『バキ外伝創面 3』を読んだ。今回もニヤニヤさせてもらった

もうね、完全に「バキ」のキャラクターを使ったギャグ漫画です。逆です。花山薫を使ったギャグですwwwそんな創面3巻を読みました。

スポンサーリンク

創面3巻の話

もう、明らかなギャグ漫画になってしまったこのシリーズ。今回は拳こそ使いませんが、戦う相手がいます。といっても一発食らわせといて、瞬殺しちゃうっていうまぁ化け物高校生ですからね。

『バキ』でもあった身体測定の話があります。花山薫はまぁ、ほぼ超人なので記録を叩き出しまくります。そして、教師に進められてオリンピックを目指すように…。言われるのですが「自分、家族がいるもんで」と家族を優先するわけです。家族ってか「組」ですからね。教師は大家族の稼ぎ頭と勘違いしているようですwww

ってかいい加減ヤクザって分かれよw

夜回り先生

著書『夜回り先生』を書いていらっしゃる水谷修さんらしき人が出てきますwってか本人でしょこれw

お話は、夜回り先生の前置きがあり、バーで飲んでいた花山薫に対して「10代前半」と見抜きます。バーで酒を飲んでたら、そりゃ補導されちゃいますよねー。「補導はまずいんで」と薫ちゃんwwwwwwwwwwwwwww

最大の敵

組の重要な会議を終え、そそくさとその場を立ち去ろうとする花山薫。花山薫の側近、木崎呼び止められるも「旅にでたい」と急に言う花山薫。

木崎はなぜ花山薫がそのように言うのかも察しているらしく、薫の言葉に覆いかぶさるように問いただします。薫がなぜ旅にでたいといったか…。

通知表wwwwwwwww

はい。そういうことです。この漫画はそういう漫画です。最大の敵です。この後、木崎に怒られますwww

スポンサーリンク

kissaten的話

板垣恵介さんの漫画は家にたくさんなりますが、こんなギャグ漫画を用意してくれるのはすばらしいです。もう、バキシリーズとして違うものになってますが、面白いのでいいかなと。そのうち浦安鉄筋家族にもカオルくんとか出てくるんじゃないかなーとか思ってます。

関連記事