3軸一眼スタブライザーa2000を使って撮影してみた

む、難しいかも。

ボクがアクションカメラGoProで使っているジンバルG5の会社FeiyuTechが出している一眼レフ用のジンバルを試してみました。「ジンバルでヌルヌル映像撮れる…!!」って思ったのですが案外難しいなーって印象です。

今回、三重県伊勢市、伊勢市駅周辺のコミュニティ通りにてa2000とCanon EOS 5D Mark IVって組み合わせで撮影してきたのでその映像をご紹介します。

スポンサーリンク

a2000を使って映像を撮ってきた。

こちらがFeiyuTechの出している一眼レフ用の3軸スタビライザーです。最大で2kgまで対応できるらしい。ジンバルって事で、ヌルヌル手ぶれの無い映像を撮影できるって触れ込み。

そして今回乗っけたのはコイツ。5D Mark IVです。

そして、レンズと合わせるのは EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM です。STMじゃないのでマニュアルで行きました。

撮影場所は、三重県伊勢市にある山村乳業のある通りです。観光客さんがこのあたりをあるく。

作ったのがコチラ

A2000を使ってみて思ったこと。

  • 全く揺れないと言うことは無い
  • むしろ揺れていると感じる
  • ISが無いと難しい?
  • ボディ内手ぶれ補正の無いCanon機だと難しい?
  • そもそもジンバルwalkが必須か?
  • タイムラプスの設定がメッチャムズイ
  • アプリ、クソじゃね?

という感じです。

GoPro要のジンバル、FeiyuTech G5やWG2といったものはぶっちゃけ素晴らしく、手ぶれねー!最強だ!!って表田のですが、a2000は重量の関係か、結構難しいと感じた。
その理由としては、揺れるからです。a2000とCanon機はたとえ耐荷重内であっても相性が悪い気がする。

もちろん、バランス取りもしっかりやってますし、サポートにも聞きまくりました。なのでバランスについてはOKです。ただ、Canon機はだめ…なのか?

A2000の映像を調べまくってみたら、どうもSonyのα7とかPanasonicのGH5とかの「ボディ内手ぶれ補正」なカメラを使われている印象。よって、Canonの場合、もしかしたらISが無いと難しいのかも知れない。

というか、今回、IS以外のレンズためしてないのでなんとも言えません。

全く揺れないときもあるし、揺れちゃうときもあるって感じ。つまり、モーターのトルクとかそういう所に問題があるかも知れない。

なんじゃそりゃー、むずいな。

全く揺れないときの条件が分からない。

あと、スマホ専用アプリでセッティングを変更できるんだけど、そのアプリがクソ過ぎるからタイムラプスの設定がマジで意味不明。日本語翻訳を間違っているのか、アプリがクソで反映されないのか、むずい。とにかくむずい。

言えることは、先の映像のような映像は撮れるってことです。はい。

今後のボクの課題

まず、ボクは待つことにした。すでに「アプリ、これ、やばくね?」って事を伝えたし、トルクについても疑問を投げかけた。「対応機種に入ってるけど、揺れるとき有るんだけど?」ってね。

アプリがちゃんとしたら治る可能性有るからまじでソレ待ち。もっと設定追い込めるようにして欲しい。

そして、その待っている間でも色々と映像を撮ってみたいと思う。決して「撮れない」分けじゃないので使える物は使い倒したい。

レンズ買えたり、歩き方変えたり、持ちかたをかえたりしてね。