喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

月別アーカイブ:2012年12月

読み物

2018/5/21

ドロヘドロ17巻を読んだ:笑い少なめ、グロ増量巻

そろそろ終演を迎えるのかとおもいきや、少し話の展開のない巻だとおもいます. しかし、ドロヘドロにもそういった巻もあるんだろうなと思いよみました .

読み物

2018/5/21

ドロヘドロ16巻 二階堂の悪魔化がすすむ.煙ファミリーのアジト移動.

過去に行き真実を知る 二階堂と栗鼠が過去に行きます. ドロヘドロの謎の部分であった、二階堂とカイマンの出会い.栗鼠の魔法「呪い」が発動して何故失敗したのかを過去に行って知ることができる.

読み物

2018/5/21

ドロヘドロ15巻 会川、十字目のボス、アイ・コールマンとは.

この巻はとってもとってもワクワク感があります.なので次巻を買っておくことをおすすめします.

読み物

2018/5/21

ドロヘドロ14巻を読んだ.二階堂の覚醒、期待される藤田.

ネタバレを含む可能性が高いです.月刊IKKIで連載中の林田球(著)のドロヘドロ.14巻は二階堂が自分と向き合い、自分の魔法を使う努力をします.

趣味

2018/6/7

もう一度見たいと思ったスピルバーグの映画『A.I.』

こんにちは、@kissatenです。この記事は2012年に書いた記事なのですが、改ね2014年に書き直したいと思います。この記事で描くのはスピルバーグ映画の『A.I.』です。ハーレイ・ジョエル・オスメント君のとんでもない演技を見ることが出来ます。 この映画は『愛』をインプットされて生まれてきた、A.I.[人工知能]ロボットの少年の旅を描いた作品です。この映画を『旅』と取れるかどうかは見る人によって変わるようです。僕は、何回目かでこの映画をそのように捉えることが出来ました。 『愛』、『ロボット』2つのテーマ ...

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.