世界で活躍する、両腕のない卓球選手 Ibrahim Hamato

エジプトの卓球選手、Ibrahim Hamatoさんは、10歳の頃、両腕を失ってしまいました。卓球とは手を使ってやるものだと思われていましたが、彼はそれを口で行えることを証明しました。

東京で行われた、全農 世界卓球東京大会2014でゲストとして呼ばれた時の動画が上がっていたので、彼を知ることが出来ました。その動画では、口を使った卓球のプレイを見ることが出来ます。

スポンサーリンク

Ibrahim Hamato

しっかりとラリーもできる

口を使っているというだけで、卓球のラリーは普通に行われます。

トスも普通に行われます

トスはどうするかというと、足でボウルを打ち上げ、その後開始されます。

Ibrahim Hamatoさんは、一見ハンデがあるように見えますが、卓球のプレイヤーとしてハンデを感じられませんでした。むしろ強い印象を受けます。一体どれぐらいの努力が必要だったのでしょうか。

3分近くある動画です。できればぜひ、すべてのシーンを見て下さい。

スポンサーリンク

kissaten的話

「やればできる」ッて感じで僕は受け取りました。なにも「ハンデ」なんか存在しないんです。あるのは、そういうものを打ち破る努力がなのです。卓球を続ける姿に惚れますね。