喫茶店の部屋

@kissatenの「好き」をひたすら紹介するブログ

ガジェット 音楽

集中を与えるAirPods Proのノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング舐めてた…というのが正直な感想です。

これまでBluetoothイヤホンをいくつか使ってきましたが、どれもこれも「音楽」を聞くために使ってきたものです。なので、「ノイズキャンセリング」搭載のものではなく、「安価で割と使える製品」という感じでこのブログでも紹介してきました。ノイズキャンセリング自体は利用したことはあったのですが視聴とか場所を提供してもらって聞いていた感じです。なのでぶっちゃけ自分の部屋で使ったことがなかったんスよね。

そこで2019年にAppleが販売したAirPods Proを手に入れました。AirPods Proはこれまで発売されていたAppleのBluetoothイヤホンAirPodsの上位互換として存在します。デザインが変わり、カナル型になってIPX4の耐汗・耐水が加わり、アクティブノイズキャンセリングが加わり最高になりました。

このアクティブノイズキャンセリング(以下、ノイキャン)があるおかげで、周りからの雑音が遮断され集中できるというのです。

集中を求める人、AirPods Proはありですよ。

スポンサーリンク

AirPods Pro 手に入れてよかった

先に断って置かなければいけないことがあります。実は、このAirPods Proは僕のものではありません。実はGUMIさん(嫁師)の誕生日が11月にあり、そのプレゼントとして購入しました。ところがGUMIさんは「あんた使えよ」ということでいま「お借りしている」感じです。まぁ、我が家はそういう感じなんですよ。

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

30,580円(12/11 21:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

ってことで、嫁氏のAirPods Proを紹介していきます。

そもそもですけど、僕はAirPodsをバカにしています。「いや、いらんやん、使わんよこれ」と思っていました。なぜなら「音楽を聞く」ぐらいなら別のイヤホンで良いからです。ところが今回のAirPods Proは「ノイズキャンセリング」がついているという点…これがAirPods ProにGoを出した要因です。

というか、おそらく、ここが始まりです。

AirPods ProはAirPodsシリーズの始まりです。

いうなれば、AirPods自体はiPhone 3Gのような位置づけです。当時こそ、iPhone 3Gすげえ…ってなりましたけど、今思ったら「いや、今使うの無理やわ」って感じです。んで、そこで出たAirPods Proは、iPhone 7のような位置になるのではないでしょうか?まだまだ進化できる余力を残しつつ完成されたイヤホン…そういう印象を受けます。

AirPodsは馬鹿にするけどAirPods Proは強い、強いですわ。

スポンサーリンク

音質、ノイズキャンセリングどうよ

まず、音質について…正直普通です。「最高に音が良い」と発言してしまうと音に慣れてない人ってばれるから言わないほうが良いです。あくまで普通。音質についてはぶっちゃけSONYとかのほうが印象良いです。音質を求めるならもうバイバイしていいと思います。僕は「すげー良い音」は求めないですけど「良い音」を聞きたいです。そう思っちゃえる人ならばこのAirPods Proは良いかなと。

ーーーからの、ノイキャンについて。

ノイズキャンセリングってのは、周りの雑音をなんやかんやのシステムで消し去ってくれるというものです(勉強はしてますがここに書ききれないので書かない)。ノイキャンがあることで集中できる…って話。

んで、ノイキャン使ったことある人ならわかると思うんですけど、「ちょっと気持ち悪くなる」んすよね。ノイズキャンセリングをつけると耳の中が締め付けられて、長時間つけているとちょっとつらいって人がいると思います。もちろん慣れのレベルなんすけど苦手な人は永遠に苦手な印象。

でもAirPods Proは「ええぇだめじゃん」とはならないんです。

AirPods Proには革新的な通気システムがあって、それのおかげでその気持ち悪い感じが最小限に抑えられてるんです。そこがすごい。

ノイキャンで没入できる感はすごすぎる。カナル型にして正解だわ。

AirPods Proのデザイン

とりあえず、AirPods Proのデザインを見ていきます。

 



よくわかりません。良いんじゃないでしょうか?

ぶっちゃけBluetoothイヤホンってデザイン似たりよったりなんですよね、なんだったらAirPodsに合わせて似ているものだらけですし。

あとApple Storeで購入したので「kissaten」の名前を彫ってあります。

AirPodsは「耳からうどん出てますやんwwww」とバカにされてきましたが、そのうどん部分にあたる垂れ下がっているところが短くなっています。なのでうどん感は若干減ってます。そして通気孔とかいろいろな部分が黒くなっていて、白と黒のコントラストが良い感じ。個人的にはカラバリだせくそ林檎ぐらいにおもってますけど、まぁ代が好きな人はこれでいいんじゃないでしょうか?僕的にはカラバリだせよくそ林檎ですけどね(2回め)

集中できる感はまじですごい

これ、不快じゃないノイキャンが素敵すぎて没入感がすごいのでかなり集中できます。ライターとかやってる人、マジで良いと思います。

さらにいえば、完全ワイヤレスイヤホン(線がつながってない)タイプのBluetoothイヤホンなのに、映像との遅延がほぼ無いんですよね。どうやってるかわからんのですけど、その「遅延がない」ってクリエイターさんにも向いていると思うんスよ。クリエイターって動画のです。動画作る時、従来の完全ワイヤレスイヤホンだと、音がずれちゃうんですよ。下手したら0.3sぐらいずれちゃってるのもあります。

それが無い(ほぼ)んです。

それがつまり、良い。

それが最高。

AirPods Proはそういうやつ。



まとめると、音質は普通、求める人は別の会社の買えばよいです。でも、ノイキャンはステキ。没入感がすごい。

ってイヤホンです。

ご参考までに。

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

30,580円(12/11 21:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

Momentを手に入れるならこのショップ!

-ガジェット, 音楽
-,

Copyright© 喫茶店の部屋 , 2019 All Rights Reserved.