとやっぱり野暮ったいです。

なので、こういったUSB接続のコントローラーとかあると良い。もちろん、Raspberry Pi3 Model BなのでBluetoothなコントローラーでも対応しています。

USBポートにコイツを差し込むだけ…ってのはマジで良いよね!!!

The簡単ラズパイ

ということで、起動画面とか一切見せませんでしたが、Raspberry Pi3 Model Bのキットで簡単にラズパイを始められるよということをご紹介しました。まじで簡単です。

このキット以外で必要になってくるモノは、ディスプレイ、キーボード、マウス、あとはソレを始めたいと思う気持ち。まじでこれだけ。

  • Raspberry Piのキットがある
  • キットがあればめっちゃ簡単にRaspberry Piが始められる
  • Raspberry Pi3 Model Bってのを今回は選択
  • 最初からNOOBSってのが入っていてOSをいれるのが簡単
  • OSの種類によって用途も変わる
  • マウスとキーボード、ディスプレイ、そして気持ちがあれば良い

こんな感じですねー。

ぶっちゃけボクはLinuxの知識とかあるのである程度は色々出来ますし、これからこいつを使ってやろうとしていることもあります。でも、そういうこと考えない人でも、「ちょっとラズパイってのやってみたいな」って思ったのならRaspberry Pinキット使えば良いと思います。

音楽とか好きなら、先にも言ったマルチメディアプレイヤーとして機能するOSMCをNOOBS経由(要NOOBSオンライン化)いれると、割と幸せになれるんじゃないかなーってのもありますね…。

まぁ、用途は人それぞれでしょうけど、ラズパイ、食べてみませんか?割と美味しいですよ!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事