月別アーカイブ:2017年08月

趣味

2018/6/7

映画『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』の吹き替え版がAmazonプライムで見れたので使命感で楽しんだ

この映画、人生でめっちゃ観ている。 映画『ハムナプトラ』シリーズの第一作目である『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』がAmazonプライムビデオにあったから観てしまった。映画自体は1999年の物で、『ハムナプトラ2』では」ワーストCGな映画なんて言われている異名のあるシリーズ。当時のCG技術(VFX)の限界が多分この映画で見て取れる。 映画自体はなんか冒険物っぽいかんじのやつで「ハムナプトラ」という死者の都でのお話。『ミイラの幽霊』『ミイラ再生』の二度目のリメイク作品。 紀元前1290年。大司祭イムホテップ ...

漫画

2020/9/22

小学館、月刊「ヒバナ」の最終号が出て、終わった。連載作品のその後などをまとめた

はい。ヒバナ終わりました。 2015年の3月から新創刊され、2017年8月にでた9月号を最後に終わると言うことです。2014年には月刊IKKIがおわり、ソレの引き継ぎで開始されたヒバナ。終わりを迎え、ボクがIKKI、ヒバナに関わった歴史はココで幕を閉じることになった。 というとなんかくらい感じなので、とりあえずヒバナから移動する漫画なんかをご紹介していきます。引き続き連載してくれるのでOKっすね。

漫画

2018/5/21

隣の席の子がなんだかセクシー、甘詰留太さんの「ボクだけ知ってる一宮さん」

甘詰留太さんの漫画を又手に入れてしまった。2017年7月末に出た「ボクだけ知ってる一宮さん」という漫画。ボクは甘詰留太さんが連載している雑誌を読んでなくて常に単行本で購読するタイプ。なのでAmazonで初めて甘詰留太さんの新作が出る…のを知るって感じです。 コチラの漫画「ボクだけ知ってる一宮さん」では、「隣の席」にいる地味子(一宮さん)が実はすごいセクシーなアレだってのを隣の席で主人公の「仁科」だけ知っている。 という話。 思いっきりフェチズムな話なんだけど、やっぱり人の心をもてあそぶのが甘詰留太。思いっ ...

漫画

2018/5/21

道満晴明先生を楽しむための「大人の童話」な漫画を3つご紹介する

道満晴明(どうまんせいまん)という漫画家をご存じだろうか。いや、ここでは道満晴明先生と言わせていただきたい。氏の漫画は、「大人の童話」なんて表現がされる「ステキなお話」がたくさんあるのです。 実は「成年漫画」を書く人なのですが、その無機質な画風でエロスの表現はわりとあっさりしている。それでもド下ネタをあの可愛らしいキャラクター達が発言するのにはワクワクする。 いや、そうじゃなくて、この人の書くストーリーが切なかったり悲しかったり、どうも「心に響く」タイプの物なんです。「本当に成年コミック?」なんて思えてし ...

ガジェット

2018/5/21

壊れたけど良かったからもう一台手に入れたタッチセンサー内蔵のBluetoothヘッドホン:Jayfi Touch H1(映像あり)

オススメBluetoothヘッドホンをご紹介。実はこのBluetoothヘッドホンは前から持っていたのですが、鞄の中に入れて乱暴に扱ってしまったため、イヤーパッド部分がもげちゃいました。でも良い奴だったのでもう一度手に入れたヘッドホンをご紹介します。 いやー、鞄に入れてガチャガチャーってやっちゃったら、そりゃー壊れますよね。反省します。 さて、今回ご紹介するヘッドホンですが、Jayfiの「Touch H1」という機種です。タッチセンサーが内蔵されていて、イヤーパッドの側面をなでると音楽の再生/停止、音量の ...

ガジェット

2018/6/7

HHKBのケーブルはカールタイプとストレートのUSBを組み合わせてセッティングしている

ボクが気に入っているキーボードHHKB(Happy Hacking Keyboard)についての記事です。2016年の中頃にHHKBを触らせていただける機会があって、「HHKBやっぱいいな」と思っていてすぐに手に入れちゃったキーボード。キータイプとか色々と良いんですが、個人的にコイツの唯一の弱点と思っているケーブル周りについての話です。 こいつ、このHHKBはいまさらMiniBのUSBケーブルが必要なんです。しかもUSB Hubを介しての接続は不可能で(電源ありUSB HubならOK)、「なんでこんなこと ...