喫茶店の部屋: Photoshop

ページ

 
ラベル Photoshop の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Photoshop の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

Adobe CCの価格を月額2千円台でやるために「デジハリ」という選択

2017年3月16日木曜日
Adobecreativecloud12planyasuku
Photoshopとかの入っているAdobe Creative Cloudって普通に契約すると1年間で59760円(税別、なおかつコンプリートプラン)かかっちゃいます。けっこうな価格になっちゃいます。

学生ならば、学生や教職員の方のプランで、年間23760円(税別、なおかつコンプリートプラン)と先ほどと比べるとかなり安くAdobe Creative Cloudを利用できちゃいます。ところがどっこい、学生でない人にとってはこのあたりはぶっちゃけ関係ない話になってきちゃいますよね。

じゃあ、学生でない人、社会人とかは6万円近く払わないとAdobe Creative Cloudを利用することはできないのか?いやいや、ちゃいますよ。そこは、「学生になればいい」んじゃないんですかね?

実は、オンラインの通信講座を利用した、「学生」としてAdobe Creative Cloudを契約できるやり方があるんですよね。というか、まぁ、僕はそれなんですけど。

今回は、僕が利用している「デジハリ・オンラインスクール」をご紹介します。これによりAdobe Creative Cloud(全部入りのコンプリートプラン)が、1年間で、33380円(コンプリートプランと専用のAdobe教材つき、つまりだいたい2780円/月になる)な価格で利用できちゃうんだなー。

EIZOのディスプレイFlexScan EV2750を導入した!フォトレビューだ!

2016年8月18日木曜日
EIZOFlexScanEV2750 IMG 9352
もうずーっと前から憧れだった「EIZO」ちゃん。EIZOの話をする時だって、いちいち「憧れのEIZO」って呼称で言うぐらい憧れだったあいつ。あいつが、着たんだ。いえに。

やったぜ!FlexScanシリーズなんだけど、やっぱりEIZOだわ。うわああああああああ!EIZOだ! 

ということで、EIZO FlexScan(EV2750)のフォトレビューだよ。うれしいな!うれいしなー!

Photoshopでニルヴァーナのアルバム「NEVERMIND」っぽいダンボーさんを作った。

2015年11月26日木曜日
ニルヴァーナのアルバム「NEVERMIND」っぽいダンボーさん

Photoshopの勉強をしたくてニルヴァーナ(NIRVANA)の名作アルバム「Nevermind」のジャケットっぽい物を作りました。「Nevermind」と言えば、赤ちゃんがプールの中でお金を求めて泳いでいる様子なジャケットです。

今回は赤ちゃんを用意できないので、手元にあったダンボーさんを使ってそれっぽいモノを作りました。簡単に作業を紹介しつつ、出来た作品をご紹介します。

フィルム写真の効果がたっぷりとある編集アプリRNI Films for iOSのレビュー

2015年8月24日月曜日
RNI Films

色々な写真編集アプリを触ってきて、RNI Filmsはよさげだなと思った。このアプリの制作元であるRNIと言えば、Really Nice ImagesなPhotoshopやLightroomのプリセットを販売しているところですね。つまり有名どころのアプリということです。

フィルム別で写真の雰囲気を調整でき、一般的な写真加工に必要な編集機能もついている。そして何より、基本無料なのが良いアプリなのです。フィルムはRNIについているプリセットと同じような物がいくつか無料で使えるということです。写真の雰囲気をがっつりと変えたい人は、このアプリは良いかも知れない。でも、このアプリには、おしいところや良くないところもあった。

Photoshopを利用して鉛筆画風にするやり方を2パターン試す

2015年6月3日水曜日
Photoshopを利用した鉛筆画風加工

人物画像を鉛筆画(イラスト)っぽい感じに加工したいなーと思っていたらいくつかのPhotoshopを使った加工方法が公開されていました。今回はPhotoshopテクニックスと株式会社LIGさんのPhotoshop加工方法を使って実際に試してみたわけです。

どちらも手順通りにPhotoshopをポチポチやっていけば、上記写真のような鉛筆画風の加工が可能でした。実際に二つのPhotoshop TIPSを試してみた結果をご紹介します。

フォトグラファーのLi Weiさんのインタビュー動画

2014年8月27日水曜日
フォトグラファーのLi Weiさんのインタビュー動画

この写真、ご存知だろうか?なんとも奇抜な写真を撮るLi Weiさんです。この人の写真は、「Photoshopか?」と思っていたのですが、この写真を例に上げると、実際にこの窓に放り出されているそうです。まじかよ、合成じゃないのかよ…。

