喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

読み物

Bloggers Tea Partyの中で抱く「劣等感」で栄養を得ている

投稿日:2018年3月17日 更新日:

はぁー、Bloggers Tea Partyの人たちってなんてスゴいんだ。

とあるタイミングで入った、ブロガー向けのオンラインサロン(コミュニティって認識でも良い)であるBloggers Tea Party(以下、BTP)。どういったとこかっていうと、ブログ運営の相談とかテクニック共有とか、あと色々なブロガーさんに出会える場として僕は使っています。(詳しくはリンクを記事下らへんに起きます)

いやー、色々な人間がいるんですよ、まじで。んで、皆スゴいんですよね。本当に、尊敬できる人たちばかりで、「ひぇぇ、ボク居ていいんかいな」と、きらびやかに輝くBTPメンバーの光に照らされボクは度々ネガティブな世界に入ってしまう。

そう考えるようになってから、自分を見つめ直す機会を得れたので、あえてこのネガティブな感じで書いてみようと思った。本来ならネガティブ記事は受けが悪いらしく、あんまり載せない方が良いみたい。SNSでもネガティブな事ばっかりつぶやいていると人が去って行くあの感じね。

※この記事は一般に全く役に立ちません、ボク個人に興味ない人が観ても何も生まれません

スポンサーリンク

BTPでボクは劣等感を得て成長している

BTPは素敵なブロガーさんの集まり。正直自分のブログに自信が無く、というか、自分自身に自信が無い身なので、こう言う場所に「居ていいの?」感がめっちゃある。まぁ、審査とか無くて、普通にお金払ったら入れるから本来ならばそういうことを考えなくて良い。

BTPメンバーさんの書く記事ってめっちゃ見応えあるし、記事になったアイテムやその使っているモノがめっちゃ欲しくなるような魅力的なモノばかりでてくる。ほんと、たくさんある宝箱をひとつひとつ開けさせてもらっているかのようなワクワク感。みんなすごい。マジでスゴイ。

で、

「なんでコレが書けないんだろうか」って自分をボディーブロー。いや、完全にそこは自分のせいであって、読まそうと、読んでもらおうと、勧めようとする気持ちの問題。文の書き方の問題。いままでそういった文章を作るという事をしてこなかった因果応報なのだ。

と、

ネガティブになっているときがある。ここで、「うわー、だめだー」っていうより、「うー、がんばろう!」って思えるかで成長するかどうか変わる。ボクは後者になりたい…という気持ちがあるので何かをしようとする。まず何をしたかというと、読むことを始めた。本当に本とか読まない。でもブログは読める。見やすいから。

マネしたくなる言い回し

BTPメンバーの文章って魅力的なモノが多い。例えば割と高級なアイテム、カメラとかを買ったときの「○○年で割ったら実質タダ」みたいな言い回し。こういうのが好きでたまに真似させてもらっている。あぁ、すごいなーって。こういう言葉使いたいなーって。そう思わせてくれる。

「なんでかけねーんだよ!」からの「マネしちゃえ」でマネしてみる。そうやって自分のなかで色々解釈して言葉を見つけていくあそびをしている。

読者がいればなんだけど(いるの?)、ボクの文字の書き方、文の構成が度々変わっていると感じるはず。だって本当に変わってるから。書き方、言い回し、単語のチョイスとか色々ね。

ある種の成長とボクは認識している。

本、出ちゃったじゃん

んで、先日書いた記事で、BTP主催の一人である「monograph」の中の人、堀口氏が本を出しちゃった。

ひぇ、ブログちゃんとやれる人は本だせるんだ!!!

対して、ボクは、ひび何も生み出せずーーーーーーー

という謎のネガティブ回路。

このネガティブになるときって普通に体調悪いとき何ですよね。ボクの持病の話をすると1万文字余裕で超えるのでソレはおいておきますが、そういう体調悪いときにきらびやかなモノを観ちゃうと非常に影響されちゃう。

ここでネガティブに捉えるか、ポジティブにベクトルを変えるか。

ボクは今回ベクトルをポジティブに向けた。

本当にありがてえ。これはまじでありがてえタイミングだ。

この記事を書いているのもポジティブに向けたから。向けてなかったら、記事にスラしない。自分の中でどんより、ずぶずぶと、ぐちゃぐちゃにして枕に叫び続ける(そんなことしたこと無いけどね)

自分の今の状況(身体とかいろいろ)で割とネガティブになりがちだけど、それをポジティブに「向ける」成長。

正直に、コレは書かなくても良いこと

ぶっちゃけ、コレを記事として出す必要って0です。誰の役にも立ちも立ちません。これは何かって言うと、自分に言い聞かせるための行為。頭の中を文字化することで、自分の考えを一旦クリアにしたいがためにコレを書きました。もしここまで読んでくれている人がいるならすいません、ただのマスターベーションです。ただの戯れ言です。

BTPはきらびやかなところです。とても明るいです。とても素敵です。その光に照らされ、ボクは度々ネガティブになる。でも、いつか、その光る側に、光の方に、ボクは立っていたいです。そのための宣言。そのための開示。

僕は成長したい。その「成長したい」という気持ちが出ることだけでも、僕は成長している。いつか、輝きたいので。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

喫茶店

ブログ「喫茶店の部屋」と「キセノンテンター」の中の人です。フリーランス的にWEBライティング、コーダー、フォトグラファーとか色々やってます。お仕事くださいー。

-読み物
-

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2018 All Rights Reserved.