喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

音楽

STAX SRS-2170は「イヤースピーカー」の入門機

更新日:

「イヤースピーカー」っ知っています?

ぶっちゃけボクも厳密には理解してないのですが、今回は「イヤースピーカー」ってのを手に入れました。



埼玉県富士見市に本社を置く、日本の音響機器メーカー有限会社スタックス(STAX)さん。2018年には創業80周年を向かえていました。

そんなスタックスが手がけるのコンデンサー型ヘッドフォンシリーズ…それが「イヤースピーカー」です。

今回紹介するSTAX(スタックス)のSRS−2170というイヤースピーカーはぶっちゃけ初心者向けではあるものの、ヘッドフォンでは出せない素晴らしい『音の世界』を体験させてくれるヤツでした。

平たく言うと「めちゃくちゃ音が良い」んですよ…まじで。

スポンサーリンク

STAXのイヤースピーカーSRS-2170

イヤースピーカーってのは、イヤホン、ヘッドホンとかスピーカー…そういった「ジャンル」って思ってもらって良いと思います。

スタックスの説明によると『その方式はエレクトロスタティック型、コンデンサー型、静電型とも呼ばれ、振動膜(ダイアフラム)に静電気を発生させることで振動発音する原理を持ちます。』とのことです。

その方式を使えば、歪が少なく高音質を得やすくなるとか。そのあたりがイヤホンやヘッドホンとの違うと言うことですかね。(わかってない)

んで、STAXのSRS-2170ってのは、「イヤースピーカー」「ドライバーユニット(アンプ的なやつ)」が一緒になっているセットなんです。

STAXのイヤースピーカーは、その二つが組み合わさって初めて鳴らせる…というこれまたイヤホンやヘッドホンとは違った感じですね。



用語があってるか判らないんですが「ヌケ」といいますか、「なんか奥行きがある」ってのを聞いていて体感できるんです。

それが「んんんぎもぢぃいいいいいいいいい」って感じの音になります。スゴイ綺麗です。

「いままでヘッドホンで聞いていた音と明らかに表現のされ方が違う」とさえ思えました。

そんなSTAXのイヤースピーカーの入門機がSRS-2170ってことで、STAXの製品の中でも一番安い(過去の話)んです。

それでもぶっちゃけ数万円はくだらないんだけど「アンプとセットなら安いかな」って思って買っちゃいました。

今は手に入らないSTAX SRS-2170

更に更にいうと、STAXのSRS-2170のセットが2016年5月末に製造終了となってしまい、現行で売られているヤツしか存在しないという。(もしくは中古)

なのでボクが手に入れた当時よりもSRS-2170はプレミア価格になっていて、タダでさえちょっと高いのにより値段が高くなっちゃっているんですよ…。

もし、今、STAXの入門機を買うなら「STAX SRS-3100」って端末になると思います。こちらも、イヤースピーカー(SR-L300)とドライバーユニット(SRM-252S)のセットです。

SRS-2170を写真で紹介

Staxsrs2170 IMG 2803

これがイヤースピーカーです。

第一印象は「めっちゃでかい」という。

なんかメッシュが入っていて、長方形だし、今までみてきたヘッドホンからするとかなりの「異形」な存在です。

ヘッドホンの形式で言うと「開放型」で、音が外に出ますが、それがたぶん「奥行き」とか「ヌケ」にも繋がるのかなと。

Staxsrs2170 IMG 2802

そしてこちらがSRM-252Sというドライバユニットです。

まず、こいつをつかうのに電源が必要です

イヤースピーカーを刺すためにコイツ専用のプラグをユニットに差して使います。

これを家に来た人に見せると「めんどそう」って思われます。

僕もそう思います。

Staxsrs2170 IMG 2804

そしてこちらがドライバユニットの背面図です。

これは一般的なアンプと一緒のような感じですね。

ぼくはMacからの音をUSB DACから出して、こちらに流しています。

スポンサーリンク

STAXの音は別格な表現力

STAXのイヤースピーカーは、言い換えると「据え置きのヘッドホン」と言った感じでしょうか?

メチャクチャ場所は取るし、電源は居るし、ぶっちゃけスゲー使いづらい印象はあります。

でもでも、それさえ「しゃーねーな」と許してしまえるほど、『音』については「最高」を提供してくれるアイテムだと言えます。

もう、「ヘッドホン?なにそれ?」ぐらいの勢いで最高を提供してくれるんですよ。

 

いや、ヘッドホンも良いんですよ?でも、このSTAXがね、もうね、マジで良いの。マジで買って良かったって思うわ。

ぶっちゃけ、数万円だけど、それでも「コスパが良い」とさえ思わせてくれるアイテムです。

もう「何言ってんだ?」状態ですが、1回で良いですからマジでSTAX聞いてみて欲しい。絶対その意味が分かるから。

ただし、コレはあくまでSTAXの初心者向けの入門機での話です。

 

そう、まだまだ上は居るのです。

ドラゴンボールの、天下一武道界で強かったけどまだ上のレベルの闘う相手が居る状態なんですよ。

 

「オラ、ワクワクすっぞ」をSTAXでも体験できちゃいます。

資金が許す限り…試してみたいモノですわ。

今購入するならコッチのSTAX

今買うならコチラのSTAXで良いと思います。

もちろん、こちらも入門機だよ。

でも高いんだよ。


Momentを手に入れるならこのショップ!

-音楽
-,

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.