子供にやらせたいゲーム『クレイマン・クレイマン』(PS):すべてが粘土な世界

ページ

 

子供にやらせたいゲーム『クレイマン・クレイマン』(PS):すべてが粘土な世界

2013年2月9日土曜日

クレイマン

このゲームは僕に子供がいたらぜひやらせたいPSのゲームです.

すべてが粘土のナゾだらけの世界、ネイバーフッドをクレイマンが救う話です.

音楽や仕草、動作やキャラクターなどかなりユニークなゲームです.
人をおもいっきり選ぶゲームなのですが、おすすめしたいゲームです.

泣きそうになる
PSのゲームで表紙すらすでに無いゲームですが、位置までも大切にしたいゲームの一つ.

それがクレイマン・クレイマンです.

若干似たタイトルの映画がありますが、それとは全く関係ないゲームです.


このゲームはすべてのシーンが粘土で作られているクレイアニメーションとなっています.
最初から最後まで粘土です.


主人公クレイマンは、1分ほどで描けてしまうような簡単な顔のキャラクターです.

生まれた瞬間から謎の世界ネイバーフッドでひとりきりです.色々世界を触って、何をするかを理解し、様々なパズルを解いていき、エンディングまで行く.
クレイマンは好奇心ですべてを考えます.

カセットが世界中に散りばめられていて、それらを集めないと先に進めない.

僕はいつも最後のカセットだけがどうやってとるかわからずになっていた.


しかし、中学校のとある瞬間.
このゲームをやったことのある友人から「あれを解いたよ」という言葉が.

ぶっちゃけ信じていませんでした.
しかし、実際に解けていたので「すげー、すげー」って感じです.

クレイマン・クレイマンやった知人は全て最後のカセットの取り方がわからなかったのですが、この友人のお陰で衝撃的なエンディングを見ることができました.



このゲームのキャラクターの中に巨大ロボットがいて、なぜ彼が大砲で打たれなければならないのかよくわかりませんでした.

切ない気持ちになります.


音楽も癖になったり、難しいパズルを解いていったり、操作性が難しかったり、

色々ありますが、クレイマン・クレイマンは思い出のゲームです.
噂ではiOS版が出るとかでないとか・・.

一体いつになるやら・・.




もし、ゲームショップの中古コーナーで見かけたらやってみてください.


管理人の一言:
好奇心をくすぐるゲームクレイマン・クレイマンの紹介でした.



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事