子供 読み物

「親ばか」という沼に入りました

OK、なるほどこういう感じね。

「親ばか」って言葉があって、ハイパー溺愛しちゃうタイプの人のことやね。それの「沼」があるとしたら、僕はもう浸かってしまった。もう下半身ぜんぶ沼の中だわ。いやもしかしたらすでに沼の中に全身使っていて、「まだ親ばかではない」と認識しているだけかも知れない。

生まれてから二日目の日、僕はカメラで撮りまくった。

1日目もすでにめっちゃ撮ったんだけど、二日目はどれだけやってよいかがわかったのでめちゃくちゃ撮りまくった。

Twitterで言われていたように100mmマクロを持っていってね!

ってことで、写真を紹介。今回はついでに動画も一眼レフで撮って、いい感じにしました。ぜひ見てほしい。

スポンサーリンク

我は親ばかなり

二日目、見に行ったらすでにミルクを飲んでいた。飲んでいたのですぐに構えて撮影した。ミルクを飲むシーンだけでも数十枚は撮影した。

飲み終わりベッド(?)に移される我が子。指なんかくわえて、こっちを見ている(ただし見えてはいない)

カメラの音におそらく反応している。静音モードでとってもちょっとは音が出るからね。

頭をなでてやった。ふははは、頭をなでてやったぞーーー!

微笑んでいるように見えるでしょ?実はこれ、くしゃみをシた後の顔です。

そんなこんなで280枚ほど撮影を終えました。「抱っこする?」と言われたのですぐに抱っこのポーズに。カメラなんて床においちゃいましたからね。そして抱っこタイム。

腕の中にいる小さな生物。

それまでぼくの痛み止めが切れかけ体がめちゃくちゃ痛かったんだけど、抱っこしている間、そんな感覚消えるですね。なんか脳内麻薬的なのがきっと出ている。めっちゃ抱っこしてた。

めっちゃ長い間抱っこしていた。

耳元て、「時には昔の話を」を歌いながら、僕を認識してもらった。

腹に入っている間は「おーい」「こんにちはー」とずーっといっていたので、それもいってみたら、顔つきが変わった。きっと腹でも聞こえていたんだろう。

これが、生き物、命なんだな。

スポンサーリンク

動画を撮ったからぜひとも見てほしい

これがその動画です。撮影はEOS 5D Mark IVとEF 100mmマクロです。スタビライズがうざくて、カクカクってなるときがあります。それ以外はきれい。

Davinci Resolveでグレーディングして、僕のスキなコダック調のLUTをあててあります。

日によって担当している人たちが違うので、この人も「こんな撮っていく人はじめて」と言われました。そもそも一般の人とは撮影に対するスタンスが違うと自負してますから当然です。

あと、「病院でこの動画使いたいわー」と翌日言われたのは嬉しいですね。使っていただけるならぜひ使ってほしい。それ用に編集するし。

世界一安全な場所、それはフォートノックスでも、エアフォースワンでもなく、母の腕の中なのでした。

親ばか沼にHere we go

秘密結社パパズについて、親ばか沼にハマってしまいました。

ちなみに3日目は抱っこに集中したかったので機材は置いてきました。それぐらい重要度が違いますね。

3日目ってことで、沐浴が有り、髪の毛のベタベタも撮れていました。

だんだんいろんな皮もぽろりぽろりと剥がれていくとかなんとか。

とりあえず、親ばかをやります。

P.S.
プレゼント送ってくれた人たち、ありがとうございます!

Momentを手に入れるならこのショップ!

この記事 どうでしたかー?

-子供, 読み物
-,

© 2020 喫茶店の部屋