Tweetbotの通知が遅くなったのは、TwitterのAPI終了があったから

iPhoneで使っている人気Twitterクライアント「Tweetbot」の通知が遅くなった。あああ使えない!!

Tweetbotの通知が遅くなったのには理由があって、それは先日Twitter本体のAPIが終了してしまったからだ。

Twitterが8月16日に新しい通知系API「Account Activity API」を一般公開した。それによって、古いAPIの提供を終了。そしてその中の「User Streams」もAPIが終了した。

「User Streams」ってのが実は重要で、これがいわゆるリアルタイム更新機能にあたるもの。んで、ソイツがダメになった、Tweetbotで通知が来なくなってしまった。アプリの有用性が…。

でもTweetbot的な(苦肉の策ではあるが)アップデートがあったのでご紹介。

スポンサーリンク

Tweetbot、API終了でどうするよ?

IMG 4377 1000x2165

すでにTweetbotのアップデート通知を拾っている人ならコレは目にしているはず。

On August 16th Twitter will disable parts of their public interface that we use in Tweetbot. Because Twitter has chosen not to provide alternatives to these interfaces we have been forced to disable or degrade certain features. We’re sorry about this, but unfortunately this is totally out of our control.

– Timeline streaming on WiFi is now disabled. Your timelines will now refresh automatically every 1-2 minutes instead.
– Push notifications for Mentions and Direct Messages will now be delayed by a few minutes.
– Push notifications for Likes, Retweets, Follows and Quotes have been disabled. We’ll be investigating bring some of these back in the future.
– Activity and Stats tabs have been removed.
– Watch app, which depended heavily on Activity data, has been removed.

平たく言うと、

「Twitter本社のおかげで、Tweetbotで使えていた機能が使えなくなったぜ。Twitterは代わりの機能を俺らにくれないみたいだ。だからいくつかの機能が無効になったり、機能的な低下がある。すまんな。アッチの決定なんだわ。」

といったような謝罪文章から始まり、

  • Wifiでのタイムラインストリーミングが無効になった、代わりに1〜2分ごとに自動更新する。
  • メンションやDMは数分遅れでいくぞ
  • いいね、RT、フォロー、QTのプッシュが無効になった
  • 「アクティビティ」と「スタッツ(統計)」タブは消した
  • Apple Watchアプリはもう消す

って感じです。

Twitter的には広告だらけでメッチャ使いづらい公式アプリを使って欲しいのかね。それでこう言う処置をとったのかね。

ちなみに、例にTweetbotを挙げただけで他のTwitterクライアントにも大打撃であるのは間違いない。

スポンサーリンク

一部はマストドンへ以降?

Twitterのタイムラインに流れてきた投稿だったので信憑性はないけど、今回のTwitterAPI騒動で、一部のユーザーは「マストドン(Mastodon)へ行こうぜ?」的な事を見た。

Mastodonとは、Twitter的なそう言うサービスだ。一時使ってみたがTwitterとの差異をあまり感じなかった(文字制限の有用性ぐらい?)からTwitterを使っていた個人的な経緯がある。

でも今回のような「ユーザーが満足していたのに使えなくなる」といった処置が行われるなら、他のSNSに流れちゃってもしょうがないんじゃないかなーと思います。

現状として、Twitterに依存する必要性が皆無なので、個人的には離れても良いのかなとは思います。ただ、企業やおっかけているアーティストさん達はおそらくまだまだ使い続けるだろうから、それを追っかけるのには必要なのかなーと。

個人的には、FacebookとTwitterだと比率が8:2ぐらいの使い方なので、まぁFacebookに残りますわ。