喫茶店の記事

漫画

2015/10/8

西尾雄太 『アフターアワーズ』を読む。ガールミーツガールは良い

後で気付いたことなのですが、小学館「月刊IKKI」(休刊)で拝見した「入り勝ち」(いりがち)を書いていた西尾雄太さんの漫画を手に入れました。 小学館「ヒバナ」が発刊してから見させて頂いている「アフターアワーズ」です。 『ケイちゃんといると、新しい世界が開けていくー新感覚!キラメキとトキメキのガールミーツガール青春楽譜。』 これはコミック裏に書かれている文句。まさにこの通りの漫画です。

写真

2015/10/6

ダンボーの写真を撮影。コンセプトはない。

身体の調子が良い時でないとなかなか写真撮影をしようという気にはなれなくなってしまった。それでも、この日は「写真を撮りたい」という気持ちが体の状態を勝ったので、足を引きずりながらでも「ダンボー」さんを撮影させて頂いた。 「写真を撮る」といっても、そんなに遠くに行けないので、家の壁伝いにいくつかの写真を撮影させて頂いた。 ダンボーさん、やっぱりいいよね。この表情を出せる人間がいるのだろうか?被写体として立派に果たしてくれたダンボーさん。 カメラはCanonのEOS 40Dを使った。

漫画

2015/10/2

ドロヘドロ20集、「アイ」の過去が少しだけ齧れる

小学館「IKKI」の休刊騒動などがあって「うわー、ドロヘドロどうなるんだよ!20巻で終れるの?」なって思っていたら、20巻は最終巻じゃなくなって逆に安心していたところです。 ということで、2015年9月末に林田球先生の漫画「ドロヘドロ」の20集(巻)が出てくれたわけです。早速手に入れましたよ。 2000年の後半から始まって約14年(15年)も連載しているこの漫画。いくつかの「伏線」回収していく、つまり、終わりに向けているのでオモシロイんですよね。ぶっちゃけ連載中の雑誌(小学館「ヒバナ」)で読んでいるので話 ...

ニュース 漫画

2015/9/30

ドロヘドロ、カイマンフィギュアの詳細が公開される。超カッコイイ!

僕が小学館の漫画雑誌「IKKI」と出会った頃からすでにやっていた、林田球さんの作品「ドロヘドロ」。その漫画に出てくるトカゲの頭のキャラクター「カイマン」のフィギュアがthreezeroの手により手がけられました。 threezeroさんと言えば、高クオリティのスーパーな可動フィギュアを提供することで有名で僕の身分なんかが手を出してはイケナイぐらいちょう素晴らしく高いフィギュアが多々あります。カイマンも例外ではない。 いや、でも、その値段はやっぱり「高クオリティ」を考えると「妥当」だと思える値段なのですよね ...

My Favorite

2015/9/28

G-SHOCKのアナログとデジタルの表記がずれていたので調節して戻す

壊れない時計としておなじみのCASIOが出しているG-SHOCKシリーズ。僕も若い時にこの時計を購入して、9年以上たついまでも普通に動いてくれる素晴らしい時計です。 この時計(GW-1700BTJ-1AJF)はタフソーラーが搭載されていて、自動的に充電してくれるという奴です。なので放置していても動くのですが、とあるタイミングで暗いところにおいて居たため一瞬ですがバッテリーがない状態になりました。 そのおかげか、アナログとデジタル時計が2分ほど遅れちゃったのです。 この時計は電波時計対応なので、正しい時間を ...

MacBook Pro

2015/9/27

複数ページのあるwebサイトを自動的に表示してくれるChromeの拡張機能AutoPagerize

ページまたぎがあるwebサイトって、文量が多くてわざわざ分けてくれているのはわかりますけど、ぶっちゃけwebクリップする側からしたらうざったくてしょうがないです。 特に、技術掲載とでそのような「心遣い」を受けるのですが、やっぱ1ページで保存したいわけです。 もちろん、保存する側の工夫次第でどうにでもなるのでしょうけどね…。 ということで、そんな時に使えるのがChromeの拡張機能AutoPagerizeです。ページまたぎがあるサイトなら自動的に適応してくれる奴です。

GUMI My Favorite

2015/9/19

嫁氏からのジブリ土産 ポルコロッソのキーホルダーとメタルチャーム

GUMIさん(嫁氏)が小旅行のお土産にジブリグッズを買ってきてくれました。前回の小旅行でも、僕が好きなジブリ映画「紅の豚」関連のグッズを買ってきてくれたGUMIさん。 今回は、「紅の豚」の主人公こと「ポルコ・ロッソ」のキーホルダーと「天空の城ラピュタ」関連のメタルチャームを買ってきてくれたわけです。 今夏のは小さいながらも僕の心を十分につついてくれる物でした。

漫画

2015/9/15

眉月じゅん「恋は雨上がりのように」3巻 店長への想い

先日、小学館の雑誌「ヒバナ」で一目ぼれした、 眉月じゅんさんの「恋は雨上がりのように」を1・2巻一気に読み上げました。 もうね、「恋」っていいですね、なんか「うぅ〜」ってなっちゃうのね。 「恋は雨上がりのように」は、17歳の女子高生が、バイト先の店長(バツイチ)に恋をしているという話。そしてその気持ちを打ち明けたのが「1巻」でその後の話で邪魔が入ったのが「2巻」と言う感じです。 その記事を書いたのが、「恋は雨上がりのように」の3巻発売日である2015年9月11日だったので、そのまま「恋は雨上がり ...

My Favorite ニュース 漫画

2015/9/13

カイマンフィギュアの詳細!MHzより先行予約

ああ、なんてこった。我が愛する漫画「ドロヘドロ」の謎めいた主人公「カイマン」のフィギュアがthreezero制作より販売する。数カ月前から待ち望んでいたフィギュアの実態が遂に現れようとしている。 今回は、「ドロヘドロ」製品を扱ってくれる非常にありがたいアパレル「MHz」さまのブログより、カイマンフィギュアについての詳細が報告された。やっぱ販売はMHzなのねとかおもいながら、「ああ、やっぱthreezeroさんのフィギュア高ー」とかね。うん。 フィギュアの写真や製品についての詳細、MHzの予約受付なんかが書 ...

漫画

2015/9/11

眉月じゅん「恋は雨上がりのように」を衝動買いしてしまった

小学館「ヒバナ」を読んでいて、別雑誌の連載漫画「恋は雨上がりのように」が出張で2話だけ公開されていた。17歳の女子高生と、彼女が恋するバイト先のファミレス店長の物語なんですが、その2和を見ただけで出ていた単行本を衝動買いしてしまいました。 この手の本を手に入れるに辺り、一度GUMIさんの検問を通さないとイケナイのですが、その検問もすんなり通せたので良い漫画なんだなと。 ところが、2巻に出てくるキャラクターがものすごくうっとうしいなと感じてしまった。

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.