iPhone ガジェット

小型なワイヤレス充電器 Epeios

小型なワイヤレス充電器 Epeios

iPhone 8あたりから我が家では当たり前の存在になったワイヤレス充電器。そこから大体3年ぐらいがたち、ワイヤレス充電器も小型になってきた。

今回、 Epeiosエペイオス(Epeios)というブランドから提供を受け、ワイヤレス充電器をレビューすることになった。iPhone12から搭載された磁力でアクセサリを取り付けるMagSafeを使えるワイヤレス充電器だ。iPhone12のMagSafe自体、このレビューを受けるまでは無視していた機構で、今回それを経験した。

先に伝えておくが、僕が今使っているMomentケースではMagSafeは使えなかった。薄手のケース、もしくは裸でiPhoneを使うユーザーならばこの機能は使える。

そういうことを踏まえてレビューする。

こんな小型に・・・なったのね。

スポンサーリンク

Epeios 小型のワイヤレス充電器

家にあるワイヤレス充電器を見渡してみると、どうもそれぞれが野暮ったい大きさ、分厚さになっている。分厚さは・・・なんだろう、けっこうに多様な分厚さで、テーブルの上に置いてあるとけっこう存在感がある。ちょっとした大きめのコースターぐらいあるワイヤレス充電器達は、Epeiosを見た今から見ると、やっぱおおきく感じる。

今回提供頂いた、Epeiosのワイヤレス充電器は、以下のようなスペック。

  • iPhone12から搭載されたMagSafe対応
  • わずか5.7mmと超薄
  • 直径62mm
  • 最大15W出力で、最適な急速充電器
  • 厚さ5mm以下、非金属製のケースなら付けたままでも置くだけで充電

抜粋するとこんなところだろうか。やはりその大きさ、薄さが素晴らしく良いなと思う。MagSafeはマグネットでiPhoneに貼り付けて使うというコンセプトのモノ。なのでデカイと邪魔になる・・・ってことでこの薄さ、この小ささなのだろう。iPhoneの背面に来ていても、全然邪魔には成らない。

ケーブル自体も細めに作られており、取り回しも良いという印象。「これがMagSafeなのか・・・」と少し便利さを感じた。

充電速度で、最大15Wと書いたが、この15Wに対応するのはそれに対応するAndroid機だと書かれている。iPhoneにおいては7.5Wほどになる。iPhone12シリーズだと約3時間で充電するとのこと。以前にモノに比べると格段に早くなっている印象。この3年で何があった。

おいて使う分には問題ない

そして僕のケースはマグネットは使えないモノの、通常のワイヤレス充電器としての、「おいて充電する」には対応している。ぶっちゃけこの小ささになっただけでも嬉しいのでコレはマジでありがたい。ちなみに注意として書かれていたのが、Apple社のマグネットより吸着力は押さえてあるとのこと。デバイスと充電器を剥がしやすくする理由があるそう。



もし機能要望を追加できるならば、リケーブル仕様にしてくれないだろうか。この細いケーブルはとてもありがたいが、もうちょっと長さの調整を正直したいモノだ。

まぁ、それをとっても、この小ささのワイヤレス充電器・・・ええぞ。

Epeiosのワイヤレス充電器は、カラーが2種類ある。好きな方を選べば良いさ。

関連記事
コンパクトフルスピード充電かなり小さいType-C PD充電器 Epeios

これは素直にすごいと思った。 スマホの充電で必要な物はUSBケーブルと、もう一つありますよね?それがケーブルを差し込んでAC電源に挿すUSB充電器です。そのアダプター、これまで結構大きい物が多かったの ...

続きを見る

ちょっと宣伝

Momentを手に入れるならこのショップ!

この記事 どうでしたかー?

-iPhone, ガジェット
-