シンプルデザインsarasa designのウェットティッシュケースがガチ目にかっこいい

ページ

 

シンプルデザインsarasa designのウェットティッシュケースがガチ目にかっこいい

2018年4月10日火曜日
Sarasadesignwettissue 243A5876 Edit
まさかsarasa designのウェットティッシュケースを手に入れてしまうとは。

身の回りのモノをシンプルでかっこいいモノで”揃えたい”って感じ始めて、まず手始めに小物から始めようということにしました。そこで、真っ先に思い浮かんだのが「ウェットティッシュ」です。あいつら小さいくせにめっちゃ使うなーって。んで、いつも使っているケースがその場を乱していると感じたのでケースを考えることに。

そんなとき、blancoo house(ブランクハウス)を思い出したんですよね。そういえばウェッとティッシュのケースを紹介していたなと。

ということで、今回sarasa designっていうところのオシャレでかっこいいシンプルなウェットティッシュケースを手に入れました。レビュー…というほどではないですが、製品がどういったモノかご紹介します。

sarasa designの製品はシンプルでかっこいい

正直、sarasa designって所知らなかったんですが、調べてみると製品がオシャレでかっこいいモノに囲まれていた。コレに包まれたらシンプリストになれるんじゃね?と思えるほど見栄えが良い(※シンプリストの意味をはき違えてます)

そんなおしゃれ〜なsarasa designのウェットティッシュケースですわ。シンプルでかっこいい。

見た目がかっこいいウェットティッシュ

Sarasadesignwettissue 243A5863
今回、ボクがゲットしたsarasa designのウェットティッシュケースは黒色の物にしました。ケースのカラーは4(Amazonで)色あって、「ウォームグレー」「チャコールグレー」「ブラック」「ホワイト」とあります。

黒色を選んだのは黄ばんだらどうしよう…という心配からです。でも外側はABSなんで10年ぐらい大丈夫でしょ。

Sarasadesignwettissue 243A5861 Sarasadesignwettissue 243A5865 Sarasadesignwettissue 243A5864
フタはコルク&シリコンなものです。シリコンONLYな物も有ったのですがblancoo houseさんの記事(後述します)で、繊維が付くとこのことがあったのでコチラにしました。

製品ページによると、コルクはカビが生えたらどうしようもないというリスクもありますので、繊維をとるか、カビを取るか…で選べば良いかなと思います。

ちなみに、コルクにはシリコン同様にsarasa designのロゴが入っています。

蓋はしっかり閉まってくれる

Sarasadesignwettissue 243A5866
フタはこんな感じになっていて、しっかり閉まってくれます。奥まで入れると「カチッ」ってはまる。ゴムのおかげか奥まで入れなくてもちゃんと封がされている感じでした。

Sarasadesignwettissue 243A5867
パーツはこんな感じ。コルク蓋、天板、入れ物です。右二つがABS素材でしっかり固いモノって感じです。

ウェットティッシュの入れ方

Sarasadesignwettissue 243A5868
我が家では汁コットのウェットティッシュを入れています。コイツはアルコールとそうで無いものがあるので、寝室ではアルコールでは無いものをつかってます。お菓子とか食べた後に手を拭くためにね。アルコールだと荒れる。
専用ケース付いてくるんですが、もうケース要らないのでこの詰め替え用をひたすら購入かな。

Sarasadesignwettissue 243A5869
入れるとすっぽりはまります。もうちょっと大きいタイプのウェットティッシュでも対応できるかなと感じました。

Sarasadesignwettissue 243A5870
天板をするとこんな感じになります。

GIFアニメーションにしてみた

243A5876
なんとなくGIFアニメーションにしてみました。それにしても腕毛がヤバイ。

本体からのウェットティッシュの引き出し、蓋の締めなど、特に問題なく行えました。ある程度重さが増したので、そのまま持ち上がるということはありません。

ということで、sarasa designのウェットティッシュケースのご紹介でした。メチャクチャオシャレ。まだファーストインプレッションですけど、最高です。


まず始めにウェットティッシュから

まずは、ウェットティッシュのような、よく使うくせにあんまりこだわってなかった分野から。寝室周りからまずはこういったシンプルなモノで揃えていきたいなと思っています。

今回のウェットティッシュケース、まじでオシャレ、一目惚れ。心に残ったので行きました。

きっかけになったblancoo houseさんの記事は以下にありますのでどうぞ。

ちなみに、記事によるとallsync_jp さんがプレゼントしてくれたみたいなので、ボクにもプレゼントくれないかなー(チラチラ)と思いましたー。(チラチラ)

次の記事はコチラ

Lightroom 243A4643
なんでウェットティッシュケースを変えようと思ったのか。それは、この本がきっかけですわ。気持ち改革。「ときめくモノ」を周りに置きたいなって思ったので、まずはウェットティッシュからと。そこでsarasa designを選択したと。

まぁ、この本読んだ人は、感化されて行動に起こせるはず。オススメです。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事