喫茶店の部屋: 病気

ページ

 
ラベル 病気 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 病気 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

「入院する」覚悟で行ってきたのに入院はしないことになった。

2016年12月28日水曜日
Byouinnniittekitanodesuyosonokekka
先日、足の痛みが続いてきたので入院しようカナーと言ったところ、嫁氏に「入院したらCanonのEOS 5D Mark買ったるよー(ケケケ)」という素晴らしい提案を受けた。足がマジで痛いので「おぉ、まじか、それなら手術ぜひしたい」という展開になった。そのちょっとしたやり取りをFacebookに書いたところ「手術したらCanonの一眼レフをあげる」という申し出が…。

いや、これだけ書くとなんか下心で動いた的な感じになっちゃうんだけど、大腿骨骨頭壊死による足の痛みはマジでずーっとあって、その痛みのおかげで寝つけない日々が続いているのも事実。精神的にもそれは結構つらい感じだったので「手術」と言う者がよぎった訳だ。それからの記事で「手術したいなー」と言う感じの者を書いた。

そして病院行ってきました。「手術する」というバリバリの意思の元ね。

大腿骨骨頭壊死の手術があるかどうか決まる日。

2016年12月27日火曜日


前の記事でも紹介した通り、僕は手術することにきめた。12月27日にある整形外科の検診。ここで僕は大腿骨骨頭壊死の手術することを相談する。実は診察前の間にこの記事を書いているのだ。年末の日赤。最後のタイミングで手術の相談のためにいれてもらった診察だ。年末だからかな、たくさんの人が診察待ちだった。11時の診察なんだけど、早めの10時あたりに受付へ。診察待ちは9時予約の人だった。まじかよ、あと何時間かかるんだろう。そう思ってのスマホを取り出し記事を書いている。

診察を待っている間に、勝手に手術の妄想でもしちゃおうかと思う。前に経験した右足大腿骨骨頭壊死の人工骨頭置換手術。それを思い出しながらの妄想だ。

AKRACINGのゲーミングチェアPRO-Xは2016年に買って良かった物だ

2016年12月25日日曜日
Akracinggamingchairpro x2016
2016年の2月に、AKRACING(エーケーレーシング)のゲーミングチェアPRO-Xシリーズを家に導入した。

僕自身が「大腿骨骨頭壊死」という難病を持っていて、正直普通の椅子に長時間座っているのがつらいと判断したためです。椅子が変わると執筆作業なんかがかなり楽になるとわかっていたので家の椅子を長時間座れる椅子に換えようということに。

それらの椅子でいくつか候補を立てていて、その中で選んだゲーミングチェアがこちらの『AKRACING ゲーミングチェア PRO-X-RED 赤』ってやつです。2016年に「買って良かったヤツだぜ!」って心から思えるタイプのやつです。かなりお勧めできるヤツですよ!!!

カードマジック、再びやれそうな気がしてきた

2016年12月19日月曜日
Cardmagic IMG 0834
ボクは一度、マジックを捨てている。

あだ名が「マジシャン」になった

全身性エリテマトーデスループス腎炎と言う病気。中学の時、その病気が発覚して入院した。難病です。入院したのは小児科です。長期入院だったので、ぶっちゃけかなり暇だった。友人が買ってきてくれたトランプマンのマジックの本を見てボクはマジックの練習でもやってみようと思った。お客さんはナースさん。シャイなボクにとって、女性相手にマジックを…ましてや話しかけるというのはかなりハードルが高かった。それでも入院中の謎の圧迫によるストレスでそこすら飛び出してマジックをしてみようという気になった。

ナースさん達は驚いてくれた。今思えばバレバレだったのかも知れない。それでも「驚いてくれた」は僕の中で何かが芽生え、「楽しい!マジックなんか楽しい!」とね。ボクはマジックをやってみることになった。

