甘詰 留太の「喰フ女」2感、社会に無価値を喰うシリアルキラーな美人女医

前に記事に書いた甘詰留太さんの「喰フ女」の続巻が出ていたのでご紹介します。

社会的に無価値、無能を好んで喰べる(食べる、殺す)シリアルキラーな美人女医のお話。「死にたがり」があつまるSNS「遺言バンク」に登録されいる人達をターゲットにしてソレを始末する。その後どっかからお金をもらう…的なヤツです。

正直、謎だらけで行動、言動、色々とよく分かってないのですが、2巻が出たので読みました。

漫画を手に入れたのは2018年7月だったのですが、1ヶ月放置して記事を書きます。まだちょっとよく分かってない。正直書こうか迷っていた。

よく分かってないのですが、「喰う女」のストーリーが進んだな、始まったなと思ったのでやっぱり書こうということにしました。

スポンサーリンク

クズ映画の感想を投稿する男性「しねまX」編

甘詰留太さんの作品は何かしら恋愛要素があって、ソレを好んで読んでいたのですが、この作品はどちらかというと、「肉欲」が主となっている。なのでドキドキしないので正直、「うーん」という感想はあります。

シリアルキラーな美人女医さん。自殺志願者の集まるSNS「遺言バンク」でターゲットを探し、次々と喰う。

2巻では、ネットでゴミのように叩かれている映画をわざわざ見て、その感想をネットに投稿するのが趣味の中年男・しねまXがターゲット。2巻だけでは「しねまX編」は完結せず、1〜7話まで収録されている。

自身も無能と認めるしねまXがシリアルキラーな美人女医と関われたことや誰もフォローしてなかった自身の映画感想のアカウントにフォロワーが増え、ちょっとした自信を得る。

実は、「遺言バンク」に登録されていたのでターゲットとして接近されていて、フォロワーに関しては「香ばしいヤツがいる」とネットに晒されていただけだったという。

なんか、「闇金ウシジマくん」で有りそうな話なんだけど、美人女医としねまXの肉体関係を濃密に描くのはこの漫画だからだなと思った。

ターゲット以外の新キャラクターも出てきて、「動き出した」ストーリーだった。正直まだ、「わからない」感じの漫画です。キャラの言動とか、気持ちについて行けてない。

ただ主人公のシリアルキラーな美人女医が「痛み」を感じない生き物なのは分かった。

肉体関係のシーン

検索順位やブログ広告の関係で様々なワードが使えないので「肉体関係」のように描かせていただきます。

甘詰留太さんといえば、成年コミックも書ける人です(というかそっちから来た人)。この漫画はあくあまで一般紙なので、「肉体関係」のシーンでは「挿入部」や「モノ」自体は映らない感じになっている。胸ぐらいは普通に観れます。

ただ、「擬音」「効果音」がすごいね。オノマトペが結構出てきて、それがかなり来る感じです。

「きゅっ♥️」とか「くぷっ♥️」とか「ぐっっっぽ♥️」とか

ね。

すごいね。擬音ってスゴイ。オノマトペってすごい。

参考画像を載せれないのがスマン気持ちでいっぱいだ。

無能とはなんぞや

作中では、趣味が評価の悪い映画の感想を書くバイトな中年男性しねまXが「無能」とされていた。ちょっと「無能」って何だろうって思った。社会的「無価値」とは。

新キャラクターは、シリアルキラーな美人女医さんとは違った主旨で「殺し」をやっていた。ソイツの言い分では、税金を消費するやつら(生活保護とか年金)は殺して良いぞ的なそんな感じのこというてた。

んで、ソレを殺せばお金がもらえるシステムがあると。

どうやってそれ計ってるんかね。

ボクは答えを持ち合わせてないよ?でも、「無能ってなんだろ?」とは思った。

ちょっとそこだけ考えさせられたなーと。



現時点では、残念あがら「続きを読みたいぞ」とは思えてないので、ちょっと「うーん」という感じです。すみません。

次の記事はコチラ

一応、甘詰留太さんの「喰フ女」(喰う女)の1巻の感想も紹介しておきます。よく分かってない感じの感想です。