趣味

漫画

2018/6/4

野田彩子「潜熱」2巻、バイト先の常連に思いを寄せる女子大生、しかし相手はヤクザ

『わたしの宇宙』『いかづち遠く海が鳴る』と小学館IKKI時代から追っかけていた野田彩子さん(別名、新井煮干し子)の小学館ヒバナ漫画「潜熱(せんねつ)」の2巻が登場した。アルバイト先の常連に思いを寄せる女子大生、しかしその常連はヤクザだった。女子大生×ヤクザな恋愛漫画、それが「潜熱」だ。 潜熱とは「内部にひそんで外へは現れない体熱。」もしくは「物体が融解・気化のときに吸収し、凝結のときに出す熱。」の二つの意味があるらしい。今回の野田彩子さんの漫画は、おそらく(まだ)前者。相手に恋をして、その思いが抜けない、 ...

漫画

2019/5/1

「恋は雨上がりのように」加瀬 亮介を改めて観る

眉月じゅん先生による漫画『恋は雨上がりのように』を改めて読み返しました。2018年のはじめからノイタミナ枠でアニメ化が行われ、5月には実写映画化がされた「恋雨」といわれる作品です。主人公の女子高生「橘あきら」役には小松菜奈さんが、そしてあきらが恋する相手のファミレス店長「近藤正己」には大泉洋さんが起用されたことでも話題に。あきら役の小松菜奈さんのハマり具合がやばい映画らしいですね。 『恋は雨上がりのように』のアニメが終わり、映画化されると言うことで、改めて原作漫画を読み返したわけです。 今回、あきらが近藤 ...

読み物 趣味

2018/11/19

やっぱ恋するってステキ! フランスの恋愛映画「アメリ」を改めて見た

幸せな気分になりたくて、唐突に恋愛映画を見たくなってきた。そういう気持ちになるときって急に来ない?幸せな気持ち=恋愛映画って至極単純なんだけど、なかなか効果があるからボクはその手法をとらせてもらっている。 今回選んだのは、2001年のフランス映画「アメリ」だ。主演のオドレイ・トトゥがとにかく可愛らしくて仕草一つ一つにキュンときてしまった。ガーリームービーってやっぱいいわ。目の保養になる。監督は「エイリアン4」のジャン=ピエール・ジュネがつとめた。 「アメリ」は親の考えで周囲から切り離され、孤独のまま成長し ...

趣味

2018/6/7

映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』面白いとは思わなかったけど、見ても良いかなと思った

全体的に「っフフフ」ってなった。 なんとなく、huluでランダムに映画を見ているんだけど、その中にあった映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』についてご紹介。 タイトル通り、ヴァンパイア(吸血鬼)達が、シェアハウスをやっている設定の映画。シェアハウスをするヴァンパイア達のドキュメンタリー調に撮られている物で、「あぁ、もし本当にやったらこんなかんじなんだろうな」というIf系なんだけど、インタビュー形式のその作りは良く出来ているなと思った。 現代ヴァンパイアのヴィアゴ (379歳)、ディーコン (183歳 ...

漫画

2018/5/21

不思議な世界に浸る漫画、道満晴明先生の『メランコリア』上巻

ボクは雑誌を読んでないから単行本派だ。 道満晴明先生が集英社の『ウルトラジャンプ』で連載しているオムニバス「メランコリア」が単行本化された。「上巻」となっていることから、月刊が存在すると思われる。 全13話のストーリー。オムニバスだけど、おそらく世界の中を描かれているのでいくつものストーリーが絡み合う。 道満晴明先生としては、ごちゃごちゃして無くて、下ネタも少なく、「あぁ、一般紙向けだな」とは思ったけど、やっぱりその世界に惹かれてしまう。

漫画

2018/5/21

松本剛の『ロッタレイン』全巻購入者がゲットできる短編集&イラストな小冊子が届いた

現在”休館中”の小学館漫画雑誌「IKKI」「ヒバナ」にて連載していた松本剛さんの漫画「ロッタレイン」。その漫画をボクは全巻持っている。そのロッタレインには応募券があって、その応募券を全て集めて応募した人にもらえるロッタレインの小冊子が届いた。 「ロッタレイン」の書き下ろし、イラスト、そして松本剛の短編集が入った小冊子。 チラッと紹介。

漫画

2018/5/21

甘詰留太「ボクだけ知ってる一宮さん」の2巻でいくつか謎が

甘詰留太さんの漫画「ボクだけ知ってる一宮さん」の2巻が2017年の年末に出ました。ぶっちゃけ単行本派なので、ワクワクして続きを待っていた漫画でもあります。 クラスの隣の女子は、地味でメガネっ娘…だけどよーく見るととってもとってもエッチィと。ソレを知っているのはボクだけ!!って感じの漫画。今のところ、甘詰留太さんの漫画でよく湧き出る感情「ヤキモキ」はないものの、やっぱりキャラクターが色っぽく描かれてるなーって思います。 さて、そんな「ボクだけ知ってる一宮さん」の2巻ですが、ついに主人公が決意し…。

漫画

2018/5/21

甘詰留太「喰フ女」1巻、遺言バンクに投稿する人たちが消えていく…

甘詰留太さんの新作漫画が出ていましたのでご紹介します。先日ご紹介した『三十路おとめとモテはたち』の最終巻と同時期に出たマンガで『喰フ女』(くうおんな)というタイトルです。なんかそういう性的なアレかと思ったら全く違った。 ぼくは単行本派で漫画を買ってないのでこの漫画が何で連載しているかとかあんまり気にもとめないぐらいのレベルなんですが、この漫画を読んだ感想はこんな感じです。 どうしたの?甘詰先生!!? です。 甘詰留太さんの作品って、胸がキュンキュンしたり、ドキドキしたり、なんかそっち方面な漫画だったのです ...

漫画

2018/5/21

甘詰留太『三十路おとめとモテはたち』最終巻、巻末のおまけ漫画ににやり

甘詰留太さん、ありがとうございます。まさか、ああいう形であのキャラクター達を出して頂けるなんて。 甘詰留太さんが連載していた「三十路おとめとモテはたち」の最終巻が出ました。このマンガは、処女な姉とヤリヤリな妹、そしてその間に一人の男という感じのトライアンゴゥーです。ぶっちゃけ処女の気持ちは男であるボクには全く和からなくて、さらにいわゆる「女性の喜び」なんてのもしょうじきわからない。 それでも、甘詰留太さんの描くキャラクターの表情や仕草で非常に感情移入しちゃって、とっても恥ずかしい気持ち、そして何かに包まれ ...

漫画

2018/5/21

木尾士目 の『Spotted Flower』3巻を読んだ 

雑誌「楽園」で連載している木尾士目先生の『Spotted Flower』の3巻が出ました。これまで「げんしけんっぽいキャラクター」で「ifかも」と思わせるストーリーでしたが、ここで全く関係ないことが判明しました。 いや、まぁ最初からそのつもりで読んでいたんので特に問題ないっすけどね。 まぁ「〜〜かも」で読んでいた人たちは発狂物でしょうけど「思わせぶり」ってだけでげんしけんキャラクターと明言していないわけですからお門違いですね。 さて、今回はヘタレ旦那の赤ん坊が生まれる所。そして名前が決定。それのおかげで「 ...

© 2020 喫茶店の部屋