それでなんやかんやあって、鳥羽商船に入学、あだ名は「マジシャン」。そのままマジックを続けていた。もうシャイじゃなく、嫁氏には「その行動頭おかしい」といわれるぐらいに、ヤカラ一歩手前ぐらいになれた。

唐突な終わり

ところが、とある時、全身性エリテマトーデスループス腎炎の投薬治療による副作用で足がダメになった。「大腿骨骨頭壊死」だ。難病です。しかも両足なので、「両足大腿骨骨頭壊死」に…。ぶっちゃけ足がめちゃくちゃいたい。それでも学業あるし、何とかして卒業までこぎ着けた。まじで「なんとかして」レベル。もう学校にいっていることすらつらいからね。

それまで、色々マジックをやらせてもらって、ホテルとかでも軽くやらせてもらったりで、何かと「マジック行けんじゃね?」なんて思っていたところに大きな壁が…ね。クソが!


「歩けない」


そう、もう、ぶっちゃけマジックで立っていることすらつらい状態になったのだ。そしてマジックを捨てたのです。

そんなボクが、再び。

「手術したらCanonの一眼レフをあげる」といわれたので揺らぐ。どうする!?どうすればいい!!!?

2016年12月10日土曜日
大腿骨のレントゲン
なんということなのだろうか。手術をしたらCanonの一眼レフをもらえるということになってしまった。いや、これはマジなのか冗談なのかぶっちゃけわかってないんだけど、これは手術をするきっかけになっちゃう…んだよなー

『僕のあげますよ。7Dだけど。手術したら。』

この言葉でボクは手術をするのをかなり揺らいでいる。本当は手術しなければダメな状態なんだけど、今まで渋っていた。それがもう渋らないぐらいの気持ちなのだ。
だって、一眼レフもらえるんだから……ね。

ブログ、ライターとして必要と考えたのでHHKBを気にし出した。

2016年7月29日金曜日
Imugrepo IMG 9388
※写真はイメージです 

先日、とあるタイミングでHHKBを触らせてもらえる機会がありました。HHKB自体は前々から存じていまして、触れる施設がなかったためめちゃくちゃ触らせてもらったわけです。

そんな前置きを置いておいて、いまからいくつかの「いいわけ」を書いていこうと思います。何のための言い訳か。それは見ていっていただけるとわかると思います。

実は寝込んでいた(る)という話

2016年7月21日木曜日
Lightroom IMG 0681

毎度おなじみPerfect Byoninこと@kissatenです。先日、とある「引っ越し」がありまして、掃除してた時に「埃」をもろに吸い込んじゃいました。「シュコッ!」ってかんじに口の中に入っていったのがわかります。「ゲホゲホ」と吐き出そうにも良い感じにへばりついちゃったんでしょうね。

声が出なくました

声は出るんですけど、 椿鬼奴さんが桃井かおりさんの物まねをする時みたいな声になっちゃいます。声がちゃんとでない。高音の歌が全部かすれる。そんな状態です。なんか体温上がってくるし、だるいし、よくわからない状態で寝込んでいます。

それでも…

資生堂の日焼け止めANESSAのスプレータイプを試してみた

2016年5月25日水曜日
anessaスプレータイプ

医者にはあんまり日光浴びないようにとくぎを刺されている。僕の難病の治療の関係で、僕は皮膚があまり丈夫ではない。だから紫外線とかはぶっちゃけ毒なのだ。

それでもやっぱり病院に行くとかで外にでないといけないときがあって、そのときは日焼け止めを塗るようにしている。具体的な商品名は、資生堂さんの「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター」という日焼け止め。割と値の張る日焼け止めだ。SPF50+ ・ PA++++あり、化粧品会社という事で安心して使える製品。

