HHKB

ガジェット

2020/2/15

HHKBのキートップを外してまるっと洗った

大事な道具のメンテナンスの話。 ブロガーやライター御用達のキーボード、PFUのHHKBを僕は使っている。持病の難病の仕様の一つで「皮膚が薄くなる」というのが有り、どうしても柔らかいタッチのキーボードが必要だった。そんなときに出会ったのが、静電容量タイプのキーボード、HHKB。Happy hacking keyboardの略で、僕はそのHHKBシリーズのフラグシップモデルのType-Sを常用している。 2020年に入る直前に、そのType-SのBluetoothモデルが出るとなり、喉から手が出るほど欲しかっ ...

ガジェット

2019/4/10

HHKBを使い始めて1000日 良かった点、悪かった点

2016年頃に、PFUのHHKBにキーボードを変えました。当時は色々とキーボードを打ち込む機会をいただけていて、ちょっとした身体的に問題が出ていた時期でした。 その身体的問題とは、キーボードを打ち込むことで皮膚が炎症してしまうというやべーやつです。 僕の病気である全身性エリテマトーデス ループス腎炎(通称SLE)のステロイド投薬のおかげなのか、皮膚が薄く弱くなっているんです。皮膚が弱い人がキーボードを打ち込んでいるとやっぱりだめだったみたいです。 そこから手が痛くなり、病気が悪化する「再燃」になっちゃいそ ...

ガジェット

2018/6/7

HHKBのケーブルはカールタイプとストレートのUSBを組み合わせてセッティングしている

ボクが気に入っているキーボードHHKB(Happy Hacking Keyboard)についての記事です。2016年の中頃にHHKBを触らせていただける機会があって、「HHKBやっぱいいな」と思っていてすぐに手に入れちゃったキーボード。キータイプとか色々と良いんですが、個人的にコイツの唯一の弱点と思っているケーブル周りについての話です。 こいつ、このHHKBはいまさらMiniBのUSBケーブルが必要なんです。しかもUSB Hubを介しての接続は不可能で(電源ありUSB HubならOK)、「なんでこんなこと ...

ガジェット

2018/6/7

2016年、もっとも買って良かったPC製品は「HHKB」だ

年末になるとその年を振り返り、「ああ、こんなんあったなー」と思う物。今回は2016年に導入してよかったPC製品をご紹介します。 もうでちゃってますが、このキーボード「PFU Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S」が2016年、最も導入して良かったなと思える製品です。 HHKBの導入自体は、2016年の中ごろ、7月末に手に入れました。ちょうどその時は「WEBライター頑張るぞ!!!」とかなり力の入っていた時期で、コレを入れてからというもの、タイピング自体がめっ ...

ガジェット

2018/6/7

HHKB用にカバー「キーボードルーフ Pro RF-HHPRO」を導入した。これで埃から守られる!

おそらくHHKBで特殊な記事を書くのがコレが最後になる。もし次に書くとしたらHHKBのBT化だろう。  さて、今回のはHHKB用のカバーを紹介する。 キーボードカバーって色々あると思うんだけど、HHKBはそれ専用のカバーが存在する。アクリル製のカバーでスタイリッシュに埃から守ってくれるというものだ。一般的なキーボードカバーっていうと、謎のラバー製のやつで、そのままキーボードを汚さないようにするヤツ。でも、このカバーは打ってない時にカバーする感じのヤツ。

ガジェット

2018/6/26

Controlキーを使ったショートカットでブログ執筆速度が速くなる

いやーコレは目からうろこですわ…。 「○○倍タイピングが早くなったぜ!」なんて言えませんけど、Controlキーを使ったショートカットを覚えたら、タイピング処理が結構速くなれますわ。もちろん「慣れ」ってのがあるんだけど、それが結構良い感じになる。 もともと、HHKBのいくつかのキーに慣れようと思って調べていたら見つけたヤツ。こんなヤツあったのか!と今まで使わなかったことを公開するレベルです。