子供

バウンサーマジすげえな、勝手に静かになる

先輩パパーズから「バウンサーあるとええぞ」と言われて、バウンサーをゲットした。

バウンサーが何かというと、赤ん坊を乗せて使う「揺れる台座」です。

北欧の「ベビービョルン」から出ているもので、泣きに泣きまくるベイビーが要る人にとっては魔法の椅子。赤ん坊を乗っけると、その揺れる台座で静かになっていくというものです。

いや、マジでゆったりしてくれる。それがバウンサーです。

ベイビーによっては合わない子も居るらしいのですが、うちの子には合いました。

ちなみに上記写真はくしゃみをする瞬間です。

スポンサーリンク

ベビービョルン、バウンサーを導入

とりあえずバウンサーの紹介映像を用意しました。観てくれると嬉しいです。

ベビービョルン バウンサーバランスソフト Air ブラック 005028

ベビービョルン バウンサーバランスソフト Air ブラック 005028

14,842円(08/05 08:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

正直、嫁氏がコレを手に入れたのでボク的にはノーチェックでいきました。…が、バウンサーを実際に使ってみると、マジで泣き止んだので興味が出てきたので調べました。

バウンサーは生後1ヶ月ぐらいからつかえるあやしぐっずで、平たく言うと「椅子」です。先にも書いたように、揺れてくれる椅子なんです。

ゆったり心地よい揺れがあることで、ぐずりまくりすてぃーなベイビー達も気持ちいい感じになってくれるというやつです。

いま、バタバタ期なんですけど、そのバタバタで勝手に揺れて勝手に遊んでくれる。そういう感じのあやしグッズです。

スポンサーリンク

バウンサーはこんなグッズです

なんかカバーの種類が複数有って、家にあるのはメッシュタイプのやつです。

くぼみにケツをはめて、フラップを手前に取り付けるって感じの付け方です。

とりつけはこの簡単なパーツで1分以内で取り付けが可能。取り外すのもけっこう簡単です。取り外しシーンは映像にあります。

これがケツの部分、なんかすごい。スゴイフィット感。

これがバウンサーのひみつだろうな。

バウンサーは3段階の角度調整があり、揺れなどが変わります。この写真に写っている簡単なパーツで角度調整が可能。個人的には一番上の角度でよく使います。

広さはこんな感じ、あと畳んでみる

バウンサーは下の骨組みと台座部分の広さが必要です。個人的にはコレは邪魔にならない大きさだと思います。

バウンサーの特徴は、たたむとかなりコンパクトになります。ちょっとした板です。

板なので、ちょっとした隙間に入れちゃえます。めっちゃしまえます。

めっちゃコンパクトになります。

とりあえずバウンサー手に入れとけ

ぶっちゃけ使ってみないとその子に合うかはわからないけど、とりあえずうちの子はこれで良い感じにゆらゆら揺れています。

いや、北欧製とかぶっちゃけ知らなかったんだけど、先輩パパーズが良いって言っていて、さらにうちの嫁氏がいつの間にか買っていたバウンサー。この製品は「有り」です。少なくともうちのベイビーには合う製品でした。

ちなみにメッシュタイプにしたのは「夏じゃん、もうすぐ」って理由です。寒そうだったら薄い布でぐるぐる巻きにしておけば良いかなと。1ヶ月から2歳ぐらいまで使えるっぽいですよ。

動画見てない人、やっぱ動画見て欲しい。最後にうちの子がくしゃみするからそこまで観て欲しい。

そんなバウンサーの紹介記事でした。

ベビービョルン バウンサーバランスソフト Air ブラック 005028

ベビービョルン バウンサーバランスソフト Air ブラック 005028

14,842円(08/05 08:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

Momentを手に入れるならこのショップ!

この記事 どうでしたかー?

-子供
-,

© 2020 喫茶店の部屋