大容量カメラバッグ「Endurance」(エンデュランス)を1年使ってみた感想

もう1年たったのかー。まるっと1年堪能したぜ。

2017年の3月あたりにカメラバッグが欲しくなったので調べたりアドバイスをもらったり色々ともさくした結果、2016年末に出たばかりのカメラバッグ「Endurance」(エンデュランス)というもの手に入れた。このバッグは、自身もフォトグラファーであるstudio9 (すたじお・きゅう)の中原一雄さんが設計したフォトグラファーによるフォトグラファーなためのカメラバッグなんだよね。

2気室構造になっていて、いろいろと持ち運びたい人用に大容量、バッテリーグリップを装着したままだって収納できちゃうヤツだ。見た目は大きいんだけど、それでいて軽い、そういうカメラバッグです。

1年、結構短く感じたけど、このバッグで運用してみての感想をご報告。

スポンサーリンク

大容量カメラバッグEnduranceを1年使ってみて

こちらが1年使ってきたEnduranceのショップ。途中で、これを少しだけコンパクトにしたタイプ(弟らしい)が出たり、ソイツはカラーバリエーションあったりとなにげに羨ましかったけど、18リットルの容量は欲しかったので「ぐぬぬ」といわず「ほぅ、弟か」ぐらいの心境。(いや、でも小さいのも良いよね)

んで、1年経過したけど、値段は変わらず19,800円という…やつ。安いよね。デザインシンプルで良いよね。

購入したときの記事がコチラです。この頃には、Canonのごつい一眼レフを所持していて、その後にカメラグリップとか手に入れる予定だったのでとりあえず「そのデカイカメラが入る」ってのが結構嬉しかった。そしてココにも書いてあるけど、MacBookやHHKB、ストロボやGoProとかガジェットとかめっちゃ持ち運ぶ人なので、まじで18リットルという容量は大事なのです。

ガジェッターとしては当たり前ですが、時間が経過したらガジェットの入れ替わりや追加が起き始め、更にモノが増えていく感じ。

ちなみに、記事を読みに行くのが面倒な人用にまとめると。

  • Enduranceってカメラバッグがあるんだってよ!!
  • フォトグラファーが設計したフォトグラファーのためのバッグだよ!!
  • リュックタイプで2気室構造で大容量だぜ!!
  • 人生の中で最強のカメラバッグ(現時点)
  • あとは軽いフォトレビュー

ってかんじです。

それでは、Enduranceを1年使ってみて。

容量がめっちゃ役立ったわ

Endurance1nen 243A4347
まず、Enduranceが大容量だってことで、とにかく「持って行けるモノ」がめちゃくちゃ増えたこと。僕がソレより前に使っていたバッグは、カメラを入れたらほとんどモノが入らない状態だった。でもEnduranceは「カメラバッグ」ということもあり、一眼レフ入れて、レンズ入れて、ストロボ入れて、ラジオスレーブ入れて…なんて事が出来ちゃう。しかもその時点では、2気室構造の下段のみのはなし。

ここにさらに、上段のスペースが大活躍する。サイドにはMacBookをいれてるんだけど、MacBook周りのアクセサリー…たとえば充電器とかケーブルとかそういったものがまずたくさん持ってイケることになる。そしてさらに、カメラバッグを手に入れた後に追加されたガジェット、GoPro関連のアイテムがこの上段にはいってくれたのだ。

ジンバルだって持ち運べる。何だったら、そこに更に飲み物やちょっとした弁当的な物も入れちゃえるんだよね。これはまじで「大容量万歳」です。僕の使い方だと、Enduranceの弟分にはまねできないかなと。

Endurance1nen 243A4345 Edit
なんでそんないっぱい入れているかっていうと、「備えあれば憂いなし」って言葉があるように「ああああ!あれ持ってきておけば良かった!!」なんて事がない。写真撮影シーンとか、執筆シーンとか、いろいろあると思うけどマジでそういう事が無い。急に人が集まって、皆用のUSB給電機が必要になったときとかも「へへへ、もってますぜマルチポートUSB給電機」なんて出せる。

