撮影機材のカテゴリー

@kissatenが主に利用していたり面白いなってなった撮影機材を紹介するカテゴリです。大体はAmazonで買えるモノやら、撮影機材でおなじみの銀一さんや、映像業界のショップでは割と大手のSystem5さんなどの製品、またはKickstarterなどのクラファンに出ている機材なんかを紹介していきます。

現在使っている機種についてはコチラの記事をご覧下さい。

スチル機種としてCanon EOS R5の記事


EOS R5用バッテリーグリップBG-R10の感想

EOS 5D Mark IV時代には撮影枚数も考えて、バッテリーを2倍持てるバッテリーグリップを使っていました。EOS R5を追加購入し、「うわー、めっちゃ軽くて性能スゴイ」と思ってたんですけど…やっ ...

続きを見る

メインのカメラにはCanonさんのEOS R5を使っています。ずーっとCanonを使い続けていきます。

動画機種としてBMPCC6Kの記事

BMPCC6KとSigmaレンズ、NiSiのNDフィルターで撮影
BMPCC6KとSigmaレンズ、NiSiのNDフィルターで撮影

BMPCC4KのHDMI OUTが終わったので、BMPCC6Kを手に入れました。BMPCC4KはHDMI OUTが死んでいる以外は普通に使えるカメラなのでサブカメラに降格し、人生二度目のBMPCC6K ...

続きを見る

動画の機材として、現在のメイン機はBlackmagic Design社のBMPCC6Kを利用しています。

スチルのストロボ周り(主にProfoto)


Profoto B1Xのファームウェアアップデート
Profoto B1Xのファームウェアアップデート

Profotoが出しているコードレスのバッテリー式モノライトB1Xが愛機。TTL自動調光やハイスピードシンクロ機能を搭載、ロケーション撮影時にも使える信頼できる撮影のパートナーである。そんなProfo ...

続きを見る

写真撮影の案件などではProfoto社が出しているA10、B10、B10 Plus、B1xなんかを使っています。

その他撮影アクセサリ類

レフ版やブロア、カメラバックなど、そういった撮影機材のアクセサリ類を紹介していきます。

SekonicとProfotoトランスミッター

露出計のメーカーでもある「Sekonic(セコニック)」と プロフェッショナル向けストロボを手がける「Profoto(プロフォト)」の製品を手に入れました。その製品自体の記事は書いてないんですけど、今 ...

続きを見る

きっとご興味ある記事が見つかるはず…!

2022-06-26加筆