「恋は雨上がりのように」加瀬 亮介を改めて観る

眉月じゅん先生による漫画『恋は雨上がりのように』を改めて読み返した。2018年のはじめからノイタミナ枠でアニメ化が行われ、5月には実写映画化がされた作品です。主人公の女子高生「橘あきら」役には小松菜奈さんが、そしてあきらが恋する相手のファミレス店長「近藤正己」には大泉洋さんが起用された。

アニメが終わり、映画化されると言うことで、改めて読み返したわけです。

今回、まだ映画は視聴していませんが、作中にあきらが近藤店長に対する秘める想いを知っているファミレス「ガーデン」のキッチン担当である「加瀬 亮介」(劇中は磯村勇斗さん)について改めて観ることに。

加瀬 亮介といえば、当初の印象はものすごく最悪。「は?なんねコイツ、天罰下れや」ぐらいに思った。店長への恋心を知りつつ、「君と店長はうまくいかない」と言い放ったりしていたから。

それでも話が進むと、加瀬は悩んでいるあきらにたいしてフォローするなど、良い面を見せてくることも。

そんな加瀬をね。

スポンサーリンク

「恋雨」加瀬 亮介、最初はメチャクチャ印象悪い

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 31 25+0900

あきらが持つ店長への恋心を知った加瀬 亮介は、あきらにデートを申し込む。秘密を握られ断ることが出来ないまま、あきらは加瀬とデートすることになる。

ちなみに、加瀬は、彼女の友達にさえ手を出すほど女癖が悪いというキャラクター。チャラ男風だったのでより印象が悪い。

なにが「フー」だよ。

あきらとのデートで言い放つ

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 32 50+0900

そしてあきらがいやいや言ったデートの終わり「君と店長はうまくいかない」と言い放つ。

してやったり顔がよりむかつく。

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 32 54+0900

ふぁーww

とにかく印象が悪い。

スポンサーリンク

血の繋がってない姉に恋い慕う

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 36 14+0900

加瀬には血の繋がらない姉(珠子)がいる。そして加瀬は、姉に対して恋い慕っているのだ。その様子が分かるのがこんな感じである。

加瀬が姉を恋い慕う

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 36 29+0900

フラれる度に、加瀬(弟)の家に愚痴りに来る姉・珠子。

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 36 37+0900

この話で、血の繋がっていない姉弟だということがわかる。

「今では本当に血の繋がってる弟だと思ってるよ。」の発言をスルーする。

そして、加瀬が食べているミネストローネ。

ミネストローネは彼のために作ったモノ

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 37 02+0900

珠子をフッタ相手のために作ったモノだと知り、食べるのが止まる。

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 37 06+0900

加瀬が姉に対して想っている気持ちが読者に刺さる刺さる。

加瀬、お前もつらいんだな

初っぱな、「なんねこのチャラ男」って印象だったけども、加瀬の置かれている状況からその反発としてああいう「女癖の悪さ」に繋がっているのではないか。

そう考えると、加瀬 亮介というやつは、可愛いなって思えてくる。

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 37 12+0900

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 37 24+0900

つれえよ。加瀬、つれえよ。コイツだけのサイドストーリー作れるんじゃねーの?つれえよ。

弟としてみられるのもまんざらでもない

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 37 43+0900

先の話の後にいったちょっとしたデート。本来ならば珠子の彼氏(元)と来るはずだった場所。

「持つべきモノは心優しい弟ね」の姉の発言に。

Koihaameagarinoyounikase 2018 05 28 14 37 51+0900

こうなる。

恋い慕う、そして弟として位置することもまた良しとする。一見チャラ男なコイツ、加瀬 亮介の心の中はとても複雑なのだろう。

読み返してみるとやっぱり良い

Lightroom 2018 05 28 16 04 13+0900

ということで、漫画「恋は雨上がりのように」を改めて読み返しました。今回は加瀬 亮介にのみスポットを置いて観てみました。最終巻では、ちょっとやらかしてアレしちゃいますが、根は良い奴で自身にも密かな想いを持っていたキャラクターでした。

「君と店長はうまくいかない」の発言って、自身に対しての発言でもあるんでしょうかね?

そう考えてくると、やっぱり加瀬 亮介という人物は可愛く見えてしまうのだ。

ただ、女癖が悪いのは良くないと想う。

映画「恋は雨上がりのように」は、毎度の通りディスクが出てからにする。出来れば映画館で観たいんだけどねー。