Amazonに売っているおすすめサーキュレーターZEPEAL(DKS-20)を掃除

Amazonでかなり高評価のZEPEAL(ゼピール)のサーキュレーター(DKS-20)の分解&掃除方法をご紹介します。

ZEPEALのサーキュレーターは僕もかなりおすすめの製品です。2台持ってますからね!!

ZEPEALのDKS-20は非常に安価で人気のあるサーキュレーターですが、やっぱり長く使っていくモノなので、メンテナンスは必要なんですよね。そこでボクが行っている分解&掃除の方法をご紹介します。

やっぱ肝になってくるのがDKS-20の前面パネルの部分をどうやって外すかですよね。この前面パネルの外し方さえわかれば掃除はめっちゃ簡単です!!

ZEPEALのDKS-20を掃除する作業時間はだいたい5分ぐらい、乾かすのを合わせたら20分ぐらいですかね?ZEPEALのDKS-20をもっているなら是非とも掃除もチャレンジしてみて欲しい!!

スポンサーリンク

ZEPEALのサーキュレーターDKS-20を掃除!

ZEPEALのサーキュレーター(DKS-20)

こちらが僕が使っているZEPEALのDKS-20です。サーキュレーターってのは、扇風機みたいに風を拡散させるモノじゃ無くて、「風を送る」ものです。これによって、部屋の温度調節とかがいいかんじに出来るんですよね。なので、サーキュレーターってのは夏でも冬でもいつでも使えるんすよ。

ちなみに、写真に写っている黒色より、Amazon.co.jp限定のホワイトカラーの方だと何故か安いです。

ほぼ1年中ずーっと使っているので結構ほこりがたまってますねー!やっぱり出しっぱなしなので…まぁ仕方ないって言えば仕方ないです。大体数ヶ月に1回、掃除してあげています。出来れば晴れた日に、乾かす目的も考えて掃除しちゃってください。

※あと、DKS-20Aってのもあります。マイナーアップデートモデルかな?

中を見るとホコリがこんなに

ZEPEALのサーキュレーター(DKS-20)

ね?ホコリお多いでしょ?

この前面パネルにびっしりとほこりがついちゃっている感じ。これはもう、「掃除したい!!」ってなっちゃいます。

掃除機で、前面パネルの大きなホコリを取ることは可能。でも掃除機だけじゃ奥のほこりも取れないんで、まずはこの前編パネルを外さないと…。

ってことで、以下は、分解して掃除する流れ。

スポンサーリンク

ZEPEALのDKS-20は分解方法がわかれば掃除可能!

ZEPEALのサーキュレーター(DKS-20)を足に挟んで回します。

いきなり本題ですが、まず、サーキュレーター(DKS-20)を両太ももでしっかりとはさみます。そして、両手で前面パネルのワッカの両側を持って、反時計回りに回します。このとき、旨いこと足を挟んでおかないとサーキュレーター(DKS-20)に変な力がかかって前編パネルが回ってくれません。

なのでしっかりと太ももで挟んで回してあげましょう。

  • 台座部分を足でしっかり挟む
  • 前面パネルのみをつかんで反時計回りに回る(力が結構必要)
  • ちゃんと挟んでおかないと回ってくれない。

パネルが回ればパカっと取れます

パカって外れます

コツさえつかんで旨いこと行くと、なんか「パカッ」と取れます。割とガッツリ力を入れないと取れないのも覚えておいてください。マジで力必要です。

この取れた時に「ふぅぃー」という感じがなんとも言えませんよ!

それにしてもプロペラ部分がとんでもないホコリですね。この時は記事を書くためだいたい3ヶ月ぐらい運用し多状態のモノです。

やっぱ常に動かしておくとこうなっちゃいます!!

そしてプロペラを外す!!

ZEPEALのサーキュレーター(DKS-20)のプロペラを持ち上げます。

前面パネルを取り外したあとは、このプロペラ部分を外します。プロペラ部分は、普通に上に持ちあげるだけで外すことが出来ます。モーターにプロペラが突き刺さっているだけなので。

羽側を持つのではなく、プロペラ下の中心の丸い筒状の部分を持ち上げる感じにすると、「っく」と外れます。

この外れた「プルペラ」は超絶汚いので手は汚れますよー。とんでもない量のホコリが付いている。

パネルとプロペラも掃除!

ZEPEALのサーキュレーター(DKS-20)の前側は水でジャー

プロペラの羽根部分と、前面パネル部分を洗面台やお風呂に持って行き、水や中性洗剤でホコリを落としちゃいます。

この時、繊維状になったホコリがパネルの溝にまとわりつくので丁寧に取り除いておきましょう。

使い古した歯ブラシとかあると溝に入った汚れを取り除くことが出来ます。ぬるま湯に洗剤を入れて、それにちょっとつけておくなんていう方法もアリです。



あとは陰干しなどで水分を飛ばして乾燥してあげます。(直射日光は多分劣化に繋がるから良くない)

乾ききったら、先ほどとは逆の手順で戻してあげればOKです。

乾く前に本体も掃除しちゃおうよ!

本体はどうするの?

前面パネル、プロペラ部分は先ほどの方法で良いのですが、本体部分はどうするのか?

サーキュレーター本体は、まずエアダスターと掃除機を駆使してホコリほ吹き飛ばしちゃいます。モーターの中にものすごい量のホコリが入っているはずなので出来れば換気してやりましょう!!

そのあとは、ウェットティッシュなどで残った細かいホコリを拭きとる。この作業はめちゃくちゃ地味ですが、少しでもきれいにしたいのであればしっかりやっちゃいましょう!

あと、湿らせた綿棒とかあるといいよ!!

かなり奥に入っているホコリとかは取れないですけど、コレで本体のホコリはある程度除去することが可能です。できれば、ウェットティっすとか綿棒とかを使ってキレイにしちゃうのがのぞましい。

アルコール消毒とかもしちゃうと、なお良いと思います。

そのあとに、プロペラと前面パネルを装着してあげるよの。

長く使うにはやっぱりメンテナンス

サーキュレーターはやっぱり長く使っていくモノです。なのでより長く使うには定期的なメンテナンスを!モノに愛を!そうしてあげれば長いこと使うこと出来ますよ!!

ちなみに、購入から6年以上たっていますが、ZEPEALのサーキュレーターDKS-20は健在です。是非とも大切に!!そのために掃除!!