撮影機材

EOS R5 with HELIOS 44M M42 2/58

EOS R5 with HELIOS 44M M42 2/58

某ビデオグラファーのススメで、ロシアンレンズHELIOS 44M M42 2/58を手に入れました。オールドレンズはいくつか持っていて、すでにそれらを使える環境があったので、速攻購入してしまいました。M42レンズなので、僕が普段使っているEOS系の変換アダプターと組み合わせて使います。今回マウントさせたのはEOS R5です。新旧のカメラ機材を組み合わせたものでも十分に機能してくれます。

HELIOS(ヘリオス)はボケがいい感じです。いわゆるぐるぐるボケ系統なのですが、フォクトレンダーのような超ぐるぐるではなく、適度なぐるぐるといったところです。ピントさえ合わすことができれば如何様にも良い雰囲気です。そんな軽めの作例を紹介する記事です。

スポンサーリンク

HELIOS 44M M42 2/58の作例

とある飲食店にあるライトを自然光で撮影してみました。金属、ガラスともにとても良い感じに写ります。そしてその後ろに控えているボケ感も良いです。

家の庭に咲いていた植物を撮影。ピントはF2あたりだったと記憶しています。ピントが合っているところはしゃきっとし、ボケる範囲のものはぬるっと溶けていく印象を受けます。シャドウを少し持ち上げ、彩度を落として整えました。

同じ植物を引いて撮影しました。今度は先程よりF値をあげての撮影です。光の入り方もあるのでしょうけど、後ろのボケが溶けているような雰囲気が良いですね。

ぐるぐる感が分かる写真も置いておきます。なんとなーくぐるぐるってボケているように見えますね。フォクトレンダーの写真見たあとだと印象は弱いですが、「普通のボケではない」感は結構あります。

夕方あたり、F値も少し多めにしました。ピントさえ合わせられれば良い感じです。

ピント激甘ですが、なんかそれっぽい写真になりました。

この記事のトップになっている写真です。部屋で軽めのスナップです。動き回る我が子を体を前後しながらの撮影です。

「ピントさえ合えば」めちゃいい感じです。

HELIOS 44M M42 2/58の外観

小さいレンズです。それでいて軽いです。これを撮っているときにレンズに指紋がついていることに気づきました。それより前に撮影した写真を見返すと、ちょっとしたモヤッとしたものが入ってました。レンズフレアかと思ったらお前だったのか。氏ねばいいのに。

フォーカスリングをグリグリ回してピントを合わします。フォーカスリングは回すのに慣れが必要です。最短焦点距離が0.5mなんですけど、無限遠まで一気に回すのにちょっと苦労します。オールドレンズってことで、リング自体もグニッとしたグリスが入っているのか、少し回しづらい感があります。ぐぬぬぬとリングを回しピントを合わせます。

ピントの合わせ方ですが、僕のEOS R5ちゃんはピーキングが可能なので、それに頼ります。なのでSONY系とかもこういったオールドレンズで取りやすいんじゃないかな〜って思いました。

ぶっちゃけ目で見ればピンと合ってるのはわかるんですけど、デジタルで可能ならばそっちでやったほうが楽です。まじですわ。

スポンサーリンク

HELIOS 44M M42 2/58はめちゃ安い

ヘリオス HELIOS 44M-4 M42 2/58 ロシアレンズ

ヘリオス HELIOS 44M-4 M42 2/58 ロシアレンズ

9,350円(04/16 21:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

Amazonでヘリオスを調べてもらうと、めちゃ安いことがわかります。とりあえず僕はそこで購入しましたが、教えてくれた人によるとヤフオクとかのほうが早いらしいです。僕はちょうど忙しい時だったので、いつ届いてもいーやってことでAmazonにしました。

ちなみに、M42とEOSはこういったアダプターがあります。電子接点付きの製品もありますけど、あれってピントが当てにならないんでなにもないノーマルのやつが良いと思います。EOSの話ですけど、マニュアル系のレンズつけるときは、専用の設定にしないとシャッター切れないので注意が必要です。

兎にも角にも良い買い物したと思います。めちゃ安いしね。

この記事 どうでしたかー?

-撮影機材
-, , ,