サムヤンにてEFマウントなAFレンズ「14mm F2.8 EF」がラインナップに加わって震える

SAMYANGのレンズが個人的に話題。

ボクが星空とか撮るときに使っているSAMYANG 14mm F2.8ってレンズがあるんだけど、それのAF駆動バージョンが出ていた。SAMYANG(サムヤン)は、韓国の会社でほとんどがマニュアルフォーカスのモノだったんだけど、そこからキャノンEFマウントな超広角レンズが出ちゃうのだ。

うらやまー。RPGでいうと、「火の剣」で喜んでたのに「炎の剣」がお店に売られている状態。

僕が使っているのはマニュアルレンズで、まぁ、マニュアルになれてるから良いんだけど、AFだとその撮影が楽になるって事なんだなー。

スポンサーリンク

サムヤン「AF 14mm F2.8 EF」を出す

実はすでに2018年3月23日より販売されていて、3月1日~4日にパシフィコ横浜で開催されたCP+2018のケンコー・トキナーブースにこの製品がお披露目されてたとか。
ボクはCP+いけないからそういう情報知らなかったんだけど、久しぶりに調べてみたらAFでてやがるwww

特徴としては以下のようにあげられてる。

  • すばやく静かなAFシステム
  • 超軽量設計で優れた携行性
  • 116.6°の超広角レンズ
  • 防塵・防滴に優れたシーリング

とりあえず、「116.6°の超広角レンズ」以外のことについて未知数だなーって印象です。だって、ほとんどがマニュアルだった会社のだからね…。誰か人柱になって欲しい。

8809298884994 img02
ボクの持っているSAMYANG 14mm F2.8とどうようにレンズが出っ張るのだろうか。
8809298884994 img01
EFマウント用の電子部分やAFスイッチがあるのが見られる。

焦点距離 14mm
明るさ F2.8-F22
フォーマットサイズ 35mmフルサイズ
画角 フルサイズ:116.6°(対角)
APS-C:92.8°
最短撮影距離 0.2m
最大撮影倍率 0.15倍
レンズ構成 10群15枚
※非球面レンズ2枚、EDレンズ1枚、高屈折レンズ4枚
コーティング UMC
フィルターサイズ 取付不可
大きさ 95.6×Φ90.5mm
重量 485g
絞り羽根枚数 7枚
レンズフード 固定

正直ちょっと情報少ないなーと感じた。フルタイムマニュアルフォーカスなのかとかそうではないとか、そういうのが今のところ見られないからやっぱり人柱待ちかな。

あと、SAMYANG 14mm F2.8は10群14枚のレンズ構成に対して、AF 14mm F2.8 EFは10群15枚とレンズ枚数が増えている?でも重さは499g(SAMYANG 14mm F2.8)より軽い485gとなっている。

なにかしら色々と変わったって事か。

スポンサーリンク

人柱さん待ちです

ちなみに、SAMYANG 14mm F2.8はAmazon価格で4万円を切っているのにくらべ、AF14mm F2.8 EFは、ケンコー・トキナーのオンライン価格で91,400円(税込み)だそうだ。Amazonで販売されることになったら値段の変動は有る物の、2倍以上モノ値段設定が今のところされている。

正直、現時点でマニュアルで問題なく撮れているので、AFってどうなんだろーってのはある。でも使ってみたい。

ってことで、人柱待ち。待って、見て、なにかのチャンスで触らせてもらって、その後、手に入れるか考える。

今はまだ放置ですわ。

次の記事はコチラ

Samyang14mmf28lensefcanon 243A2712
今回記事で紹介した、マニュアルフォーカスのSAMYANG 14mm F2.8の作例をいくつか載せてあります。もしご興味あればご覧下さい。
屋内、屋外、両方とも活かせるレンズだと思っています。