【Windows】『’ipconfig’は内部コマンドまたは外部コマンド ~ 認識されていません。』が出たので、その対処方法。

ページ

 

【Windows】『’ipconfig’は内部コマンドまたは外部コマンド ~ 認識されていません。』が出たので、その対処方法。

2012年5月22日火曜日
【Windows】『’ipconfig’は内部コマンドまたは外部コマンド ~ 認識されていません。』が出たので、その対処方法。

ちょっと困ったことになったので覚書をします。Windows PCのコマンドプロンプトで自分のIPを調べるコマンド”ipconfig”を実行したら、

『’ipconfig’は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。』

というエラーを吐き出しました。コレは非常に困るので、イロイロ調べた結果の対処を載せます。

PATHを通せ!

このエラーが出るということは、”PATH”が通っていない可能性があります。なので、まずはコマンドプロンプトから以下のコマンドを打ち込みます。
echo %path%
すると僕の場合は『C:\Users\○○○>echo %path%
C:\Program Files\Microsoft ASP.NET\ASP.NET Web Pages\v1.0\;C:\Program Files\Microsoft SQL Server\110\Tools\Binn\;』を返しました。

コレを見る感じ、ipconfigで使う『C:\windows\system32\』がはいってないんだなと。つまり、Pathのなかに『C:\windows\system32\』を入れてやればOKです。

対策:Pathの設定は『環境変数』から行う

まず、環境変数を開く手順を説明します。

[スタート]>[コンピュータ]を右クリック>[プロパティ]>[システムの詳細設定]>[環境変数]

Windowsの環境変数をいじる.Pathは下のシステム環境変数というところ.

これで「環境変種」が開きました。

Pathを見てみる

下の「システム環境変数(S)」というところに”Path”があります。このPathの中身は、

『C:\Program Files\Microsoft ASP.NET\ASP.NET Web Pages\v1.0\;C:\Program Files\Microsoft SQL Server\110\Tools\Binn\;』


と先ほどの"echo %path%"で調べたとおりの中身が入っているのが確認できました。ということで、システム環境変数に"ipconfig"や”ping”が動くように設定を追加しましょう。

Pathに書き足す

%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32;%SystemRoot%\System32\Wbem
を「 ; (セミコロン)」をつけてPathの後半に追加します。これでコマンドプロンプトを再起動で"ping"や"ipconfig"でエラーをはかなくなります。

何したの?

コレは何をやっているかというと、Windowsのそれぞれの環境ごとにディレクトリが違うかもしれないので、『C:\』の代わりに%SystemRoot%のような文字を使うのです。

kissaten的話


以上で、『’ipconfig’は内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。』が出た時の対策方法の説明です。Pathはなかなか触る機会が無いですが、必要なときにでもこのやり方を思い出せばなと。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事