トランプの写真をKとAのそれぞれ用意:Card Photo

2014年8月16日土曜日
トランプの写真をKとAのそれぞれ用意:Card Photo

Facebookとか見ていると、マジシャンの何人かはトランプの写真を使っていることに気づいた。そういえば、トランプの写真をあまりとってなかったなということで、改めてEOS 40Dを使ってバシバシと撮影しました。Lightroomに取り込み。ゴミ取りとかして、そのままPhotoshopで出録です。写真素材としても使えるものだと思っています。

ダンボーの白黒写真:EOS 40D 、EF50mm F 1.8 Ⅱ

2014年7月24日木曜日
ダンボーの白黒写真:EOS 40D 、EF50mm F 1.8 Ⅱ

リボルテックダンボーさんを撮影しました。今回は、すべて「白黒」(モノクロ)を考えての撮影。白黒化はAdobe Photoshop Lightroomを利用しました。サクサクっとね!ダンボーさんの写真は9枚ほど用意しました。

撮影機材や使用したソフトは主にこうなってます
EOS 40D
EF 50mm F 1.8 Ⅱ
Lightroom 5,Photoshop CS6


白黒ということで、光りの当たっているところは明るく(白)、当たっていないところは暗く(黒)になるというところを撮影している時に意識しながらの撮影。大体思ったように写真ができ上がったので割と満足しています。ダンボーさんが良い感じになる。

Lightroomの操作にあんまり慣れていないので、もうちょっと何とか出来たかなー、と言うのが正直な寅松sです。

カッコイイポスターをつくるときに覚えておきたい、映画ポスターのパターン

2014年6月30日月曜日
カッコイイポスターをつくるときに覚えておきたい、映画ポスターのパターン


『映画っぽいポスター画像作りたいなー』とか思っていたら、映画のポスターをまとめているサイトを発見しました。ただ単にまとめているだけではなく、「構図が似ている」とか「色合いが似ている」とか、デザインの参考になるまとめ方をされています。そして、映画ポスターにはパターンが有ることがわかってきます。

つまり、これは、こう言えます。
『そのパターンを知れば、かっこいい感じの画像が作れる』ということです。

上記画像も、自己満足ではありますが、それらのポスターを参考にして文字の配置や色合いをマネてみたやつです。もっとうまい人がそれらを真似れば、更にかっこいいものになるでしょう!

それでは、いくつかチョイスしたポスターまとめをご紹介します。

Photoshop CS6で3Dがつかえなくなった!?→グラボのアップデートで解決。

2013年7月23日火曜日
Photoshop CS6で3Dがつかえなくなった!?→グラボのアップデートで解決。

焦りました。何を焦ったかって?実は、Photoshop CS6で3Dが使えなくなっていることに気づいたからです。いざ使ってみようと思ったら、使えない。何じゃそりゃってことで調べていたら、グラボのドライバアップデートで解決しました。以下、その経緯を書きます。

ニッケルオデオンのポスターの折り目。それをPhotoshopを使って消してみた。

2013年5月24日金曜日
ニッケルオデオンのポスターの折り目。それをPhotoshopを使って消してみた。

月刊IKKIの定期購買者には月刊IKKIの表示がもらえます。今回、道満晴明先生のニッケルオデオンのポスターをいただきました。ところが、B3のポスターには折り目が付いているのですよね。その折り目をPhotoshopを駆使して取り除いてみました。

Photoshopを使って文字をアウトライン化するには『作業パスを作成』を押せば良い。

2013年5月19日日曜日
Photoshopを使って文字をアウトライン化するには『作業パスを作成』を押せば良い。

Photoshopをガシガシ使いこなしたいなと思っている@kissatenです。なかなか難しいものがありますね。先日手に入れたPhotoshop CS6を使います。先人が用意してくれたPhotoshop Tipsをひたすら読み深めていこうと思っています。今回はWoopsデザインさんお記事を参考にして、文字の装飾について書いていきます。

Adobe Photoshop CS6 をアカデミックな非常に安い価格でゲットしました!

2013年5月14日火曜日
Photoshop CS6 をアカデミックな安い価格でゲットしました!

Adobe Photoshop CS6をアカデミック価格でゲットしました。通常10万円以上するPhotoshop CS6が、わずか3万円ちょいでゲットできちゃうこの方法を紹介します。そのうち、Photoshop CS6のパッケージ版はなくなるらしいですが、アカデミック用のパッケージはまだ残っているらしいです。

結論:Photoshopを安くゲットできた!

この記事では、僕がAdobe Photoshop CS6 を安くゲットしてシリアルを申請するまでを書きます。格安(学割価格)でPhotoshop CS6を手に入れられる方法の紹介記事です。Photoshop CS6を安くゲットしたい人へ…。

※2014年3月に改変 CS6がなくなり、CCのプランとなりました。それでも安い。