GoPro 4K 60FPS の「H.265/HEVC」をFinal Cut Proで編集できるようにする方法

ページ

 

GoPro 4K 60FPS の「H.265/HEVC」をFinal Cut Proで編集できるようにする方法

2017年11月1日水曜日

GoPro Hero 6の最初の壁、として「H.265/HEVC」ってのがあります。H.265コーデックってのは、現在主流のH.264よりも圧縮率が高まっているもので、おそらく今後の映像業界はこれになっていくんだろうなってやつです。先日のmacOSのアップデートでHigh SierraとなりH.265/HEVCの映像にも対応するようになりました。

んで、このGoPro Hero 6なんですが、4k 60FPSや2.7K 120FPSなのでこのHEVC(High Efficiency Video Coding)が使われているのです。

HEVCが使われていてもMacで再生する分にはHigh Sierraで問題ないのですが、なんとFinal Cut Proだと読み込めないんですよね。2017年中のアップデートでFinal Cut ProもHEVCに対応するらしいんですが、いやいや、いまGoPro Hero 6あるから。こまるやん。AdobeのPremiereは追加コーデックで対応してるのにね。

ってことで、HEVCの映像を変換してFinal Cut Proでも読み込めちゃう方法をご紹介します。Windowsはコーデック入れればいいんだろうな。Macはこう言う方法があるのだ。
  • GoPro Hero 6でHEVCで撮影できる
  • HEVCがこの記事を書いた時点でFinal Cut Proで使えない
  • そのために変換するアプリをご紹介
  • もちろんアプリの使い方もね。

アプリ「HandBrake」でHEVCを変換

今回はHandBrakeというビデオトランスコーダーを使ってH.265コーデックの物を Final Cut Pro でも使えるH.264に変換してしまおうというやり方。現状、フリーのソフトでこういうことできるのってあんまりない気がします。何かしら有料だったりする。このHandBrakeは「ゆうりょう」なのだが「優良」のほうの「ゆうりょう」なのだ。

HandBrakeは、細かく設定できて、それでいて簡単という。

設定
FPS(NTSC)
FPS((PAL)
4k
60FPS
50FPS
4k(4:3)
30,24FPS
25,24FPS
2.7K
120FPS
100FPS
2.7K(4:3)
60FPS
50FPS
1080P
240FPS
200FPS

ちなみにGoPro Hero 6の動画設定だと上記の表の通りになります。余談ですが、4Kよりも4K(4:3)のほうが画面サイズがでかいんですよね。





とりあえず、HandBrakeをつかった変換のやり方をご紹介します。

HandBrakeの使い方

Hevcfinalcutproconvert

まずダウンロードしたHandBrakeを開いて、HEVCのファイルを読み込みます。読み込むと上記画面のようになります。ファイルの読み込み方は、「Open Source」よりファイルを選択してあげるだけです。

とりあえず、読み込みが完了する画面が上記画像の物です。

Hevcfinalcutproconvert2
Hevcfinalcutproconvert3 1000x533
次に変換のセッティングをしていくところです。上記画面のようになっていない場合は、先に右上の「Toggle Presets」をおして、サイドバーを出現させます。

  1. サイドバーのLegacyより「Normal」を選択
  2. VideoタグのFramerateがSame as sourceになっていることを確認
  3. Constant Framerateにチェック
  4. Constant Qualittyは22〜24ぐらいが良い(お好みで)
  5. Encoder OptionのPresetはFastかMediumぐらいが良い(お好みで)
  6. 次にPictureタブに移動
  7. Storage Sizeが映像のサイズと一緒なのか確認(サイズを小さくも出来る)
  8. 上部にあるStartボタンを押す


流れとしてはこんな感じです。これで4K 60FPSや1080P 240FPSの映像も変換してFinal Cut Proで読み込ませることが出来ます。ちなみに、4K 60FPSをそのままの解像度で変換すると、8分ぐらいの映像で1時間かかります(HandBrakeの設定とかによる)

さっさとアップデートして欲しい

まぁ、この方法を利用するのも、Final Cut Proがアップデートされる前までで良いと思います。なぜか同じApple製品のiMovieはすでにHEVCに対応しているというふざけっぷり。いやいや、こっち有料アプリですヤン。はよ対応しろや… とね。

とりあえず、GoPro Hero 6で撮影したHEVCはこの方法で対応可能です。ご参考になれば幸いです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事