トルネコ。
そう、トルネコ状態。アイテムだらけ。

ボクは、RPGでも待ちとか入ったら、可能な限りアイテムを所持しておく。FFにいたっては、ポーションやらハイポーションを常備99個もっておくという徹底ぶり。そういう気質がそのままこのカメラバッグでも現れている。

もちろん、「使われないモノ」も存在してその分は余計な重量なんだけど、修行じゃん。そういうのって修行じゃん。だから気にしない。

  • 大容量だからめっちゃ入れられる
  • 装備品をとにかく入れまくった
  • 「いざ」と言うときにマジで役立つ
  • 「使わないモノの重さ」は修行
  • ほぼ筋トレ

「備えあれば憂いなし」精神の人、絶対大容量カメラバッグの方が良い。「うわぁぁぁぁぁぁぁ!あれもってこれば良かったぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ってイライラするよりは、余分に持って行って、使わなくても「いい汗かいた」って思えば良い。筋トレ最高。

Amazonbasiccase 243A3421 Edit
あと、Amazonベーシックが出しているセミハードケースを最近導入して、まじでこれが良い。普段アイテムをぐちゃって入れてたのがこれでスッキリするので、もしご興味ある人は下記記事よりどうぞ。

見た目は登山家

Enduranceの弟ユーザーと会って、カメラバッグの比較したことある。Enduranceの弟はスリムでスタイリッシュなカメラバッグなんだけど、本家Enduranceは、装備品ガチガチにするとマジで登山家みたいだなって思う。三脚やら色々ついているから街中にいると異様な出で立ち。

ま、ボクは気にしないんだけどね。

そういう見た目を気にする人はたとえ大容量を欲していても合わないかも。
登山家ええで、トルネコでもええで、って人向け。

サイドのジッパーが正直閉めづらい

Endurancesaikyocamerabag IMG 0747 カメラの取り出し口は二カ所あり、その内のサイドのジッパーがコの字になっている。この部分…正直閉めづらいなと思った。角で引っかかる。もし、Enduranceのマイナーアップデートがあるのであればもう少しジッパーを動きやすくして欲しい。

「盗難防止」なのかも知れないけどね。

カラーバリエーションは無い

61eqrWDAaML SL1000
正直に羨ましいと思ってしまうのが、Enduranceの弟にはカラーバリエーションが3種類あるのだ。上記写真はEnduranceの弟のもので、ブラック以外に、カーキ、ネイビーの3色展開。かー、いいな、カラーバリエーション!!本家Enduranceはブラック1色だよ!!

もし、Enduranceのカラバリが増えたら、さらに需要あるんじゃねーの?とか思った。なんかどっかとコラボして○○カラーとか出してくれねーかな。Evernoteカラーとかなら100%売れるだろうな。

スポンサーリンク

機能的には大満足

とりあえず、ジッパーの開閉とカラバリについては、なんとかしてくれとは思う。でも、ソレを省いて考えると、超満足。スーパー満足なカメラバッグだ。大容量の正義を知っているのでまじで大容量にして良かったなーって思う。

ちなみに、あらためてこのバッグが必要だなって思う人をリストアップすると

  • 大容量が欲しい
  • レンズ数本持つ
  • MacBookとかのラップトップも持つ
  • 縦グリップの一眼レフを持つ
  • 三脚を使う人
  • たまに濡れる人
  • めっちゃアイテム持つ人

そういう人に向いていますよ!!

この記事を書いた現時点、僕の人生で最強のカメラバッグであることは変わらずです。コレが更新される日ってあるのかな?まだまだ使い倒しますよー!!

次の記事

Endurancesaikyocamerabag IMG 0740 Edit
記事途中でもリンクを張ったけど、1年前にEnduranceを手に入れた時の記事です。もしご興味あればどうぞ。