宇宙で働く宅配屋さんが、小さい荷物を届けるストーリー

ページ

 

宇宙で働く宅配屋さんが、小さい荷物を届けるストーリー

2014年5月11日日曜日
宇宙で働く宅配屋さんが、小さい荷物を届けるストーリー

ショートストーリーをお届けする@kissatenです。今回は、宇宙のデリバリーのお話です。とある惑星でとある小さな運びものをする配達やさん。
「小さい荷物」なので、もちろん受け取る相手も小さいです。それに気づかない履いた屋さんは、「小さい荷物」を受け取る「小さい人」の「小さい惑星」で歩きます。

小さい惑星はいい迷惑です。そんなごちゃごちゃストーリーです。

JohnnyExpress


時は「2150年」という、今から見たら結構先の世界。もしかしたら、動画のようにいろいろな星にデリバリーする日が来るかもしれませんね。それにして、主人公のジョニーがぐうたらです。ほぼ全自動というのがスゴイですね。寝ているだけっていう。そのうちそんな未来が来るかもしれない。どんだけ「来るかもしれない」を言わなければならないのか…。

■:JohnnyExpress on Vimeo

kissaten的話


僕個人がショートストーリーが好きなので、こういうのを紹介したいといつも思っています。今回は、こういったCGムービーをご紹介いたしました。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで喫茶店の部屋をフォローしよう!

 

▶ 関連する新着記事