大工さんに作ってもらったオーダーメイドの本棚が来てすっげえ嬉しい!

これはマジでめちゃくちゃ嬉しい。

ある日「本棚欲しい…」なんてつぶやいていたら、親戚の義姉さんが「頼もうか」と、実父に頼んでくれるということで。義姉父は、大工さん。甥っ子のベッドを作っちゃう実力の主。ということで、何となくつぶやいたことから本棚をガチで作ってもらったので紹介させていただきます。

スポンサーリンク

本棚が来た!

Hondanagakita IMG 2010
わが家にあった本棚。ホームセンターとかで売っているラックだ。色々なラックが集まって本棚として使われている。サイズばらばらメーカーばらばら。歴代のラックだ。ぶっちゃけ、機能性が悪い。なぜなら、幅とか高さとかが中途半端だから。これって、何に合わせて作られてるんだろうか?ボクの持っている本にとっては、あまりにもよろしくなかった。

親戚の大工登場

もう、脱帽です。すごいのです。スゴイの作ってくれたのです。義姉父の大工っぷりは知ってたけど、まさか本棚まで作っちゃうとは。義姉父と相談して、オーダーメイドな家具を作ってもらたのだ。個人的に以下の条件があった。

  • IKKIをアーカイブしたい
  • ヒバナを入れていきたい。
  • 間の柱はないほうが良い。
  • 高さは全指定、幅も全指定

ぶっちゃけ、この規格の本棚は存在しないと思う。もう、要望を詰めに詰めた。夢の規格だ。

相談に相談を重ね、材料は本職に任せるとしてフルオーダー。そして出来ちゃったのだ。

そして出来たのがコレだ!

Hondanagakita IMG 1775
ワクワクワクワクと待ちかまえてきたのがコレだ!

すげえええええええ!予想してたのより超絶しっかりしてる!

もっと簡単な物かと思ったら(「作ったたろか」っていう軽いノリだったから)、全体的にすごかった。裏面(写真撮ってない)は、なんか特殊な構造で止められてた。これすげえ。

もう、これは1点物ですわ。「仕事で家具作ればいいのに。」とか思っちゃう。素晴らしい本棚なのだ。めっちゃ重い。

ということで、IKKIやヒバナを詰めていくのでした。

Hondanagakita IMG 2014
詰めている様子。ここから、段々と色々と入れていく。

木材の良い香りがする。
Hondanagakita IMG 2027 4
そして冒頭の写真に戻る。The @kissatenって感じの本棚。小学館のIKKI、ヒバナにはじまり、エロティックスFとか楽園とかの雑誌類。銃夢とかハチクロとかげんしけんなんかの漫画類。DVDやBlu-rayなど、マジで色々入っている。

めっちゃ良い!めっちゃいい!

少し隙間が空いているのは、「ヒバナはまだまだ連載するから」だ。ダンボールはどけれるから、後1年分ぐらいは余裕で入る(後10数年ヒバナは連載すると考えています)。そして、ヒバナが増えていけばずらせばね!

スポンサーリンク

つまり、めっちゃ嬉しいのだ!

夢をいれるための夢の本棚、一点もの。素晴らしすぎる!オーダーメイドという提案、そして決断。ありがとうございます!めちゃくちゃ大切にします!

そして、何を詰めようかとわくわくする僕がいるのだ。