ガジェット

スマホの指紋汚れはWhoosh!でおさらば

スマホの指紋汚れはWhoosh!でおさらば

スマホやタブレット、MacBookにいたるまで、さまざまなガジェットで気になってくるのは「指紋汚れ」ではないだろうか。ボクはそういった汚れがめっちゃ気になっている。スマホやタブレットに指紋や汚れが付いていると「うわぁ」って気持ちになってくる。クリーナーなど色々とアイテムは出ているけども、「脂感」みたいなものは結局拭き取れていない。

数年前、とあるAppleグループ系の集まりで、「Whoosh!(ウーシュ)」という製品を知った。なんでもApple Storeで職員さんが展示されているスマホやタブレットの汚れを拭き取るのに実際に使っているアイテム(今はどうかは知らない)で、タブレット、スマホ、PCなどのディスプレイや、Apple Watchなんかの画面についた汚れを取るのに使っているとのこと。

「Whoosh!(ウーシュ)」の特徴としては、アンモニアやアルコールが使われていない独自の洗浄液が入っていて、手にも環境にも優しい(と言う謳い文句)クリーナーという。洗浄液とマイクロファイバークロスがセットになっていて、シュッとしてサッと拭き取るタイプのアイテム。

ボクもその話を聞いてからWhoosh!(ウーシュ)をずーっと使っていて、今回、記事として紹介したいなと思った。「抗菌」があるかどうかでいうと「わからん」とのことなのだけれども、今は色々と「菌」が気になっちゃうご時世なのでこの機会にこういうアイテムを見つけていくのも良いと思う。

スポンサーリンク

Whoosh!でスマホやタブレットの汚れを拭き取る

Amazonや楽天で「Whoosh!(ウーシュ)」を調べてもらうといくつか種類が出てくる。そのなかでもボクが買うならばこの2種類かなと思っている。なぜか「Whoosh!(ウーシュ)」は品切れのタイミングなのかめちゃくちゃ高い時期があり、その値段のまま販売されているお店もある。いやいや、これ、「もっと安く売ってるヤン」って知ってるのでそういうところでは極力買わないようにしておいて欲しい。なんだったらカメラの専門店であるカメラのキタムラさんにも同様の値段で売ってたから(いや、若干高かった)。

上の方の「Whoosh!(ウーシュ)」は2種類のボトルと3つのクロスが付いているセット。「家用のWhoosh!」「外用のWhoosh!」って用途でボクは使い分けている。小さい方を鞄に忍ばせ、ちょっと指紋なんかが気になってきたらシュシュシュと画面に当てちゃう。そして拭き取れば良い。

人が集まる場所で使ってると「何それ良さそうじゃん」って実際に試してもらう。そうすると、そのディスプレイの綺麗のなりっぷりにちょっと驚いてくれる。これが「Whoosh!(ウーシュ)」のもたらす「Whoooo」なんてことなんだろなと。あんまり実感無いけどちょっとの間は指紋が付きづらい状態になるとのこと(そう書いてある)。個人的には「またWhoosh!(ウーシュ)で拭けばいいや」と思っているのであんまりそのことは気にしていない。抗菌とかも気にしてない。汚れを見たくないだけなので。

「Whoosh!(ウーシュ)」の使い方

写真を撮り直すために何度もスプレーをした状態

「Whoosh!(ウーシュ)」の使い方は至って簡単。スマホやタブレットの画面に向かってシュシュシュと洗浄液を吹き付けるだけ。上記写真では写真の撮り直しのためにめっちゃ「Whoosh!(ウーシュ)」を付けちゃっているけど、そんなに吹き付けなくて良い。スマホぐらいなら2プッシュぐらいで上等かなと。ただし、防水仕様ではないデバイスで吹き付けるのはやめておいて、マイクロファイバークロスのほうに吹き付けた方が良いと思われ。

あとは、マイクロファイバークロスをつかって、洗浄液を拭き取っていく。指紋べったりからこの作業をすると、面白いほどよく汚れが取れる。このスッキリする体験は是非とも「Whoosh!(ウーシュ)」でしてほしいものだ。

スポンサーリンク

「Whoosh!(ウーシュ)」でいつでも綺麗なディスプレイを

ということで、スマホやタブレットPCやTV、Apple WatchやNintendo Switichなど、あらゆるデバイスで使える洗浄液「Whoosh!(ウーシュ)」の紹介だった。どうでしょう?欲しくなった?一つぐらい持っておいても損は無いよ。ちなみにカメラのレンジにはこいつは使ってない。カメラのレンズには別のオススメクロスがあるので、それはまた後ほど紹介したい。カメラの液晶画面とかならば「Whoosh!(ウーシュ)」は使える。マジで綺麗になるから是非とも使って欲しい。

とりあえず上の方の「Whoosh!(ウーシュ)」をもって置いて、もうこいつだ!ってなったなら下のにしたら良いさ。なんでボクは下のにしないかって?邪魔じゃん。それだけ。

あと、この「Whoosh!(ウーシュ)」記事を書くときに知ったんだけど、ウェットティッシュタイプのアイテムもアルのね。これならば防水しようじゃ無い製品(スプレーを安易にかけられない製品)にも対応できそう。TV用のはこっちにしようかな。

 

 

ちょっと宣伝

Momentを手に入れるならこのショップ!

Momet Official onlie shopへのリンク

読んでほしい

かっこいいひげ剃り探してないですか?

ドイツ老舗ブランド「MUHLE」のシェーバー

電動とかカートリッジ式の髭剃りに飽きたら読んでみて欲しいです。

LUTを20個ほど配ってます

とりあえずDavinci Resolveで使ってみて欲しいLUT配布中
LUTを20個ほど配布することにしました

LUTを20個ほど配布することにしました

BMPCC似合わせてますが全カメラでも適応可能

この記事 どうでしたかー?

  • この記事を書いた人

喫茶店

「全身性エリテマトーデス」と「両足大腿骨骨頭壊死」という病気をもつハイパー難病人で「フリーランス」しています。 伊勢志摩在住。HP製作や写真撮影、動画撮影なんかを生業にしています。 このブログで撮られている写真はだいたいEOS R5を使っています。(2021年頃より) サイトへのお問い合せやレビューのご依頼はこちらにメッセージをください。 あとYouTubeやってます。もし良かったらフォローしてあげて下さい。

-ガジェット
-,