YouTube 写真

YouTube「シノタクちゃんねる」で写真の添削・レタッチをしてもらう

投稿日:

「コレが無料なの?」が当たり前になれば良いなと思った。

自分の写真の技術を上げたく、色々なEDU(学び系)やTIPS(技術系)の映像や書籍をあえて「海外サイト」で漁っていたのだけど、まさかの灯台もと暗しがありました。

いやいや、まてよと。日本ってそういう所だったっけ?何でもかんでも「学び」に対してお金が発生するもんじゃなかったっけ?某学校系WEBサービスとか、色々ある中で、そんなことしちゃって良いわけ?

いや、よく考えたら、これ海外だと普通に行われてるんだけどね…。(割とマジで写真系は無料のもが出ています)

って前置きをおいときます。

プロの写真家「シノダタクミ」さんがやっているYouTube「シノタクちゃんねる」を今回は紹介させて頂きたいなと思います。

自分の写真に対する考えや思いが変わってきたときに出逢った日本人YouTuberが行っている写真系TIPSのYouTubeチャンネルの紹介です。これから写真を学んでいこうと思っている人、ステップアップを図りたい人は、マジで見た方が良いのでは?むしろ見ろ、的なそういうYouTubeチャンネルですよ。

そんなチャンネルで、写真の添削やレタッチをやって頂きました。

スポンサーリンク

写真系YouTube「シノタクちゃんねる」で写真を学ぶ

今回は、シノタク先生を軽く紹介して、先日行われたYouTubeライブの感想的な感じの記事とさせて頂きます。

写真家、シノダタクミとは?

ぶっちゃけ、お会いしたことはありませんので、正直情報として持っているモノは少ないです。軽めに調べ上げた結果を述べますと…。

 

シノダタクミとは

本名、篠田 工。東京生まれ。

写真家になるまでは、「東京理科大学」や「日本写真芸術専門学校」で写真を学び、スタジオのアシスタントをへて、プロの写真家になる。
go relax E more」に所属し、女の子を可愛く撮る写真を得意とする。

カメラは、FUJIFILM X-Pro2、X-H1、GFX 50Sの3台を使い分けている。

写真アカウント
@Takumi_Shinoda| Twitter
@takumishinoda| Instagram
フレンドリーなアカウント
@takumi_tube| Twitter

まじで「女の子を可愛く撮影する」のがスゴいんです。可愛いんですよ。こんな写真撮りてーってなるんです。



ボクは完全独学でやってきているので、写真の世界とか全く判ってないんですが、写真の学校を出て「スタジオマン」という写真スタジオで色々経験を積んで、プロのカメラマンになった人物だそうです。

この話は、シノタク先生(って呼んでます)のライブ配信などで話として出てきてました。

ボクがシノタク先生のYouTubeと出会ったのは、「039ブランドの高演色LEDライトSh50Pro-S」という写真機材の、割とニッチな動画を上げられていたからなんですよ。あの機材についてあんまり語られてなかったからそりゃ見ちゃいますよね。

しかもそれがほぼ初期のモノで、2018年6月からYouTubeをはじめ、2019年1月には2,400人を超える登録者数になっています。登録者数増加の勢いは日に日に増しているように感じます。

写真のTIPSが割と真面目に語られている

正直、見た目が「ちょっとチャラい」っぽい人なのですが、映像の内容を見ていくとそれはそれは「学び」に溢れているんです。あとしゃべり方が割と癖になる。

そのTIPSのいくつかをご紹介させて頂きたい。

Photoshopの「情報」から読み取れるモノを解説してくれている動画。

RAW現像をLightroomを使って実践してくれる映像です。透明感のあるRAW現像ってこうやって作るんですよ…。

実際にモデルさんの撮影風景を「生配信」で見せてくれている映像…。



と、今回はちょっとだけご紹介しましたが、これが全部無料で公開されているんです。ヤバイですよコレは。

一般的なTIPS系のサイトって、月額いくらとか、LightroomやPhotoshopのさわり方でいくらみたいな感じでお金発生していると思ってるんですけど、マジで無料でコレが垂れ流されているってのがスゴイ。

