喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

撮影機材

Sigma 14-24mm F2.8 DG HSM用のNiSi製フィルターシステムを試す

Sigmaの広角ズームレンズ14-24mmF2.8でNDフィルターを使ってみたーーーい、という記事を書いたらまさかのユーザーさんにフィルターシステムをお貸しいただけました。ということで、体不自由ながらもSigma 14-24mm F2.8で広角風景写真を撮ってきました。

今回使うことになったのは、先の記事でも使ってみたいと思っていたNiSi製のSigma 14-24mm F2.8DG HSM用のフィルターシステムです。NDフィルターもCPLフィルターもGndフィルターもお貸しいただいてハッピーです!

今回、ぶっちゃけあんまり撮れませんでしたが1ヶ月ほど触らせていただいた感想とか紹介します。

スポンサーリンク

NiSi製Sigma 14-24mmF2.8DG HSM用フィルターシステム

まずフィルターシステムとはなんぞやということなんですけど、通常のレンズだとくるくるくると回してフィルターを付けれるのですけど、Sigma 14-24mmF2.8DG HSMなどの出目金レンズだと、そういったフィルターが取り付けられないんです。なので、専用の「フィルターホルダー」を取り付けて、そのうえにフィルター…主に「角型フィルター」を取り付けるんです。

風景写真とかになると「超広角」系のレンズがほぼ必須で、そうなってくるとどうしてもこういったフィルターシステムが必要になります。

Sigma 14-24mm f2.8 のホルダーをどうしよう問題 NiSi&KANI

とても悩んでいる@kissatenです。何を悩んでいるかというと、先日紹介した超広角レンズ「Sigma 14-24mm f2.8 DG HSM Art」専用のホルダーです。 そう、ホルダーなのです。 ...

続きを見る

先の記事でも紹介しましたけど、いくつかのメーカーがあって、そのなかのNiSiをお貸し頂いたと。



貸してもらったのはいいんですけど、これ、めっちゃ高いんスよね。だって、フィルターホルダーキットで諭吉さんが5枚消えるほどです。さらに、そこにフィルターが入ってくるという…。さらにさらにいうと、フィルターってガラスナので傷がついたら終わりなんです。お借りしている時、やっちゃわないかめっちゃヒヤヒヤしました。

スポンサーリンク

NiSiのS5シリーズ、ランドスケープCPL

今回お借りしたのは、こちらのS5ホルダーシステムのキットまるまるとNDフィルターを数枚です。

ホルダーは対応するレンズがそれぞれあって、レンズそれぞれに専用のホルダーが用意されています。このS5キットには、Sigam 14-24mm F2.8 DG HSM用のホルダー以外にケースやランドスケープCPLなども入っています。注意したいのが、Sigmaの14-24mmの中にも種類があることですね。あくまで今回お借りしたのは「DG HSM」用のやつなので、別のマウントの同径のものには刺さらないと思います。

なかにあるランドスケープCPLってのは、いわゆる「PLフィルター」のすげーやつ的な感じで覚えておけばよいです(厳密には違う)。より海や湖、森の緑などを自然な見た目の色合いにしてくれるフィルターです。

S5ホルダーにはギアがあって、それのおかげでランドスケープCPL(S5専用丸形フィルター)を回転させれます。

回転できるので、PLフィルターのかかり具合を取り付けたまま調整できるってことです。賢いシステム。

角型NDフィルターは150mm

一緒にお借りしたNDフィルターは、角型フィルターの150mmのものでした。角型フィルターは100mmとかもあるみたいですけど、こういった大型のレンズだと150mmぐらいないとカバーできないんだなーと。

ちょっとAmazonになかったので違う製品の紹介ですけど、こんなかんじでNDフィルターが存在します。僕がお借りしたのはND1000となんかハーフなやつです。(ハーフの製品名忘れました)

とりあえず僕が撮りたい写真を伝えて、それを実現できそうなやつがこちらになります。

ちなみにですが、14-24mmの14mm側だとけられてしまうのでだいたい16mmで撮影しています。



もうあれっすね、能書きは良いので写真を紹介。

NiSiのS5フィルターシステムで撮影した風景

今回、三脚を立てて撮影しました。三脚とレリーズを使って、バルブ撮影で海を収めます。

SS 1/400秒/F3.2/16mm/ISO250

普通にそのまま撮るとこうなります。NDフィルターとハーフNDフィルターを使って、「海の流れをなめらかに」しつつ「空を見やすくする」をやってみます。

SS 70秒/F11/16mm/ISO250/NiSi ND1000/Gnd 16

はい、その結果こんな感じになりました。ハーフND入れたので空もいい感じに見えてますね。

NDフィルターで長時間露光することによって、岩などの動かない物体はそのままで、波などの流動的なものは連続的な残像となって最終的にはなめらかな何かになっちゃいます。波しぶきはたくさんあればあるほど「霧状のなにか」にかわってくれます。

もちろん、雲も時間とともに流れていくのでブラシでなぞったような雲に。木についている葉っぱは風で揺れるのでぼやけた感じになります。

そして更に追い込んだりPhotoshopして自分の作品として完成します。これは流石にアサヒカメラさんに怒られる現像なのではないかなーと思います。でも自分はこういうの好きなのでいいなと思ってるんですわ。

そんな感じでこんなものが撮れます。

NiSiのS5フィルターシステムを使ってみた感想

ってことで、NiSiのS5フィルターシステムを使って、Sigma 14-24mmF2.8 DG HSMでNDフィルターフィルターを楽しみました。こういう風景写真自体を撮影したことなかったので三脚を持って移動…ってのがけっこう大変でした。移動して現地について、それでレンズにフィルターを付けて…しかも傷つけないように慎重に…と。1枚撮るのに1時間近くかかっちゃったりして、色々と楽しめましたね。

撮って家に帰って現像、そして出来上がってる写真がいい感じだとなお嬉しい。

僕の知っているNDフィルターの写真からすると雲泥の差なのですが、「なるほど、こういうのをやっていけばいいのか」は見えました。

ちょっとした期間でしたが、購入意欲がめちゃくちゃ上がっちゃったのは言うまでもないです。

早く自分のものを手に入れて、モット数を重ねていきたいですね。

総額が半端ないですけど…いつか…。

Momentを手に入れるならこのショップ!

-撮影機材
-,

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.