喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

ドロヘドロ

読み物

2012/10/6

ドロヘドロ9巻 カイマンの過去、ニカイドウの育ての親、タックさんの過去が開かれる.

自分が何者かわからず、その過去を追うカイマン.そして、その助けをするニカイドウ.むかし、栗鼠の板学校に向かったカイマン達.カイマンはそこで何かを思い出してしまう.過去を拾いつつ、ストーリーが進んでいくドロヘドロ9巻でした.

読み物

2012/10/6

ドロヘドロ8巻感想.林田球の世界に引き込まれていく

ドロヘドロ8巻は話の区切りがあります.ホールの世界から魔法使いの世界に飛ばされたカスカベ博士やその他大勢がホールの世界に戻る決意をする話しです. また、それぞれのキャラクターの過去が見られそうな巻となっています.

読み物

2012/10/5

ドロヘドロ7巻 大きく動いたのはニカイドウ、鳥太、春日部博士!

またまた手に入れてしまった林田球(著)ドロヘドロ7巻の表紙はカスカベ博士とジョンソンでした.パイ合戦、煙とニカイドウの契約書、カイマンの口の中の男、魔法使いの秘密、カスカベ博士の相方、心先輩と能井の信頼関係、恵比寿はやっぱり可愛いということが分かる巻となっています.もう一度言います.恵比寿は可愛い!(*゚ー゚)

読み物

2012/10/4

ドロヘドロ6巻 捉えられた二階堂とそれを追うカイマン(バレあり注意)

ドロヘドロ6巻の感想を書きます.前回5巻を読み終えて「うおぉぉお~」となってしまった喫茶店ですが、この6巻でも「うぉおおぉおぉ~」となってしまいました.そんな6巻の紹介をします. あいかわらずネタバレを含みます.下記グロ有り

読み物

2012/9/20

ドロヘドロ5巻 能井の表紙カバー.

林田球(著)のドロヘドロ5巻.前回の戦利品の中の一つです. ドロヘドロ4巻で魔法使いの世界に行ったカイマン.その後のお話です.

読み物

2012/9/11

ドロヘドロ4巻. 魔法使いの出すケムリ.それぞれの能力.

林田球(著)ドロヘドロ4巻の紹介です.前回、ドロヘドロ3巻の記事をざっくりと書きました.今回もドロヘドロ4巻の記事をざっくり、ノッホリと喫茶店(@kissaten)が書きたいと思います(゚ー゚*) いや、4巻まで来ちゃうと、最初「グロイなー」って思ってたのが嘘のように消え去りますね.それが・・・ドロヘドロ!

読み物

2012/7/24

ドロヘドロ1・2巻を購入してきた.ニカイドウ、カイマンを観る.

小学館の雑誌、IKKIで連載中の林田球(著)ドロヘドロ.1999年から連載をしている漫画であります.ダークであり、ユーモアがあり、そんでもって引きこまれてしまう作品です.絵はホーラーでグロテスクなんですが、各キャラクターのユーモアがなんとも言えないくらい癖になります.是非オススメしたい漫画.

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.