小学館、月刊「ヒバナ」の最終号が出て、終わった。連載作品のその後などをまとめた

ページ

 

小学館、月刊「ヒバナ」の最終号が出て、終わった。連載作品のその後などをまとめた

2017年8月22日火曜日
Hibanasaigonoyatu
はい。ヒバナ終わりました。

2015年の3月から新創刊され、2017年8月にでた9月号を最後に終わると言うことです。2014年には月刊IKKIがおわり、ソレの引き継ぎで開始されたヒバナ。終わりを迎え、ボクがIKKI、ヒバナに関わった歴史はココで幕を閉じることになった。

というとなんかくらい感じなので、とりあえずヒバナから移動する漫画なんかをご紹介していきます。引き続き連載してくれるのでOKっすね。

ヒバナが終わり、漫画はこう動く

ヒバナで連載していた漫画がめっちゃありますので、とりあえず観て頂きたい。

予備知識として「マンガワン」と「Pixivコミック」についてご紹介。 マンガワンは色々と漫画を連載しているサービス。アプリで観ることが出来て、スマホで気軽に漫画を楽しめます。
Android アプリ Pixivコミックとヒバナのコラボで実はPixiv内でヒバナ作品が連載されている。

個人的にオススメなのは、永田カビさんの「一人交換日記」ですわ。はい。

ヒバナ連載作品の今後

  • アイゼンフリューゲル弾丸の歌よ龍に届いているか(虚淵玄/七竈アンノ) 9月24日より「マンガワン」にて、隔週で第1話から再連載
  • あかねのハネ(磯谷友紀) 12月より「マンガワン」にて、隔週で第1話から再連載
  • あちらこちらぼくら(たなと) 9月22日より、「マンガワン」にて、隔週で第1話から再連載
  • アフターアワーズ(西尾雄太) ヒバナで掲載できなかった最終話を収録した第三週を刊行
  • 或るアホウの一生(トウテムポール) 9月21日より「マンガワン」にて、隔週で第1話から再連載
  • あんたさぁ、(ルネッサンス吉田) Pixivコミックにて第1話より再連載
  • キュラシア・ブラッド・ブラザーズ(松田未来) Pixivコミックにて第1話より再連載
  • しまなみ誰そ彼(鎌谷悠希) 9月20日より「マンガワン」にて隔週で第1話から再連載
  • スラップスティック(青野春秋) 10月より最新エピソードを毎週掲載予定
  • センコウガール(永井三郎) 11月2日より「マンガワン」にて、第1話から再連載
  • 潜熱(野田彩子) 11月1日より「マンガワン」にて、隔週で第1話から再連載
  • 翼くんはあかぬけたいのに(小花オト) 9月9日より最新エピソードを月1回、その他の週はおまけ漫画を毎週掲載(すでにマンガワン内で連載されている)
  • ドロヘドロ(林田球) 11月11日発売の「ゲッサン12月号」より最新エピソードを掲載開始予定
  • なくてもよくて絶え間なくひかる(宮崎夏次系) 11月6日より「マンガワン」にて隔週で第1話から再連載
  • Blue Rose Age(ANTENNA牛魚) 少年画報社より単行本を刊行
  • ベルサイユオブザデッド(スエカネクミコ) 11月7日より「マンガワン」にて隔週で第1話から再連載
  • ほぐれ紳士、揉井さん(渦井) 11月5日より「マンガワン」にて、隔週で第1話から再連載
  • 勇者達(浅野いにお) 2018年に「マンガワン」にて第1話から再連載
  • 雪花の虎(東村アキコ) 月刊ビックコミックスピリッツないしは、月刊!スピリッツにて連載を維持
  • ロボッとうさん(有永イネ) 現状不明、続きについて有永イネ公式(@ine_arinaga)とロボッとうさん公式(@robotousan1)でお知らせ
  • ロマンスの騎士(武富智) 11月3日より「マンガワン」にて、隔週で第1話から再連載
  • ロメオがライバル(秀良子) Pixivコミックにて第1話から再連載
  • アイちゃんとえほん(わきとえぬ) Pixivコミックより第1話から再連載
大体は先ほどご紹介した「マンガワン」にて連載されるようです。ゲッサンにてドロヘドロが掲載されると言うことで、ゲッサンを体験させて頂くんですわー。

連載完結作品について、お知らせ

  • きょうのあにいもうと(五十嵐大介) 単行本につきましては詳細が決まり次第、ヒバナ公式HP、Twitterほかでお知らせ
  • 人狼執事の物騒な日課(村岡恵) 10月12日頃に単行本第二集を刊行
  • 弁天ぼたん(再田ニカ) 9月12日頃に、単行本第二集を刊行
  • 三十路飯(伊藤静) 今秋、単行本第三週を刊行
  • めがはーと(横槍メンゴ) 11月17日頃、単行本1巻を刊行します。
  • ロッタレイン(松本剛) 9月12日に第二集、10月12日
個人的にはロッタレインは確実に購入する予定。めっちゃいいです。

ヒバナの終わり、涙腺に響く

ヒバナが連刊行開始した当時、ボクは一生ついて行く、と決めていました。それもあって、「ヒバナ専用の本棚」も大工さんに作って頂くという暴挙にでたわけです。そんな、なんか思い入れのある漫画雑誌。

それがヒバナ。

9月号、最後の最後、最後のページを読んで、本当に目から涙が出ました。たかがマンガ、されどマンガですが、2年という月日は、確実に僕の心に着火してくれたわけです。

ありがとうヒバナ。お疲れ様でした。

また、いくつかのマンガはWEB上で観ること出来ますので是非ともご観覧ください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事