やっぱ恋するってステキ! フランスの恋愛映画「アメリ」を改めて見た

幸せな気分になりたくて、唐突に恋愛映画を見たくなってきた。そういう気持ちになるときって急に来ない?幸せな気持ち=恋愛映画って至極単純なんだけど、なかなか効果があるからボクはその手法をとらせてもらっている。

今回選んだのは、2001年のフランス映画「アメリ」だ。主演のオドレイ・トトゥがとにかく可愛らしくて仕草一つ一つにキュンときてしまった。ガーリームービーってやっぱいいわ。目の保養になる。監督は「エイリアン4」のジャン=ピエール・ジュネがつとめた。

「アメリ」は親の考えで周囲から切り離され、孤独のまま成長してしまった女性の話。ちょっとした「コミュ障」といったところ。それでもカフェで働いてるんだけども幼い頃からのクセで空想にふけっている。

そんなアメリがあるとき「他人を幸せにする」ことが自分への喜びだと気づく。アメリなりに他の人を幸せに導いていく中、アメリは一人の男性に恋に落ちていく。

人間的に不器用なアメリ。そして恋。恋愛に対しても不真面目ながら頑張る女の子のお話。

スポンサーリンク

恋ってステキだよね

今回、アメリを急激に見たくなったのでhuluを利用することにした。最近の映画サービスってマジでいろんなモノがあるから良いよね。

なぜアメリなのかというと、何気なくTVをみていたら、この表紙の表情に似た人を何度も見かけた。そういうのをボクは「運命」って思っていてアメリを見なきゃっていう気持ちがフツフツとわき上がっていた。そして、先日の誕生日記事で書いた「Amazon欲しいものリスト」にいれてあった本に「アメリ」について書いてあった。

そういう巡り合わせから、今回アメリを見ることに。絶対運命だよこれ。

空想好きの小さな女の子アメリは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェで働いている。
彼女の好きなことはクレーム・ブリュレのカリカリの焼き目をスプーンで壊すこと、周りの人たちの人生を今よりちょっとだけ幸せにする小さな悪戯をしかけること。
彼女の人生は、スピード写真コレクターのニノとの出会いによって、ある日突然、混乱をきたす。
人を幸せにするどころか、優しい笑顔のニノにアメリは恋心を打ち明けることが出来ない。
アメリの最も苦手な現実との対決、不器用な恋に必要なのは、ほんの少しの勇気。
Amazonより

映画の感想

やっぱフランス映画。言い回しがいちいちオシャレでステキ。どこかくすぐったく、ふふふとなってしまうような、そんなナレーションからスタート。アメリの両親がアレだったため、アメリの生い立ちが軽めに話され、アメリが人間づきあい不器用になる原因が語られる。

わりとかわいそうな生い立ち。両親が特殊だったためそうなったんだなと。それでも不器用ながら、人とつきあい、一応「経験」も済ませていて、カフェで働いているアメリ。とある時に「他人を幸せにする」ことが喜びと感じて、周りの人たちをちょっとだけ幸せにしていく。

ステキヤン。
こんな子。

アメリの恋。実った瞬間、見ているこっちも幸せな気分になる。「こういうキスもあるんだ」って、とてもどきどきさせられました。

映画の感想2

この映画、全体的に色彩がきれいで、オシャレ。ウォーム系のカラーで作られた衣装や部屋などとても温かい気持ちにさせてくれる。

アメリは、「不器用」ということで、色々と回りくどい行動をとる。これも幼いときのことがあってのことなんだろうけど、その「おかしな行動」も疑問無く見れるのは主演のオドレイ・トトゥがかわいいからだろう。

「シーン」多くない?

この映画、恋愛映画なんだけど「シーン」が多い。映画冒頭で「絶頂に達したのは…15組」と絶頂に達している男女のシーンが15組写される。もちろん、アメリ自身の「経験」のシーンもある。ただし、アメリは笑いをこらえるのに必死な「経験」だったらしい。

いや、これも「アメリ」という人物像を描くのに必要だったんだろうな。

最後のキスシーン

アメリと、意中の相手がアメリの部屋の玄関で行う「アメリ式のキス」。

あれ、あの感じ。好きな人との初めてのキス。

あのドキドキを再び思い出させるような、見ていてすごくきゅんきゅんする可愛らしく、大人な、キス、だった。この映画のアメリの「幸せ」はあそこに集約されていく。

そして視聴者(ボクだが?)もあのキスシーンで幸せなのだ。

アメリ見た、幸せだった

アメリを見終わって、僕の話を聞いてくれる人に軽めの感想メッセージを送った。そうしたら「ブログに書いたらいいのに。」とのことで、書いてみることに。

さらっと1000文字ぐらいで終わらすつもりだったのに…やっぱ書き始めるとこうなるわ。

ボクは幸せな気分になりたくて、「アメリ」を見た、そしてやっぱり幸せになれた。もし、幸せな気分を求めているなら、恋愛映画がオススメです。そして、時点でフランス映画の「アメリ」です。

よろしくお願いしまーす。
(今までの映画も書いてみるか?)