EOS 5D Mark4 を手に入れた。報告と、C-logとか軽めに。

ページ

 

EOS 5D Mark4 を手に入れた。報告と、C-logとか軽めに。

2017年12月8日金曜日
Canoneos5dmark4 IMG 7021 HDR Edit
EOS 7Dからのアップデートで、Canon EOS 5 Mark 4を手に入れました。ボクにとっては因縁の(このブログの過去記事とかね)カメラです。ついに手に入れました。

ボクにとって初めてのフルサイズカメラ。Canon系のレンズ資産を使えたら良いなと言うことで、SonyやNikonではなくCanonにしました。というか、まぁ、3代にわたってCanonなのでその流れってのもあります。


EOS 5D Mark 4

こちらがEOS 5D Mark 4です。高いですねー。高いですが、ファーストインプレッションが衝撃的だった。まず、普段使っているフルサイズ対応のレンズを取りつけてみて「はっ?」って割とキレ気味のトーンで口からでていた。それぐらい写りがちがったという。
フルサイズ対応のレンズをAPS-Cで使ってたんですが、レンズの機能を十分に発揮できてなかったんだなーってなっちゃった。

EOS 5D Mark 4は映像撮影も出来るという点も興味をそそったところ。ソレが無かったら5D Mark2でもイイかなと思ってたのですが、ソコの差は結構あります。
  • DCI 4K(4096×2160)で割と綺麗
  • 4K/30p、フルHD/60p、720HD/120pのフレームレートを選択可能(でもクロップがダメ)
  • タッチスクリーンAFが速い
  • デュアルピクセルAFもね
  • CFとSDに対応。両方同時に行ける
  • 4K映像から880万画素の切り出しが出来る
  • 7Dのバッテリーがそのまま使える
良い点はこんな感じかな?ただ、先にも書いた「クロップ」について。4Kが実は1.78倍のクロップで正直「ふぁ?なにこれ?」ってなった。4Kは撮影できるが、やっぱクロップはどうにかして欲しいな。ってね。

いや、でも、写真に関してはやっぱスゴイ。フルサイズしゅごい。なんでAPS-Cで満足できてたんだろうってなっちゃった。それぐらいすごかった。でも撮っていくとそのフルサイズにも慣れちゃうという怖いところ。

ファームをあげると…。

実は、EOS 5D Mark 4のファームをあげるとC-Logにに対応するという。C-logについては割愛するが、「え、これやらなきゃ」という使命感からソレをしたいなと思った。
更に調べると、C-logのファームにするには、Canonに預けて「改造」してもらわないといけないらしい。

えぇ、ココまで書いたって事はそういうことです。だしますよ。有料アップデートしますよ。C-log使いたいしね。

ってことで、近いうちに、依頼出します。

C-logが使えると映像的にめっちゃ嬉しくなる…!!ってことだけ伝えておきます。

まさかの写真例を出さない記事

買ったぜ!→こんなの撮ったぜ!!を出そうかと思ったのですが、「めんどくさく」なったのでソレは止めます。まぁ、Instagramとか見てもらえれば、なんか若干ちがう写真撮れてるんで、それがEOS 5D mark4で撮影したモノです。割愛〜〜。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事