喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

撮影機材

プロではないけど撮影機材のキャリーバッグが欲しい

更新日:

最近、なぜか写真の仕事を頂く機会があり、そのときにはいくつかの撮影機材が必要なパターンも出てきました。たとえば、「ライトスタンド」といわれるストロボをたてておく脚だったり、ディフューザーをたてかけるためのポールだったり、とにかく色々な機材を持ち運ぶ必要が出てきました。

そうなってくると、そういったたくさんの機材を運ぶカバンが必要になってきます。これまでずた袋的なものに入れてきたのですが、さすがにそれではアカンだろう…ってことで「撮影機材のキャリーバック」を調べてみることに。

今回は、ボクは決してプロではないので、そんなボクでも「手を出して良いんじゃ無いか?」「持っていても良いんじゃ無いか?」って感じの値段帯でキャリーバックをいくつかピックアップしてみました。

※最終的に選んだキャリーバッグを記事下に追記しておきました。

こんな方におすすめ

  • 撮影機材を持ち運ぶカバンを探している
  • そんなに高いモノは要らない
  • できればちゃんとしたのが良い

スポンサーリンク

撮影機材を運ぶためのキャリーバックが欲しい

ボクが求めるキャリーバックの条件

ひとえに「キャリーバック」といっても、実はたくさんの種類が存在していました。そんな中でも僕が必要だなと思ったキャリーバックの機能はコチラ。

ボクが求めるキャリーバックの機能

  1. 割と容量が入る
  2. しっかり固いモノが良い
  3. キャスターを完備している
  4. 高く無いものが良い

ざっと列挙するとこのような感じです。先にも言いましたけど、ボクはプロでは無いのでそんなプロ機材を求めているわけではありません。それでも左記の条件をのむモノを探しています。

容量に関しては、もしかしたら今後大きいストロボ(スタジオストロボ的な)を運ぶかも知れないと言うことがあるので未来を考えて必要かなとか思っています。そもそも家にあるライトスタンドが実は割と長いので、その当たりも考慮しないといけません。

硬さについては、なんか安いモノだと脆いらしいんですよね。ちゃんと調べてない、実際にモノを触ってない実際に運営してないのでなんとも言えませんが、壊れたらやじゃ無いですか?だからその当たりは考えたい。

そして、「キャスター」については必須レベルだと思っています。

最終的には値段がネックになってくるんでしょうね。「運ぶだけでしょ?」でその値段出せるの?ってなる。

そんなことを考えつつ、いくつか列挙してみます。

Fomito FB-06 94x34x25cm

Godox社の製品を多々取り扱っているFomitoが出しているキャリーバック。外寸が94x34x25cmという大きさなので、ある程度のモノが入ると予想されます。

レビューによると「大形アンブレラ」「蘭とスタンド4本」「三脚などの長物」を運ぶのに重宝しているというモノを見ました。個人的にはその当たりの大きさを運ぶのでこれぐらいが良いのかなとか思っています。

値段的にも1万2千円台なので許容範囲です。ちゃんとキャスター付き。

Fomito FB-01 114x33.5x24cm

先と同じくFomitoのキャリーバックです。

コチラはGodox DE300のような大きいスタジオストロボでも3tuぐらい入る容量とのことです。先のFB-06にはなかった「防滴・防水・防カビ素材」の文字が…。

NEEWER Style I-96x39x29cm

こちらは安い撮影機材でお馴染みNeewer(ニーワー)のキャリーバックです。いくつかスタイルが存在していて、ボクの中でしっくりくるサイズのがコチラです。

他に無い特徴としては、バック外部にもストロボなどを入れられるバックがついているところですかね。

ただ、何故かコチラの製品だぜずば抜けて高価です。なぜだ…。

たぶん、海外で購入すると安いです。

あと、過去には1万4千円ほどで売られていたらしい。

NEEWER Style I-77x28x27cm

先ほどのキャリーバックより一回りほど小さいモノです。先の特徴であった外部バッグは存在せず、シンプルな作りです。

お値段敵にも手を出しやすい価格です。

ただ、ちょっと小さいのでは?と思っちゃいました。

スポンサーリンク

FomitoかNEEWERか

ということで、調べつつ書いたのですが、個人的にはFomiotのFB-06NeewerのStyle Iの大きい方かな?とかおもいました。

他にも「取っ手がキャリーバックみたいに伸びる」やつだったり、マンフロットやベルボンなんかのブランドが出している物も有りました。ただ、急激に値段が上がっちゃうので「うーむ」ってことから今回は紹介しませんでした。

さーて、どれにしちゃいましょうかね…。

追記、やっぱりコレにしました

撮影機材を入れるキャリーバック
撮影機材を入れるキャリーバック

撮影機材を入れるキャリーバックを考えていて、最終的に選んだキャリーバックを紹介します。最大110cmまでの長いものが入り、三脚やライトスタンド、アンブレラなどを入れられます。持ち手は2種類有って、リュ ...

続きを見る

大変申し訳ないのですが、最終的に選んだのは全く別のメーカーで全く形状が異なるキャリーバッグでした。

記事にしたのでもし良かったらご覧下さい。いや、まじでよいよコレ。


Momentを手に入れるならこのショップ!

-撮影機材
-,

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.