そんな資生堂の日焼け止めにスプレータイプが有るのだ。

難病だけど、深く考えなくなったらポジティブになれた

2016年5月5日木曜日
難病だけどね

ボク、病人です。難病二つ持ってます。中学校の時になりました。それでも高専に上がれました。その後、頑張ったんですが、やっぱり身体がダメで社会不適合な状態です。ぶっちゃけ「終わっている」と思いました。毎日からだが痛いとかそんなアレです。もう正直嫌でした。中学校の時はまだ症状が軽くて「難病だけどいけんじゃね?」という感じだったのに、結局、入退院をくりかえしちゃって、正直もうこの先ダメなんだろうなと思ってました。

拝啓サンワダイレクトさん、「リクライニングチェア」がほしいです

2016年1月27日水曜日
オットマン付きリクライニングチェア(無段階リクライニング・バケットシート・ハイバック仕様・ゲーミングチェア・キャスター・肘付き) 

モニター参加の潤滑油になる「モニプラ」より、サンワダイレクトさんのモニターが気になった。その内容は、「あなたが欲しいものを、3名様にプレゼント!」というものです。いったいどういうものかというと、ブログに「サンワダイレクトさんの○○がほしい!」を書いて、サンワダイレクトさんの中の人に響いたら、もしかしたらプレゼントされるかも知れないということです。

ということで、僕が選んだのは、サンワダイレクトさんの「リクライニングチェア」です。ボクがコレを欲しがる理由が、結構「重い」内容なので、暗い気持ちで響くかわかりませんが書きなぐりたいと思います。

まず始めに、ボクは「難病」を二つもっています…。

嫁氏が退院したので、これからのこと、「世界待望」のイベントとか

2015年8月30日日曜日
オニオンスープ

あんまり私的時事ネタを描かないようにしようと決めていたのですが、2015年8月17日から入院していた嫁氏(GUMIさん)が、2015年8月29日に退院しました。

退院日には三重県津市の三重大学医学部附属病院までいって、そのままお昼ご飯を外食してって感じです。写真は、津市にある「あつしま」って所で食べたオニオンスープです。

嫁氏の退院日、なぜか嫁氏の退院手続き以外のイベントがあったので、身体がへとへとで、そのまま姪宅へ放り投げてもらって、姪とあそんでました。

嫁氏は4人部屋の窓際に移っていた。そして誰もいなくなった。

2015年8月24日月曜日
窓際の景色

2015年8月17日から、嫁氏は三重県津市にある三重大学医学部附属病院に入院しています。首の後ろにある、出来物を取り除く手術をするためです。首ということも有り、色々な神経が通っているなど、いくつかの心配事があったのですが、手術は無事に終った。

当初考え得られていて、血抜き用のドレーンがなされなかったので、「もしかしたら早く退院できるかも」を胸に抱きつつ、今後の経過を見守って生きないなと思っているところです。

四人部屋に入院していた嫁氏なのですが、いつの間にか周りの人たちは居なくなり、ベッドを窓際に場所を移してもらい、そして今回見舞いに行ったところ4人部屋で一人になっていました。

三重大学医学部附属病院で行われた嫁氏の手術は、無事に終了しました。

2015年8月19日水曜日
三重大の屋上

嫁氏(GUMIさん)が三重大学医学部附属病院が入院して3日目の日。この日は手術予定日で、午前中に手術を行うということで、鳥羽市を7時ぐらいに出て津市の病院までいきました。

嫁氏は入院中もひっきりなしにメッセージをおくってきていて、病院の状態を教えてくれました。僕が予想していたように、入院一日目はあまり寝れず、二日目は手術前ということで寝れないだろうと、まさに予想通りの動きをしていました。

そして手術当日、朝の10時ぐらいに行われた、首の後ろの悪い物を摘出する手術。無事に成功です。
(写真は三重大学医学部附属病院の12階)

嫁氏が入院している病室ではネット回線があるらしいので PLANEXのDB-WRT01を手に入れる

2015年8月18日火曜日
嫁氏に使ってもらう

先日、嫁氏(GUMIさん)が三重県津市の三重大学医学部附属病院に入院することになりまして、設備を拝見した結果、PLANEXさんのDANBOARD 無線LANルーター(DB-WRT01)を導入することにしました。

