アクションカメラGoProにジンバルが来てから撮影が変わった

ページ

 

アクションカメラGoProにジンバルが来てから撮影が変わった

2017年12月1日金曜日
Goproacgimbal 243A0231 2
やっぱね、GoProにジンバルってあった方がいいなーって思った。

いろいろな安いアクションカメラから興味を持ち始め、手を出してはこれじゃないこれじゃ無いと嘆いていて、そしてやっぱGoProなんだなーとか思いながらGoProを手に入れてからGoProで色々と撮影をしている。まだ保存だけしていて編集すらしていない無数のデータとかそういう状態になって居るぐらいGoProで撮影しまくっている。

最近ではGoPro Hero 6ってのが出たからソレを使っている。もし今からかうんだったらGoPro Hero 6がいいだろう。過去のモノはしょせん、過去のモノなのだ。最新はやっぱ最新なりにちゃんとしている。

そんなアクションカメラGoProで「これはまじであった方が良いぞ」ってのがGoProで使える「ジンバル」だ。こいつが何かって言うと手ぶれ補正してくれるアイテム。ブレブレじゃ無い綺麗な映像になるってヤツ。

人によってはアクションな手ぶれが欲しいからジンバルは邪道だーって人も入るけど、ボクはそういう用途で使わない(身体的に使えない)ので映像美としてこのGoProを使っている。

だからこそ、ジンバル。まじで合った方が良いよーって思った。そんなジンバルをご紹介。

GoProでジンバルはイイよ



すでにボクはYouTubeで何本か公開しているけど、GoPro With ジンバルって組み合わせだとまじで安定した映像が撮れる。アクションカメラの「アクション」をなしてないんだけど、ボクはソレ目的で手に入れてないから、というかこう言う映像作りたいからGoProにしたんです。いとも簡単にソレが実現できちゃうのがジンバルという要素。こんな安定した、ヌルヌル、イイじゃん。

主に、タイムラプス、そして車での移動で利用しているジンバル。二つのジンバルを使っていつも撮影しています。

手持ちでジンバルのやつ

一つ目はハンドヘルド型のジンバル。Feiytech G5です。GoProはGoPro Hero 5より防水機能がつきました。このFeiyu Tech G5もある程度生活防水です。つまり、雨とかでも使えるジンバルなんです。

雨の中でしか撮れない映像ってあるじゃ無いですか?それがコレで撮影できちゃうんです。



ハンドヘルド…なので町歩きとか観光とか、なんかそういうときに使えるジンバル。スポーツだったら、スノーボードとかでもめっちゃ役立ってくれるジンバルなのだ。

バッテリーは交換可能で、最初からあるバッテリー(電池)で8時間撮影が可能。GoPro自体は8時間無理なのだが、このジンバルから実はGoProに給電できてしまうので、GoPro搭載のバッテリーよりも長いこと撮影が出来ちゃう。

GoProに給電しながらだと半日ぐらいはボクは撮影できてたかなーと記憶。撮りっぱなしではなかったのでこの感覚が正しいか分かりませんが、とにかく長いこと撮影できる。

GoProのために作られたジンバルなのだ。

もちろん、GoPro以外のアクションカメラも取り付け、給電可能(合わないアクションカメラももちろんあります)。

置いたり、車載にしたり

そして、同じくFeiyuTechのWG2ってやつ。コイツも写真見てもらったら分かるように生活防水なのです。雨の中の撮影も雪の中の撮影も余裕で行えます。

ハンドヘルドのFeiyuTech G5との違いは、バッテリー交換が出来ないという所ぐらいですかね?コイツはコンパクトな点と、そのまま車のフロントにおいて安定した車載撮影とかできちゃいます。そういう強い味方。

これをリュックのシュルダーに取り付けウェアラブルカメラとして使う人もいるとか。



パノラマ撮影がすごい

さきのYouTube映像見てもらったら分かるように、「パノラマ」撮影が可能なのです。ジンバル自体のパノラマモードとGoProの「タイムラプス撮影」この二つを組み合わせることであの映像が撮影できちゃう。マジで簡単。だって歩位置しておくだけだからね。

わずか10秒で撮影の設定を終え、放置しておくだけでアレが撮れるのだ。マジでスゴイでしょ?

こんな映像がPCにたっぷり入っている。まだ編集してなかったりね。

あ、この両方のジンバルでソレが出来るから。

このジンバル、両方とも三脚穴が空けられていて、それに取り付け安定させて撮影出来る。WG2につちえは、そのまま床に置いても良いけどね。まぁ、そういう機構があるって事で。

ジンバルでGoProの撮影幅を広げる

ボクの身体には色々制限あるんだけど、このジンバルがあるだけでGoProの撮影の可能性が無い人よりは絶対に広がっている。表現できる映像が増えたって事。んで、それはとっても簡単で、まじでジンバルを導入して良かったって心から思う。
  • ジンバルは手ぶれなくすやつ
  • FeiyuTechの二つの製品は生活防水なジンバル
  • GoPro Hero 6、GoPro Hero 5は防水
  • 雨でも雪でも安定して撮影可能
  • タイムラプスとパノラマモードを組み合わせて幻想的な世界へ


はい。ジンバル、イイッスよ。


え?GoProのKarmaは…だって?一体何のことやら…。(ゲフンゲフン)




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

▶ 関連する新着記事