そういう知識を共有させてくれるってのが…ありがてえんですわ。

PhotoshopやLightroomの「見方」や「使い方」はもちろん、モデルさんを撮る様子やモデルさんとのやり取りがYouTubeチャンネルでは公開されています。後者においては、実際にその現場にいないと見れない、聞けない、知れないような情報ですからなおありがたいのですよ。

そんなシノタク先生さんが添削とレタッチをする「視聴者参加型ライブ配信」をやるってことで参加してみることにしました。

写真の添削をしてもらった

これがその「撮った写真を添削してくれたりRAW現像してくれる」ライブ配信動画です。

ライブの内容は、「シノタクちゃんねる」の視聴者に写真を提供してもらいそれの「添削」をみんなで行うというもの、そして「RAW写真」を提供してもらい、それをシノタク先生がレタッチするという2本立てです。

2本目がヤバイですよね。

今回国登録有形文化財 「鳥羽大庄屋かどや」で人物写真撮影してきた時の写真をRAW現像してもらうべく、応募してみました。初回と言うことも有って、あんまり応募数が少なくて採用してもらったような気もします。ありがてえ。

243A2983 1500x999

こちらの写真が、ボクが以前に現像してみた写真です。なんか「大正の人」みたいな雰囲気にして見たくこういう風にして見ました。

これでも「行けるやん」って思ってたんですが、やっぱりプロはチャいますね。シノタク先生はもっとイイカンジにしてくれました。

Sinotaku243A2983 1500x1000

んんんーステキー!

これがプロの現像です。

まず、全体的に明るくしてくれました。これだけで要望として提出した印象になってくれたなーって思います。

そしてPhotoshopを使って顔を綺麗にレタッチしてくれたり、写真右にある電気のスイッチを消してくれたり「シノタク先生ならこうする」を見せて頂いたわけです。Photosopまわりのことは、かなり細かくやって頂きました。そしてその作業をライブ配信で観れるってのが良いです。

毎度、色んなレタッチ動画を配信されてますけど、細かいところまでやる…ってのが非常に重要なんだなーと認識させられますね。



自分でもレタッチしてみた

243A298d3 1500x1000

そして見よう見まねで自分で現像からレタッチをして見たモノがコチラになります。

うーん、最初のよりは良くなった認識は有る物の、シノタク先生みたいな感じにならない…この辺りは差が出ちゃう所なんですかね。

例えば、トリミングの仕方とかも色々と印象変わっちゃいますし、そういう所をもっと勉強していかないとなーと思わされました。

後さっきも描きましたけど「細かく観ていく」を今後注意していきたいなと。。。

スポンサーリンク

割と有益なYouTubeチャンネルでは?

英語やフランス語、中国語で色々な海外サイトをたどれば同等の情報を得ることは可能です。ただしやっぱり言語の壁とかもあって、簡単にその情報を知識に落とし込むのは難しいなと感じているところもありました。そんなときに出逢ったのが「シノタクちゃんねる」で「シノタク先生」でもあったのです。

ボクにとって写真って何だろう…を思って、「進もう」ときめたので学び始めた色々なこと。それを解決してくれるのが今のところ「シノタク先生」なんですよ。

いや、お金はらって有料サービスを受ける…ってのもいいんですけど、ね。

今後、シノタク先生はおそらく何かしら有料なコンテンツも出てくるだろうと思います。それでも「お金払っても良いかな」って思えるコンテンツがたっぷりなYouTubeチャンネルです。

是非ともご体験して頂きたいです。

シノタクちゃんねるはコチラ

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

157,383円(02/17 07:44時点)
Amazonの情報を掲載しています


-YouTube, 写真
-, ,

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.