GoPro Hero 6のために改めてアクセサリーを買い足した

GoPro Hero 6 を無事手に入れてやはり必要になってくるのが GoProの アクセサリー 類かなと思います。もちろん GoPro は単品で利用しても全く問題ないのですが、 ガジェット は大切にしたいという、もっと色々可能性を探りたいという気持ちからGoPro専用の保護具や撮影を楽にしてくれるアイテムなど色々と買い足したりします。

他にもGoProのストレージとしての microSD なんかもそれにあたりますよね。microSD割と重要ですよ。容量はもちろん、速度とか色々と。

ということで、 GoPro Hero 6 を手に入れた後に買い足した、GoProで使えるアクセサリーをご紹介します。まぁ、 GoPro Hero 5 の時に「買って良かった」ってのを改めて買い足しただけですけどね。

それにしても、 GoPro Hero 6 はやっぱ良いですね。これはマジでいいです。

スポンサーリンク

GoPro Hero 6買ったから買い足したアクセサリー

先にGoProをご紹介しておきます。これがボクが持っているGoPro Hero 6です。

個人的には色々な製品をAmazonで購入したくてAmazonを利用しました。んで一応色々なネットショップを軽く調べるとGoPro Hero 6はAmazonが安いかなと思います。

まぁ、好きなところで購入すれば良いと思われ。

では、GoPro Hero 6のために買い足したアクセサリーをご紹介していきまーす。

映像や写真を保存するためのmicroSD(ストレージ)

GoPro Hero 6には高解像度や60FPSのために、GoPro Hero 5で利用していたLexarの128GBを挿入しました。4K映像を扱うために転送速度必要でしょうしね。

ということで、どちらかというと「GoPro Hero 5のため」なのですが新たにSanDiskさんのmicroSDを入れました。

導入したのはSanDiskさんのExtreme Proという規格のヤツ。

microSDXC UHS-IでGoProでもつかえるやつです。

UHS-IIという最高速度の奴もあったのですがGoPro的にはオーバースペックだと感じたためコチラにしました。

  • 読取り速度: 最大 90MB/秒5
  • 書込み速度: 最大 60MB/秒5
  • スピードクラス: C10, U3, V30

はい、GoProで運営するのには十分な規格ですね。

容量を128GBから64GBにした理由としては、

128GBだとmicroSDがあまる

です。

128GBだとボクの撮影方法だとめっちゃ容量が余っちゃいます。ボクの撮影方法は、1日撮影して、すぐにPCに保存する感じ。そうやってもバッテリーの限界とかもありますし、結局128GBのmicroSDの半分ぐらいしか使わないんです。

おそらく128GBが必要な人は、数日旅行でGoProを利用する人むけの容量なのかなと。僕には128GBはちょっと多かったです。オーバースペックだった。ただそれだけの理由です。

なのでGoPro Hero 5にはSanDiskさんの64GBのmicroSDを、GoPro Hero 6にはLexarの128GBを入れています。

GoProの液晶用フィルムとかカバーとかね

改めて購入したのがこちらのGoPro Hero 5やGoPro Hero 6で使える9H保護フィルムとレンズキャップがセットになっている製品。

マジでこれは良い。

背面ディスプレイとレンズ保護のためのフィルムが付いている。

それが2個セットになってるんだけど、GoPro Hero 5のために購入したこのアクセサリーを掃除のタイミングで無くしてしまったので改めて購入した。もうなくさないでおこう。

フィルムを貼るためのアルコールとか付いているからまじでいいよ。

サードパーティー製の追加バッテリー

今のところ問題ないのですが、GoPro用の追加バッテリーも購入。先ほどのフィルムを販売しているところといっしょのショップです。

コイツの良いところは、バッテリーが二個ついて、同時に3つのバッテリーが充電可能。充電にはmicro-BかType-CのどっちかのケーブルがあればOKです。

これはまじでいいよ。”今のところ”GoPro Hero 6のファームでも問題なく使える物です。

懸念があるとしたら、今後のファームアップでバッテリーが使えなくなるかも知れない…ということ。それ以外についてはまじで問題ない。コストも純正から見るとめっちゃ安い。だから導入しています。

外見とかはコチラの記事をご参考に!!

※どうもメーカーによってはGoProでWiFiが使えないとか有るみたいです。僕の所では問題ないですが、素直に純正買ってもいいかな?

アルミのケースを導入してみた

今回新たに購入したアクセサリーと言えば、こいつです。アルミニウム合金のGoPro Hero 5/GoPro Hero 6のハウジングです。

  • アルミニウム合金
  • サイドのドアもケース装着したまま開けれる
  • 52mmのレンズフィルターやレンズキャップが使える
  • いわゆる「リグ」というもの
  • 拡張性がある
  • クイックシューとかつけれる

まぁ、軽めに紹介するとこういう物です。GoPro用の”リグ””ってのが一番しっくりくるいいかた。ハンドル付けたりマイク乗っけたり、色々と出来ちゃう。

元々は海外サイトで知ったんですが、別のブロガーさんが手に入れていたのでちょっと導入してみました。まだこいつを使ってなんやかんやする予定…はないんですが、レンズフィルターが使えるって事は、NDフィルター使えるし、なんか色々出来そうだなと。

まず、装着して「カッコいい」って思った。それだけでも買いです。

スポンサーリンク

とりあえずはGoPro用のアクセサリーはこれぐらい

まだいくつかGoPro Hero 6のために手に入れたアクセサリーはありますが、今のところはこれだけの紹介で良いかなと。他のアクセサリーはちょっとマニアックなので紹介はまだにしておきます。

  • microSD追加(Hero 5のために)
  • 保護フィルム追加
  • サードパーティー製のバッテリー追加
  • アルミ合金製のハウジング

とりあえずレンズとかの保護、ストレージはコレで良いと思います。もちろん今回紹介したアクセサリーは「使ってきて良かった」「使ってみて良かった」って事ですからよろしくお願いします。

GoPro Hero 5/GoPro Hero 6を持っていて、何かアクセサリーを考えている人の参考になれば良いかなーと。

次の記事はコチラ

Gopronokijiwomatometemita
GoProのまとめ記事があるんですけど、そこにこのブログのGoPro記事みたいなのいっぱいあるのでもしよかったら次の記事にどうぞ!!