コマンドプロンプトで『’ipconfig’は内部コマンドまたは外部コマンド ~ 認識されていません。』エラー、その対処方法

Windwosのコマンドプロンプトでちょっと困ったことになったので覚書をします。よく利用することなのでコレは今後も使うだろうなー。

ちょっと個人的に必要なことがあって、Windows PCのコマンドプロンプトで自分のIPを調べるコマンド”ipconfig”を実行したら、以下のエラーが出ました。まじで勘弁。

『’ipconfig’は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。』

というエラーを吐き出す。マジ困った。

「ipconfig」ってめっちゃ使うじゃ無いっすか?(え?使うよね?)

こう言うエラーが出ちゃうとめっちゃ非常に困る、そこで今回のエラーについてイロイロ調べた結果の対処を載せます。とりあえずWindows使いは覚えておいて損はないです。

スポンサーリンク

こういうのはだいたいPATHを通せ!

今回のコマンドプロンプトで発生した『○○は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。』のエラーが出るということは、”PATH”が通っていない可能性があります。Windowsで内部をいじるときにめっちゃあるあるです。

なので、まずはWindowsの『コマンドプロンプト』から以下のコマンドを打ち込みます。

echo %path%

するとコマンドプロンプトにはは『C:Users○○○>echo %path%
C:Program FilesMicrosoft ASP.NETASP.NET Web Pagesv1.0;C:Program FilesMicrosoft SQL Server110ToolsBinn;』を返しました。ただし、コレはあくまでボクの場合。PCの環境によってはこの表記が違うと思います。

コレ返されたモノ見る感じ、今回の「ipconfig」で必要になってくる『C:windowssystem32』がはいってないんだなと判断できました。つまり今回のエラーの対象方法はPathのなかに『C:windowssystem32』を入れてあげればOKなんです。

なので、Pathを書き換えるやり方。

スポンサーリンク

対策:Pathの設定は『環境変数』から行う

まず、環境変数を開く手順を説明します。

「環境設定」を開くには、「システムの詳細設定」にある項目から開くことが可能です。

[スタート]>[コンピュータ]を右クリック>[プロパティ]>[システムの詳細設定]>[環境変数]

Windowsの環境変数をいじる.Pathは下のシステム環境変数というところ.

これで「環境変種」が開きました。色々と個人情報が書いてあるのでモザイクを書けてあります。

環境変数の「Path」を見てみる

「環境変数」下の項目「システム環境変数(S)」の「変数」カラムに”Path”があります。このPathの中身を確認すると、

『C:Program FilesMicrosoft ASP.NETASP.NET Web Pagesv1.0;C:Program FilesMicrosoft SQL Server110ToolsBinn;』



と書いてありました。

この書いてあるのは先ほどコマンドプロンプト内で行った”echo %path%”で返ってきたモノが入っているのを確認。

ということで、システム環境変数に”ipconfig”や”ping”が動くように設定を追加しましょう。

必要なモノをPathに書き足す

%SystemRoot%;%SystemRoot%System32;%SystemRoot%System32Wbem

先ほどの文章の後ろに「 ; (セミコロン)」をつけて追加します。コレの後コマンドプロンプトを再起動し、目的であった”ipconfig”や”ping”でエラーをはかなくなります。

まじでこの作業だけです。

え?いったい何したの?

コレは何をやっているかというと、Windowsのそれぞれの環境ごとにディレクトリが違うかもしれないので、『C:』の代わりに「%SystemRoot%」のような文字を使うのです。

そうすることでどんな環境でもPathを通してあげたと言うことです。今回、ボクのWidows環境が特殊だったためそういうことになっちゃいました。

以上で、『’ipconfig’は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。』が出た時の対策方法の説明です。

一般の人はPathはなかなか触る機会が無いですが、必要なときにでもこのやり方を思い出せばなと。そもそもこの記事を読みに来ている人は一般の人じゃ無いか…。