喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

撮影機材

Sigma 14-24mm f2.8 のホルダーをどうしよう問題 NiSi&KANI

とても悩んでいる@kissatenです。何を悩んでいるかというと、先日紹介した超広角レンズ「Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM Art」専用のホルダーです。

そう、ホルダーなのです。

ホルダーとは、Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM Artのような通常のフィルターを付けれないレンズに、「角型フィルター」などを取り付けるためのアダプターのようなものです。「Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM Art」を見てもらったらわかりますが、レンズの先端が「花形」になっていて、通常の円形フィルターは付けれないようになっています。

そこで、ホルダーを付けることで、そういったフィルターを追加できちゃうんですよ。

「フィルター?何に使うの?」って話なんですが、ぶっちゃけこの超広角レンズで風景を撮りたいんです。そして風景を撮るのに必須なのが「NDフィルター」なんですよ。そのNDフィルターを取り付けるのにホルダーが必須というわけですわ。

Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM Artで、本気で風景とか、変わった表現したい人にはこのホルダーは絶対に手に入れなければならないのです。



ってことで、Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM Artに対応するホルダーを調べてみました。すると、「NiSi」と「KANI」というメーカーがヒットしたわけです。

スポンサーリンク

Sigma 14-24mm f2.8 でホルダーを使いたい

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art A018 | Canon EFマウント | Full-Size/Large-Format

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art A018 | Canon EFマウント | Full-Size/Large-Format

135,240円(11/13 22:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

前の記事でも紹介しましたが、Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM Artは最高に手に入れて最高に良かったと思えるレンズです。

軽めに風景をとっても、それはそれでとても素晴らしく「あぁ~いいわ~」ってなります。

んで、あくまで例ですが、これがSigma 14-24mm f2.8 DG HSM Artで撮れる風景作例です。これはガッツリLightroomで編集やってます。

ガッツリやってるけども、やっぱり限界があるんです。5D Mark IVもそれはそれは良いカメラなのですけど、ね、やっぱ限界はある。表現したい感じにならない。

いや、これくらいからいいんですけど、明るいとカメラのF値とかISOとかシャッタースピードの関係で表現の限界が出るんですよね。

山と空を同時に写したことあるひとならわかるとおもうんですけど、空に合わすと山が暗くなるし、山に合わすと空が真っ白になっちゃうし…で人間の目が勝手に補正している雰囲気には到底ならないんです。そういうときに使うのが「ハーフフィルター」と言われるやつ。

そいつがあるだけでもだいぶ表現の幅が広がります。可能性が広がります。



ん~でも、さっき書いたように、Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM Artにフィルターを使うにはホルダーが必須と。やりたいことはあるんスけど、それにはどうしてもホルダーの壁があるんスよね。

ってことで軽く調べて2社が出ました。

NiSiとKANIの2社

S5 PRO CPLキット Simga 14-24mm f/2.8

S5 PRO CPLキット Simga 14-24mm f/2.8

Amazonの情報を掲載しています

1社目にみつけたのはNiSiという会社です。まだ記事に書いてないですが別のレンズで使っている可変NDフィルターがこちらの会社でした。そのNDフィルター自体はとても制度がよく、その会社が作っているから良いんだろうなーってお思います。

こちらのキットは、CPLフィルターが入った「キット」です。角型フィルターを使うだけなら「S5ホルダー」とレンズごとに存在する「S5レンズアダプター」があれば事足ります。こちらのセットは、そこにCPLフィルターや専用のバックが入っています。そのおかげで少しだけ高いです。

ただ、運営を考えると、「いやケースいるでしょ?」となっているので割と良いキットだなと思っています。CPLフィルターが加われば、海や空が「映えた」写真が撮れます。本来人間が感じている色合いをより良い感じに引き出してくれるフィルターです。なので、もしNiSiを手に入れるとしたら、こちらのキットでいいのでは?と思っています。

S5 ランドスケープCPLキット Simga 14-24mm f/2.8

S5 ランドスケープCPLキット Simga 14-24mm f/2.8

55,000円(11/14 07:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

ちなみに、こっちのほうがより自然感がすごいフィルターが入っているようです。その分高い。

んで、こちらが2社目のKANIです。ペンギンのマークですけどKANIです。こちらも色々なフィルターを出している会社で、日本でもユーザーが結構いるなーと認識しております。値段的にもNiSiより安い印象です。各フィルターと揃えてしまうのも有りかなと。

スポンサーリンク

NiSiとKANI、どっち?

はい、ということで、とりあえず調べて出てきた2社を紹介してみました。他にも海外のメーカーだとか、どうみても中華なところだったたり、それはそれで安いんですが、NDフィルター系ってメーカーをミスっちゃうと全く使えないんスよね。某メーカーのを買ってみて、めっちゃ減光とか色かぶりとかして激ムカついた記憶があります。

なので、まともなメーカーとしてこの2つを選択させていただきました。

さて、どうしたものか。

僕がこういうのを買うときは色んなレビューを見ます。まずブログを探して、次にYouTube、そして海外サイト…。

それによって僕が導き出したのは、NiSIは海外にもユーザーが居る…という点。

僕は日本人ユーザーを信じてないのではないですけど、僕は地球に住んでいるので地球規模で考えています。日本だけの評価を見るということは、ただの井の中の蛙なんです。なのでワールドワイドで評価を得ているNiSIがかなり濃厚な選択肢です。

ってことで、Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM ArtのためのホルダーはNiSiが濃厚です。

濃厚…でも…値段が…高い…。

値段が高い…。

角型NDフィルター自体もめっちゃ高い…。

風景写真ってめっちゃ出費いるんですよね…。

ライトユーザーな風景写真で3万ぐらい…ガチだと数枚NDフィルターが必須なので10万とか超えてきそう…。

怖いー。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art A018 | Canon EFマウント | Full-Size/Large-Format

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art A018 | Canon EFマウント | Full-Size/Large-Format

135,240円(11/13 22:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
S5 ランドスケープCPLキット Simga 14-24mm f/2.8

S5 ランドスケープCPLキット Simga 14-24mm f/2.8

55,000円(11/14 07:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

-撮影機材
-,

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.