喫茶店の部屋

@kissatenが良いなと思った物をひたすら紹介するブログ

My Favorite

『イコライザー』元CIAがホームセンターで暴れる話

投稿日:

Amazonプライムで公開されていたアクションスリラー映画『イコライザー』が面白かったのでご紹介したいです。

「とりあえずなんか映画を見よう」って時に、ジャケットに目がとまったので見始めた映画です。映画の内容をざっくりと話すと、深夜のダイナーで読書を日課としていた心優しい男が、実はCIAで、なんやかんやあって悪と闘うという話です。

主人公の男性は、普段はホームセンターで働き、平穏な日々を過ごしていた。ダイナーの常連の娼婦が激しい暴力を受けたことを知り、その一味を、その親分をぶっ潰していくお話です。

普段おとなしい人を怒らすと超絶怖えぞってやつですね。

主演は『グローリー』や『アメリカン・ギャングスター』でも超絶活躍したデンゼル・ワシントンが演じ、ダイナーの常連でボコボコにされる女性をクロエ・グレース・モレッツが演じています。

ここでクロエの名前を出しましたけど、まじでちょい役なのであんまりクロエを期待してみない方が良いです。

敵役(暴力的な解決屋)には、なにげに色んな役をやっているマートン・チョーカシュが起用されています。



まったく予備知識無しでみましたけど、それなりに楽しめました。「元CIAがホームセンターで暴れる」というどっかで見たような企画ではありますけど、スティーヴン・セガールしかり、ジェイソン・ステイサムしかりと「俺強えぇ」な展開が待ちわびていてスカッとする系でもあります。

イコライザー AmazonDVDコレクション Blu-ray

イコライザー AmazonDVDコレクション Blu-ray

デンゼル・ワシントン, クロエ・グレース・モレッツ, マートン・ソーカス
1,500円(06/16 00:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

映画自体は2014年のもので、続編の『イコライザー2』もあります。

スポンサーリンク

元CIAがちょうつええ話

どんな裏仕事も19秒で完遂する元CIA工作員にデンゼル・ワシントン、娼婦(しょうふ)の少女にクロエ・グレース・モレッツがふんしたアクション。ホームセンターの従業員として働く元工作員が10代の娼婦(しょうふ)と出会ったことをきっかけに、警察が関われない不正を始末する仕事請負人となる姿を追う

元CIAという情報は、物語の中盤にならないと判らない仕組みになっていて、映画を最初に見たときは、「ひぇ、このおっさんサイコすぎねえ?」って思いました。だって、ダイナーで読書をすることを日課としていた人が、娼婦元締めの拠点に行き、いきなり人を殺すんですから。

やべーヤツじゃん?

んで、あとからCIAってわかって…的な感じです。

舞台はホームセンター

上記の映像は、『イコライザー』の予告編なんですけど、お気づきでしょうか?

ホームセンターの備品を使って始末したのを。

元CIAというだけあって、武器は基本的に現地調達、もしくは何かしらのその場に有る物です。



とある日、ホームセンターでしずかに強盗されてしまい、その際レジの女性の母の形見である指輪が奪われました。そして、怒りのまなざしで逃げていく犯人を見る主人公の男。そこからなぜかハンマーを手に取るシーンや、次の日に女性のレジに指輪が戻っているシーン、そして何故か赤い液体が付着したハンマーをフキフキしながら棚に戻すシーンなんかが見れます。

Equalizermoviemovie222 1500x843
いや、あかんでしょw



「元CIAだから〜」って言ってますけど、なんか色々猟奇的な人であるとは思います。だって、人を殺傷するシーンでは瞬きしてませんからね。意味が分かりません。尋問するシーンでさえも平気で色々やっちゃえるという。

撤回します、
この人はサイコだと思います。

最終決戦では、ホームセンターの備品を駆使して無言でやりまくっていきます。ドリルでぐりぐりとか、有刺鉄線でつってみたり、爆弾作ってみたりと…元CIAをホームセンターに入れると大変だと言うことが判ります。

クロエはちょい役?

今回の物語は「クロエ・グレース・モレッツ」が演じる娼婦がICU行きにされるレベルの過度な暴力にあったのがキッカケで動きます。

ん〜〜〜でも、クロエのシーンは少ないです。

何度かダイナーのシーンで出演し、そしてICU、その後、傷が治ってお別れの挨拶…ってぐらいでクロエのシーンは少ない。

映画の説明で「クロエ」の名前を使うんならもっと出ているモノと思っちゃいますよね。

残念、クロエはちょっとしか出ないです。

それでもクロエがあんな服装しちゃっているのは見る価値はあるのかも知れない。

Equalizermoviemovie333 1500x843

スポンサーリンク

映画『イコライザー』、割と面白いと思えた

元CIAの同僚か上官が勝手に情報を主人公に渡しちゃうとか色々と「それいいの?」って思えるシーンがあってツッコミ処はあるものの、割と楽しめました。

「俺強え」系が好きならオススメできるモノです。

スティーヴン・セガールの映画と違い、しっかりと怪我をしますし、その傷の対処方法もホームセンターのモノをつかって処置する方法とかも判ります。

敵の撃退が秒で終わっちゃうとか色々とバリッとしたアクション要素的なものではなく、静かにサクッっとって感じですけど、僕は好きでした。

上記の映像は、そんな「イコライザー」の一味をサクッとやっちゃうシーンです。どんな殺しがあるか、上記を見てお確かめを。

『イコライザー2』もプライムで出たら見てみたいなー、と割と前向きです。

イコライザーをAmazonPrimeで見る

イコライザー AmazonDVDコレクション Blu-ray

イコライザー AmazonDVDコレクション Blu-ray

デンゼル・ワシントン, クロエ・グレース・モレッツ, マートン・ソーカス
1,500円(06/16 00:01時点)
Amazonの情報を掲載しています


Momentを手に入れるならこのショップ!

-My Favorite
-, ,

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.