こちらは、LANケーブルと給電ケーブルを繋ぐだけで無線LANとして機能しちゃう物なのです。これを利用して、病院で快適に安心してネットしていただこうかなと。

嫁氏が三重大学医学部附属病院に入院することになった

2015年8月17日月曜日
三重大学医学部附属病院に入院

2015年8月17日、嫁氏(GUMIさん)が三重大学医学部附属病院に入院することになりました。皮膚科で受診した結果、首の後ろのしこりを取り除く手術をすることになった。

手術が決まってから気になっていた「全身麻酔」なのか「局所麻酔」なのか。

前者では身体の負担が大きく、「死」を考えないと行けない手術なのを身をもって体験したことがあるのでやりたくないと心から思っていた。結果として、選ばれたのは後者である「局所麻酔」だった。その言葉に安堵した。

安堵したつかの間、医師の説明でまた現実に戻される。

嫁氏が入院することになった。(三重大学病院で)

2015年7月8日水曜日
嫁氏が入院する

どうか、この記事を他人事と思ってお読みください。

嫁氏(GUMIさん)が入院することになりました。場所は三重大学病院です。事の始まりは、嫁氏の後頭部にできていた「ちょっとしたふくらみ」コレがだんだんと大きくなってしまった。

後頭部といっても、首の真裏。つまり、神経がめっちゃ通っている部分に出来た物です。コレを除去するとなると結構面倒くさいらしく、三重大学病院に回されました。

そして、先日、鳥羽市の自宅から1時間以上かけて三重大学病院に赴き、執刀する医師の説明を受けてきました。

二日連続の定期検診、SLEや大腿骨骨頭壊死は特に進展なし

2015年6月20日土曜日
大腿骨のレントゲン

6月中ごろにSLEと大腿骨骨頭壊死の定期検診に行ってきました。両方の主治医の都合で、二日連続、伊勢市の日赤にいくことに。二日続けての病院は正直しんどく、面倒くさいなという印象。

病気的には特に進展がなかった。

栄養士さんと話す機会がアリ、炭水化物について聞いてみた

2015年4月15日水曜日
炭水化物は150g

栄養士さんと縁あってお話する機会をいただきました。ちょうどダイエットをしていた時だったので、僕がその時に食べている物などについて相談しました。

特に気になったのが「炭水化物」の量をどれぐらいにしたら良いかという話です。ぶっちゃけ「炭水化物0」でダイエットをやってきたので、そうしたら「それはダメです」と言われたわけです。

ダイエット後の定期検診で「ケトン体」について言われたこと

2015年4月8日水曜日
ダイエット ケトン体

ひそかにダイエットをやっていて、5kgほど減らせることに成功しました。その後、僕の持病である難病SLEの定期検診のために病院で検査を受けました。

体重が5kgほど減少するダイエットに成功したので、身体に何か影響があるだろうなと思い、主治医の診察で「ケトン体」に着いて言われたことがあります。

「ケトン体」が「+3」となっていました。

採血&採尿をして検査をします。「ケトン体」が「+(プラス)」になっているということは「子供などがごはんを食べてない状態だと数値が上がる」と言ったふうに言われました。

そうです。ダイエットは「食事量の制限」も行っていて、その行為自体が数値として現れたことです。「ごはん食べてる?」そういった感じです。

車いすのタイヤのチューブが寿命だったので自転車屋で交換してもらった

2015年4月2日木曜日
jitensya

先日、車いすのタイヤの調子がよろしくないので、タイヤにある「虫ゴム」とうものを自転車屋さんで交換してもらいました。「また何かあったり空気を入れたかったら着てくださいねー」と言われました。

後日、車いすの空気が完全に入ってない状態になりました。

「何ぞこれは!」ということで、再び、伊勢市イオン店内の自転車屋さんに向かいました。今度はチューブ全替えです。