読み物

読み物

2012/12/13

ドロヘドロ15巻 会川、十字目のボス、アイ・コールマンとは.

この巻はとってもとってもワクワク感があります.なので次巻を買っておくことをおすすめします.

読み物

2012/12/13

ドロヘドロ14巻を読んだ.二階堂の覚醒、期待される藤田.

ネタバレを含む可能性が高いです.月刊IKKIで連載中の林田球(著)のドロヘドロ.14巻は二階堂が自分と向き合い、自分の魔法を使う努力をします.

読み物

2012/11/5

ドロヘドロ13巻 林田球さんっぽい作品 人妻ハルが表紙.(バレあり)

ドロヘドロ13巻について書きます.人妻ハル(悪魔)が表紙な13巻. 十字目のボスが復活し、煙ファミリーがほぼ壊滅してしまい、その後のお話. ネタバレがあります.

読み物

2012/10/22

林田(著)ドロヘドロ12巻 人妻ハルとターキーが 便利なハナシ(バレあり)

謎が深まり解き明かされつつ有るドロヘドロ12巻の紹介です.ドロヘドロはみんなが出会うべきマンガと僕は言いたいです.是非オススメです.と言いたいけどグロ耐性ない人にはおすすめできないマンガ.

読み物

2012/10/22

ドロヘドロ第11巻 カイマンの正体がわかる?(バレあり)

林田球、ドロヘドロ11巻をお伝いするべく現れた喫茶店(@kissaten)です.ドロヘドロを1~10巻まで一気に購入して、11巻をついにてにいれました .現在月刊IKKIにて連載中のドロヘドロ!この世界観が好きです!

読み物

2012/10/7

ドロヘドロ10巻 逃げ切れないニカイドウ、カイマンの素顔.

小学館 月刊IKKIで連載中の林田球(著)ドロヘドロ10巻の感想です.「時を操る魔法使い」の二階堂をどうしてもパートナーにしたい煙ファミリーのボス煙(えん)は、ついに二階堂に追いつきます.その時見せたカイマンの素顔が・・・.

読み物

2012/10/6

ドロヘドロ9巻 カイマンの過去、ニカイドウの育ての親、タックさんの過去が開かれる.

自分が何者かわからず、その過去を追うカイマン.そして、その助けをするニカイドウ.むかし、栗鼠の板学校に向かったカイマン達.カイマンはそこで何かを思い出してしまう.過去を拾いつつ、ストーリーが進んでいくドロヘドロ9巻でした.

読み物

2012/10/6

ドロヘドロ8巻感想.林田球の世界に引き込まれていく

ドロヘドロ8巻は話の区切りがあります.ホールの世界から魔法使いの世界に飛ばされたカスカベ博士やその他大勢がホールの世界に戻る決意をする話しです. また、それぞれのキャラクターの過去が見られそうな巻となっています.

読み物

2012/10/5

ドロヘドロ7巻 大きく動いたのはニカイドウ、鳥太、春日部博士!

またまた手に入れてしまった林田球(著)ドロヘドロ7巻の表紙はカスカベ博士とジョンソンでした.パイ合戦、煙とニカイドウの契約書、カイマンの口の中の男、魔法使いの秘密、カスカベ博士の相方、心先輩と能井の信頼関係、恵比寿はやっぱり可愛いということが分かる巻となっています.もう一度言います.恵比寿は可愛い!(*゚ー゚)

読み物

2012/10/4

ドロヘドロ6巻 捉えられた二階堂とそれを追うカイマン(バレあり注意)

ドロヘドロ6巻の感想を書きます.前回5巻を読み終えて「うおぉぉお~」となってしまった喫茶店ですが、この6巻でも「うぉおおぉおぉ~」となってしまいました.そんな6巻の紹介をします. あいかわらずネタバレを含みます.下記グロ有り

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.