EOS 5D Mark 4が帰ってきた、C-Log撮れるよ、軽めのレポート

EOS 5D Mark 4をファームアップした。どうも物理的な「改造」が必要らしく、Canonのサービスセンターに送りつけて処置してもらう「有償アップデート」というやつです。これをやってみましたのでそのレポートをご紹介。

発送時の写真は撮ってないので言葉でご紹介します。

Canon LOG…つまり、C-Logが撮影できるようになって、広いダイナミックレンジでの撮影が可能になる。そうなると動画編集の可能性が増えまくって楽しくなるんだよね。

スポンサーリンク

EOS 5D Mark 4のC-Logファーム

EOS 5D Mark 4は、通常の状態だと、C-Logが撮影できないという。今回の有償アップデートでやっとC-Logが撮影できちゃうと言うモノ。

前回の記事で、クロップについて記述していたが、クロップの設定とかないのでたぶんクロップは変わってないし、2Kや3Kの撮影もできない。まじで、なにかしらの「改造」が行われて、C-Log撮影が出来るようになった…という感じ。

ちなみに、EOS 5D Mark 4の動画機能については、各所で「うんこ」と言われているほどダメな仕様らしいので、今後動画メインで始めようって人は、是非とも別の機種に手を出すことをご推薦します。(たぶん、これは、キャノン的に、映像撮るならCinema EOS使ってね、って事なのかなと)

それでも、ボクはCanonユーザーだし、憧れの人もCanonっていうそういう理由で今回のEOS 5D Mark 4に手を出したわけです。まぁ、人によっては色々な理由があると思いますが、ボクがCanonを使う理由ってのはそういう感じ。

Canon Logは、ポストプロダクション処理を前提とした自由な画づくりが行える記録方式で、ワイドダイナミックレンジが特長です。コントラストとシャープネスを抑えることで黒つぶれや白トビが少なく、暗部からハイライトまで幅広い映像情報を記録。Canon Logを使用することで、広いダイナミックレンジを活かした映像制作が可能です。

映像を編集しない人にとっては、全くといって意味の無い機能C-Log。ボクは映像に関われることになって、映像を撮る、編集する…を楽しめるようになってきたので今回のファームアップに手を出そうと思ったのです。

  • Canon Log設定時は、被写体条件や撮影条件により、映像に横縞状のノイズが発生することがあります。そのため、事前にテスト撮影を行い、映像を確認してから撮影することをおすすめします。なお、撮影した映像をグレーディング処理する際、特にコントラストを強くすると、ノイズが顕著になることがありますので、ご注意ください。
  • 横縞状のノイズは、「やや暗く平坦な被写体」を撮影したときや、[周辺光量補正]を[する]に設定したときに発生しやすくなります。なお、このノイズは、ISO400程度の比較的低い感度でも発生することがあります。
  • ノイズが目立つときは、[周辺光量補正]を[しない]に設定して、やや明るめに撮影を行い、グレーディング処理の際に明るさ調整を行うことをおすすめします。また、(ダイナミックレンジが狭くなりますが)ISO400未満で撮影すると、ノイズを軽減できることがあります。
  • デジタル一眼レフカメラ用ソフトウエア「Digital Photo Professional 4」、「EOS Movie Utility」は最新版をご使用ください。

いちおう、自分用のメモとして上記サイトから引用させて頂きます。もうこれは、C-Logにファームアップする人以外に全く意味の無い情報ですが、まぁ、こんな所です。ファームアップしても、簡単に使える…って感じじゃ無いみたい。

Canon Log対応へ有償アップグレードの方法

先のCanonWEBサイトにも書かれてますが、EOS 5D Mark 4の有償アップデートには以下の物が必要。

  • 1万円(税別)
  • キャノンサービスセンターに「申込み」もしくは「らくらく修理便(引き取りサービス)

ってかんじです。ボクは三重県なので、名古屋に行けばあるんですが、チョイ旅費を考えると馬鹿らしいので、「らくらく修理便」を利用しました。「らくらく修理便」がどういったモノかというと、WEBサイトで申し込めば、ヤマトさんが取りに来て、梱包して、センターまで届けてくれるというモノ。

今回、EOS 5D Mark 4のファームアップをWEBで申し込もうとしましたが、WEBのフォームにはそれらの記載は無く、概要に「EOS 5D Mark 4のC-Logファームアップ希望」的なことを書けばOKとのことです。(キャノンに電話して確認しました)

ファームアップの流れ

さて、とりあえず、WEBフォームに申込み、ヤマトさんに梱包してもらって、その後の話。

まず、受け取った旨をキヤノンサービスセンターから電話がかかってきます。その後、「何をするか」「いつぐらいまでかかるのか」を電話して頂きました。

その数日後、再び、キヤノンからの電話。修理が完了して、何日の何時頃に届きますよ…という話を頂きました。実は、最初の電話で伺った日にちよりも早めに終わりました。ボクは1週間待っていません。ちょっと速かった。

受け取ったEOS 5D Mark 4

Eos5dmarksclog IMG 8694
届いたEOS 5D Mark 4は、なんかラップみたいなモノに巻き付かれていました。んで、C-Log用の使用説明書が付属。これに先のWEBサイトに書かれているようなことや、その設定方法などが書かれている。

ISOは400が最低値みたい。ソレより下の値にするとダイナミックレンジが狭くなるという。ならもう、ISO400以上で撮るわ。ちなみに、C-Logで撮影するとISO400以上で、ダイナミックレンジが8倍になる。うーん楽しい。

キヤノンの対応すごくね?

「Canonは殿様商売だ」なんていわれてますが、電話の対応、めちゃくちゃ丁寧でビックリ。なんか、一級サービスに問い合わせてしまったのかのように感じた。人生で初めてのキャノンに電話した感じ。イイ体験をした。

2017年12月16日追記

※追記分です

とりあえず、カメラが届いて、「うわー、c-logとれるうひょー」と映像撮ったりして遊んでいて、本格的起動まで自分のやるべき事を先に終わらそうと思って放置してました。そして本日触ってみて気づいたのですが、色々な部分が初期化されていたという。いやー、これ、初期化するんだね。ファームアップって。色々設定してたものが全部消えていた。「あれー?」とか思いながら作業していて、設定が消えていたので壊れたのかと思った。普通に初期化されたんすね。ってことで、まぁ、そういう感じです。ファームアップすると初期化されるっぽい。

EOS 5D Mark 4のC-Logどうよ?

まず、EOS 5D Mark 4のファームアップの前にいくつかLOGファイルを触れる機会がありました。LOGだと、まじで思った色に仕上げることができる。「映画風」とかなんかそういうのが調整できる。また、LUTというものをあてると、さらにもっと簡単にそれらが実現できる。LUTは世界中にたくさんフリーで公開されていて、ソレを試すだけでもかなり楽しめると思う。
もちろん、今回の目的は、自分で撮りたい物があったからやってみたわけです。イイよ、楽しいよ。
まぁ、でも、EOS 5D Mark 4は動画を撮影目的の人は推薦しないなー。