読み物

SatechiのMagSafe充電器をしっかり設置するアイテム

SatechiのMagSafe充電器をしっかり設置するアイテム

iPhone12からはQi(チー)充電と似た形式で、MagSafeでケーブルを刺さずとも充電が可能です。Qiでは所定の位置にスマホをずらして充電するような仕様だったのですが、MagSafeはその箇所を磁石でしっかりと固定してくれるのでずれることがなくなりました。そんなMagSafeシステムなんですが、Apple純正のものはフラフラといどうします。だってケーブルが固定されてないからです。

僕はMagSafeを使っているのがデスク周りで、ケーブルが外れる利点ってあんまりないんですよね。電話するときにはケーブルも外すスタイルなので、もちろんMagSafeのときもiPhoneを外しています。

なので、MagSafe固定したい…んですよね。

そんなとき、SatechiさんからMagSafeをテーブルなどに固定するアイテムをご提供いただきました。どんなアイテムかというと、Apple純正のMagSafeアダプタにSatechiさんでおなじみのアルミカバーを取り付けちゃうというもの。MagSafeもおしゃれにしちゃう。それがSatechiさんなんです。

スポンサーリンク

MagSafeをおしゃれに設置

こちらがSatechiさんのMagSafe用ドッグです。MagSafeに金属のカバーをはめ込み、背面にある吸着するパッドでテーブルや平らなところに設置するというものです。

説明にある通り、この製品には充電器は付属しません。あくまでアルミニウムなカバーが付く…のです。それでも僕みたいにケーブルうぜえって思っている人にとってはありかと思います。もちろん充電は問題ないです。

所定の位置で充電する幸せ

SatechのMagSafeドッグの見た目はこんな感じです。MacBookやiMacの背面に合わせたようなちょっとした曲面があるフォルムをしております。

ドッグの背面にはマイクロ吸盤パッドという黒い吸着するもので覆われています。これはどこでも平らなところなら吸着できるし、ちょっとした力で外せるんです。かといって、iPhoneをおいたときにすぐにずれるかというと全くそういうことではないです。いい感じの吸着感があります。写真を見て分かる通り、テーブルにあったホコリとかがついちゃうんですけど、まぁそれは許容範囲ですね。背面に見ないしね。

こんな感じでデスクのとあるところにおいて、そこで充電します。どこに行くわけでもなく、この場所にiPhoneがあり、iPhoneが充電されるのです。所定の場所にあるってのがとっても大事。見栄えとかも大事ですからね。このSatechiのMagSafeドッグはそういうスタイルです。

ってことで、そういうスタイルでMagSafe使いたい人にはこのドッグはありかなと。

ちょっと宣伝

Momentを手に入れるならこのショップ!

この記事 どうでしたかー?

-読み物
-