ゴリラポッドっていうクネクネ三脚の5kgまで耐えれるバージョンを手に入れた

そうか…500gってペットボトル1本分だもんね…。

自分の中で思っていたことと、実際に体験してみれば違う事って有りますよね。

前々から気になっていた、JOBYの「ゴリラポッド」シリーズを手に入れました。ゴリラポッドってのは、足がくねくね曲がるタイプの三脚で、木や柱に巻きつけたり、色々な角度に変更できたりします。

ゴリラポッドは自由に形を変えられる三脚といえば良いのかな。

その自由度を活かして、ゴリラポッドを使えば、普通に三脚をたてれないような場所でも利用できてしまうという。

物理的に三脚がたてれないところでも撮りたい物ってあるじゃ無いっすか。そういうことが可能なんすよ。

ゴリラポッドならね!!



今回、そのゴリラポッドの「ゴリラポッド5k」に手を出しました。

ゴリラポッドシリーズには「1K」「3K」「5K」とあります。その中でも「ゴリラポッド5K」は、5kgのカメラ(とかそういう撮影機材)に対応したゴリラポッドのことを言います。

ただし、今回手に入れたのは、2017年末に出ていた新型のゴリラポッドではなく旧型の5kです。

何で旧型のゴリラポッドにしたかなどご紹介。

スポンサーリンク

まじで強い、クネクネ三脚ゴリラポッド5K

ゴリラポッド、早速開封の儀

Jobygorirapod5k 243A8680

ゴリラポッドは三脚として「クネクネ動く」ぐらいの特徴しか無いので「開封の儀」をやっていきます。

箱はこんなかんじで、ゴリラポッドがチラ見しています。「GorillaPod」が表記として正しいみたいです。

Jobygorirapod5k 243A8681

箱を観るとゴリラポッドの利用例が有ります。これは縦撮りが出来ますよーってのを言ってますね。まぁ、出来れば水準器も付いてたら最高だった。

あくまで三脚なので水準器は付いてません。

Jobygorirapod5k 243A8685

「意味あるの?」と思える説明書とゴリラポッド本体。めっちゃテカっている。

このボディは高精度削り出しのアルミニウムで構成された堅牢なモノです。これなら「5kgとか余裕で行けそう」って思えるぐらいしっかりしている。

え?重くない?

Jobygorirapod5k 243A8688

過去に、別メーカーのクネクネ三脚(小さい)を触ったことあったので、今回のゴリラポッド5kとのギャップに驚く。いや、重さ500gですからね。ペットボトルと一緒ですからね。それで考えたらこの重さは普通か。

というか、高精度削り出しのアルミニウムで構成された堅牢なボディだから重くて当たり前か。

ポージングさせてみた

Jobygorirapod5k 243A8691

足を開いて

Jobygorirapod5k 243A8694

くねらせて

Jobygorirapod5k 243A8693

せくしーに

Jobygorirapod5k 243A8697

時には大体に。

と、最初の一枚を撮るときに思ったことがあります。

強すぎじゃね?

Jobygorirapod5k 243A8696

まず思ったのが「めっちゃ固い」です。いや、わかるよ。5kg対応させるからね。そりゃそうだろうけど、メチャクチャ固い。めっちゃ固いんですわ。

固くて重いから出来る

Jobygorirapod5k 243A8698

ヤバくね?一眼レフに縦グリップ付けて更にボール雲台付けてても余裕で耐えれている。カメラだけでもだいたい1.5kgぐらい有りますから、相当。

それをこんな角度で支えちゃっている。重心結構上だけど?

いや、これ、やばくね?スゴいぞゴリラポッド。ゴリラポッド自体が重いからこんなことも出来ちゃうのだ!!

Jobygorirapod5k 243A8699

安定度がヤバイ。相撲取りを倒そうとぶちかますと「まるで柱か岩を相手にしているみたいだ」なんて表現があると思いますが、ゴリラポッドもそんな感じで頑丈です。

強い。やはりゴリラと言われるだけ有る。

スポンサーリンク

旧型にした理由は安かったから

Screenshot 126 1000x379

ボクの記憶だと、「ゴリラポッド5K」って1万3千円ぐらいの値段だったと思います。だんだんと時間が経過して1万円台に収まってキタかなーと思っていたところ。「もうちょっと安くなったら買おう」と決めていて、昨年の新型発表でガクッと値段が下がった。

そこから更に更に下がって、一時期4,000円を切る値段で売られていました(ココで買えば良かった)

そこで戻って、今、5,200円台でゴリラポッドが手に入っちゃう。工事と比べるとコレはメチャクチャ安い。だって1/3ぐらいですからね。

コレは行くしか無いと思って踏み切ったわけです。

ちなみにですが、新型は「より丈夫に、さらに安定性を向上」とのこと。

この情報があったとしても、ボクは安い方のゴリラポッドに吸い寄せられました。

もし、ゴリラポッドを安く欲しい人、旧型って選択有りですよ。あと、多分、在庫分だけかもね。

メチャクチャ重くかんじる

ちなみに、なんでゴリラポッドにしたのかという話。ボクが憧れているウェディングフォトグラファーの人がこのゴリラポッドで色々やっているのを観たからです。他にも某海外有名YouTuberがゴリラポッドにEOS 6D MarkII的な物を持って自撮りしてましたからね。(もしかしてあれはゴリラポッド3Kだったのか)

そして、実際にゴリラポッド使ってみた感想ですが、「重い」です。

ゴリラポッド500gに1.5kgのカメラ、ボール雲台、重い。それを自撮り棒的な使い方したら、腕もげますよ。

いやー、筋トレに最適です。筋トレしたい人、自撮り棒の撮り方良いかもしれませんよ!!