喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

読み物

ティファールの取っ手が破損したので新しくしてみた。デザインが違う!

「♪取っ手のとれるぅ〜ティファール」でおなじみのT-FAL(ティファール)のフライパンを我が家では使っています。取っ手が取れるのでフライパンや鍋を重ねられるので、場所を気にすることなく収納でき、料理器具を省スペース運用する人にとってはGoodな製品です。

先日、このティファールの取っ手部分がぶっ壊れました。

原因はおそらく、ティファールの取っ手を装着したまま強火で料理してしまったとかコンロの直火が取っ手部分にあたってしまったのどれかだと思います。それのせいでティファールの取っ手のフライパンと接する面が割れていました。

ということで、ティファールの取っ手部分を購入しました。どうやらバージョンがあるらしく、今まで使っていたものとデザインが少し違っていました。

スポンサーリンク

ティファールの取っ手を新たに手に入れた

こちらが購入したティファールの取っ手パーツです。変えが用意してあるってことは、怖ることもあるってことなんでしょうね。(いや、単に両刀使い用かな?)

この製品を見た感じ、以前は旧型デザインの取っ手を使っていたみたいです。全く何も考えずに新しいタイプの取っ手を購入しました。

ティファールの取っ手を箱から出していざ使おうとした瞬間に「あれ?もしあわなかったらどうしよう?」と思ったのですが、全く関係なく普通に新型デザインでも取っ手が利用できました。

一応店舗も見てきたのですが、どうやらAmazonなどで販売されている方がカラーバリエーションもあって、ついでにいうと店舗販売されていた取っ手よりも安く手に入れられちゃいます。

なのでティファールの取っ手を新たに購入しようと思っている人は、店舗でセールとかない限りネットでゲットしたほうが良いですね。

スポンサーリンク

ティファールの取っ手の新旧デザインを比べてみた

スマートになった

写真手前が新しいタイプのティファールの取っ手で、奥に見えるのが旧タイプのティファールの取っ手です。なんか、新型の取っ手のほうが未来的な曲線を描いていてカッコイイなって思いました。

手前から見た様子

ティファールの取っ手の金具部分からも見てみました。左側が旧タイプのもので、右側が今回手に入れた新タイプのティファールの取っ手です。

フライパンを受けるための金属の部分がちょっとだけ面積を増しているなと思います。更に深めに食い込む感じでしょうかね?

旧型でも問題なかったのですが、より安全にしたのがこのデザインなのでしょう。

ティファールの取っ手を手前から見てみました。右が新デザインで、左が旧デザインです。フライパンを受ける金具の面積がましているようです。

挟む部分

金属部分も少し変化がありましたが、フライパンの外側の当たる部分も少し変わっています。写真奥が旧型で、手前が新型のティファールの取っ手です。

旧型のティファールの取っ手は、凸凹とした面でフライパンを支えていたのに対して、新型のティファールの取っ手はフラットな面でフライパンを支えているようです。

実は、今回旧型のティファールの取っ手が破損していた部分が、この「凸凹の部分」なんですよね。

凸凹の1箇所が破損していて、たぶん熱を1点でカバーしようとして破損したのではないのかなと。その点、新型のティファールの取っ手は面なので熱を逃がす作用があるんでしょうね。

デザインによって、そういった破損から回避できそうです。

ティファールのフライパンはまだまだ使えます

一方、ティファールのフライパン側は、よっぽど適当な使い方や洗い方をしない限り長持ちしてくれている印象です。今回取っ手が破損してしまいましたが、こうやって「ひとつを買い換えれば使える」ってのは良いなと思います。

今回の学びとしては、ティファールの取っ手がどうして壊れたのかってのが予想がついたことと、変えの取っ手がそんなに高くない値段とわかったのが大きいです。

もし今度、ティファールの取っ手に異常を感じたら、また買い替えたいなと思います。

Momentを手に入れるならこのショップ!

-読み物
-

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.